MONTH

2019年4月

  • 2019年4月28日
  • 2019年5月11日

元号末の大掃除

「バイビー!平成!」 の、その前に。 することは一つ、そう大掃除。 南国の砂浜でトロピカルドリンクを飲みながらスマホいじってる人には関係ないですね。 令和に変わる瞬間に日本人のパリピと、 「令和うぇ〜い!」 とか言ってて下さいよ。 正直パリピが羨ましいんですけどね。 だからこそ。 だからこそ、この羨 […]

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日

よくよく欲望について考えてみた

最近、欲望がテーマのトークショーに行ってきました。 精神科医の名越さんはプロだけあって良いこと言ってましたね。 楽しい時間でございました。 印象的だったのは、 “お金には本来エロティシズムがある” という話。 FXとか暗号通貨で稼ぐお金はとてもドライ。 エロティシズムが感じられない。 みたいな。 確 […]

  • 2019年4月20日
  • 2019年4月20日

良い日旅立ち〜墓を訪ねて110里〜

「ついてる!ついてる!」 自分で言うのは良いのですが、人から言われると困った言葉。 「つ、憑いてる…?」 「憑いてる!憑いてる!」 憑いてた模様。 視える方に憑いてる人(?)の特徴を言われたのですが、モンタージュのプロでもないのでチンプンカンプン。 (最近怨まれるようなことしたっけ…?) 過去に何度 […]

  • 2019年4月16日
  • 2019年4月16日

ワイの強みって…なんじゃらほい?〜己の強みを掘り起こせ〜

「知らんがな」 って返されたら泣いてしまうやも。 自分の強みに自信が持てない僕のGlass Heart。 粉々に割れてしまうかもしれない。 だから。優しく包み込んで欲しい。そして、見つけて欲しい。僕の強みを。そして、伝えて欲しい。僕だけの強みを。 余談ですが。Glass Heartのスペルが間違って […]

  • 2019年4月11日
  • 2019年4月11日

マニアック・スピリチュアル〜愛の形霊〜

恒例かつ安定のマニアックな対談になっております。 テーマは神様。 ぜひご覧ください。 マニアックな話から始まったので、少し軌道修正しようとマイルドな神社参拝の話に誘導。 スムーズな誘導には成功したものの再びマニアック! 祝詞の話ならまだしも、神代文字の話になりました。 ヲシテ文字とかカタカムナ文字と […]

  • 2019年4月10日
  • 2019年4月10日

ぬか漬け食え!ぬか漬け!~食についての対談の結論~

妃智さんと食の対談をしたわけですが、初っ端から荒れてしまいました。 荒れたというか、妃智さんが荒ぶったというか。 荒ぶる妃智Dr.の乳酸菌講義が始まったというか。 まぁ、そんな感じ。 面白かったので良いんですけどね。 でも、テーマが完全に、 “乳酸菌概論Ⅰ” になっていました。 何ならシラバスに載っ […]

  • 2019年4月10日
  • 2020年2月9日

モテるファッションの再定義

「ゆるふわファッションでモテコーデ♪」 という令和には似つかわしくないコピーの寿命はあと20日。20日を待つまでもなく寿命はとうの昔に終わっているんでしょうけどね。アディオス、ゆるふわファッション♪ さて。別にゆるふわにもモテコーデにも恨みはありません。ただ、このコピーで伝えたいことは空っぽです。残 […]

  • 2019年4月9日
  • 2019年4月10日

初めて対談動画撮影したよ!~YouTuber に!俺はなる!~

「ならへんけど!」 YouTuberも大変ですからね。 YouTubeは見る側に限ります。 とは言え。 誰かの役に立つ話は多くの人に知ってもらいたい。 ブログ以外でも発信したい。 という想いを、ようやく形にしました。 というわけで。 その第1弾が妃智さんとの対談。 えぐい3Dプリンターの異名を持つ彼 […]

  • 2019年4月4日

華麗で美しく優雅な日本語で世界を変える〜正しくなくても構わへんで〜

A「的を得てるやん!」 B「誤用だ!誤用だ!」 みたいなやり取りが何度あったのでしょうか? 僕も現場に居合わせたことがあります。 ネットの話題でも散見されます。 だがしかし。 誤用と記載していた辞書が当該箇所を削除したので、今は正用となりました。 「どっちゃでもえぇやん?」 という言葉に現在はなって […]

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月2日

僕が思う令和時代の4極化の話〜イマヲカシの決意に代えて〜

残念ながら未だオーストラリア人女性との出会いがありません。 よって、令和元年にハーフの子どもが生まれる夢は潰えました。 どんなに足掻いても10月10日の壁は破れない。 昨日思いついて、昨日潰えた夢。 そう、まさに泡沫の夢。 僕の妄想の泡の話はどうでもいいので本題へ。 度々これからの時代のことを書いて […]