MONTH

2018年11月

  • 2018年11月28日
  • 2018年11月28日

そうだ 福岡、行こう。〜観光編〜

そうだ 福岡、行こう。〜グルメ編〜 「福岡の観光…ぅぅ…」 あまりないのが正直なところです。 太宰府天満宮に興味ない人を目の前にしたら詰みます。 打つ手なし、とまではいかないまでも、ほぼ打つ手なし。 新幹線に乗ってしまうという禁じ手を使えば熊本まで39分で行けてしまうのですが、今回は県内に留まります […]

  • 2018年11月27日
  • 2018年11月28日

そうだ 福岡、行こう。〜グルメ編〜

盛岡について書いたので、福岡についても書かなくてはいけません。 何だかんだ1年半は住みましたからね。 うっかり福岡育ちの人よりも市内のグルメに詳しくなってしまいました。 というわけで、早速紹介していきたいと思います。 先ずは水炊き。 一般的に家で食べるやつとは違います。 昆布ダシではなく、鶏でダシを […]

  • 2018年11月25日
  • 2018年11月25日

そうだ 盛岡、行こう。〜観光編〜

そうだ 盛岡、行こう。〜グルメ編①〜 そうだ 盛岡、行こう。〜グルメ編②〜 盛岡から範囲を広げて岩手の観光紹介です。 岩手の観光は南から攻めるのが良いと思います。 東京、もしくは仙台から新幹線に乗って一ノ関駅(やまびこのみ停車)で降ります。 レンタカーを借ります。 以下の観光地を巡ります。 【厳美渓 […]

  • 2018年11月24日
  • 2018年11月24日

そうだ 盛岡、行こう。〜グルメ編②〜

そうだ 盛岡、行こう。〜グルメ編①〜 では、麺以外の盛岡グルメについて語っていきます。 先ずはリッチに前沢牛。 あっさり好きなら赤身が美味しい短角牛もアリですね。 余程のステーキ好きでなければ焼肉で。 焼肉は冷麺の前菜的な位置付けですからね。 盛岡ならではの肉と盛岡ならではの冷麺。 ランチに冷麺だけ […]

  • 2018年11月23日
  • 2018年11月24日

そうだ 盛岡、行こう。〜グルメ編①〜

第二の故郷、盛岡。 転勤の前に郵便番号が020から始まっているのを知り、かなり北にあることを認識した岩手県の県庁所在地。 もちろん寒い。 だいぶ寒い。 今回の帰省も寒さ対策したものの、やっぱり寒い。 イヤホンを外して歩いて、暫くして耳にはめた時にゴム部分が冷やっこくなっててビックリするほど寒い。 本 […]

  • 2018年11月22日

僕が(やたらと)神社に通うわけ

なぜ頻繁に参拝するのか? 「オーストラリア人と国際結婚するため!」 というのは冗談半分、本気半分。 モデルのミランダ・カーとか? 同じくモデルのアビー・リー・カーショウも良いかも。 メルボルン出身なのも高評価。 将来カフェをメルボルンでオープンする予定ありますからね。 焼き菓子なんか作ってもらったり […]

  • 2018年11月16日

2020年以降の準備、してますか?〜その① はじめに〜

もうすぐオリンピック開催の年を迎えます。 オリンピックが終わった後にどうするか? この視点は本当に大切です。 色々な環境がガラリと変わりますからね。 当然、その環境の変化に備えておかないと大変なことになります。 ちなみに、その準備の一環としてFBページの寺子屋 mobileを作りました。 これは、も […]

  • 2018年11月14日

人は一体何のために生まれてきたの?〜その⑤ 自己表現〜

人は一体何のために生まれてきたの?〜その① 個性〜 人は一体何のために生まれてきたの?〜その② 成熟〜 人は一体何のために生まれてきたの?〜その③ シンプルに愉しむ〜 人は一体何のために生まれてきたの?〜その④ 仲間〜 人は自分を表現する為、この世に生を受けました。 音楽 舞踏 絵画 小説 政治 発 […]

  • 2018年11月13日
  • 2018年11月13日

人は一体何のために生まれてきたの?〜その④ 仲間〜

人は一体何のために生まれてきたの?〜その① 個性〜 人は一体何のために生まれてきたの?〜その② 成熟〜 人は一体何のために生まれてきたの?〜その③ シンプルに愉しむ〜 個性を磨き、人格を整え、人生を愉しむ。 その過程で必ず出会いがあります。 「人は人に出会うために生まれてきた」 これもまた真理です。 […]

  • 2018年11月9日
  • 2018年11月9日

人は一体何のために生まれてきたの?〜その③ シンプルに愉しむ〜

その①個性、その②成熟も大切な要素です。 ですが、シンプルに愉しむことが1番と言えば1番でしょうか。 より愉しむ為の下地が必要なので、その下地に関して書いてはみましたが。 個性を発揮できなくても愉しみきれない。 エゴに支配されて一歩踏み出せなくても愉しみきれない。 これは人生に関する知見としては間違 […]