MONTH

2018年10月

  • 2018年10月30日
  • 2018年10月29日

人の愛で感じる無常の悦び

「愛って…なに?ねぇ、教えて、お願い…」 なんてことを日々思いながら生きています。 ただ、愛って教えてもらうものでもない面も。 「愛って〇〇だよ」 と伝えられると愛に関する知識、視点は増えますけどね。 愛の一つの表現を学ぶことで愛を伝えることはできるかもしれない。 だからと言って、その愛を受け取れる […]

  • 2018年10月29日

人とすれ違う時に思う太子の言葉

犬も歩けば棒に当たる という諺は全く関係ないんですけど、人は歩いていると人に当たることもしばしば。 東京駅や渋谷の交差点などの人混みにおいてはすり抜けて歩くことは至難の技。 「でも不可能ではない?」 というわけで今日のテーマは調和です。 もし交差点で完璧な調和の元にスクランブルな人の行き交いが行われ […]

  • 2018年10月29日
  • 2018年10月29日

災害を乗り切るために備えておくこと

イマヲカフェ会に参加してくれた人との雑談でサバイバル話になった時にブログ記事のリクエストがありました。 「大地震で非日常が訪れてしまった時にどうするか?」 というテーマで書いてみたいと思います。 早速、問いに対して答えるとすれば、 「冷静になって、我欲に溺れないように」 に尽きます。 本当にコレだけ […]

  • 2018年10月27日
  • 2018年10月27日

イマヲカシのお仕事〜あなた専属のプロデューサー〜

改めて僕の仕事、提供するサービスについて考えてみました。 一応コンサルと名乗っていますが、実際はプロデューサー。 パーソナル・プロデューサーですね。 相手によって多少違いはありますが、基本的にお客さんをプロデュースしています。 その感覚は筆ペン4コマ家のたべちゃんのひとコマがしっくりきています。 & […]

  • 2018年10月26日

世界平和のためのアクション〜エレベーターを降りる、その前に〜

世界平和のために人が取り組むべきことがあります。 それはエレベーター・アクション。 もちろんファミコンとは関係ないやつ。 楽しくピコピコしてたら平和にならない気もしないではないですが、桃鉄になった途端に戦争が起きるのでリスクがあることも否めません。 そして一軒家に住んでいる人にも、あんま関係ないやつ […]

  • 2018年10月26日
  • 2018年10月26日

神社ツアー・プロデューサー第二幕〜いざ、高良大社!〜

神社ツアーを裏で操る男、イマヲカシ。 (一部で)伝説となった3泊4日の出雲の神社ツアーも裏で糸を引いておりました。 ※(一部で)伝説となったツアーの様子はコチラから 出雲ではうっかり4日で25社を参拝してしまいましたが、今回はサラッと日帰りツアーをプロデュース。 半日かけて博多から久留米にお出掛け。 […]

  • 2018年10月23日
  • 2018年10月23日

占い師に占わせないイマヲカシ〜プロ占わせない師のススメ〜

「博多のどこに住もかいな?」 賃貸の物件探しに来た時に僕は思いました。 「違いがわからんから違いを聞こう」 誰に? 賃貸業者の営業? んなわけないです。 占い師に決まってるじゃないですか。 愚問です。 僕は根っからの占い大好きっ子ですからね。 そんなわけで。 賃貸業者からもらった資料を持って駆け込ん […]

  • 2018年10月19日
  • 2018年10月19日

自分は変態である、そしてみんなも変態である

人類の目覚め…アウェイクニング…。 濃い霧の中から抜け出したような感覚。 晴れやかな視界…晴れやかな心…。 来たるべき目覚め…真の覚醒…。 脳裏に明滅する本来の世界。 アセンションを経て世界が変わる…。 その前に。 「何かすることあらへん?」 はい。 僕はスピリチュアルな世界を信じていますが、スピリ […]

  • 2018年10月15日

エゴちゃん…さよならだ!

エゴちゃんのことを今まで書き綴ってきました。 そして今日、何となしに区切りがついたような気がしました。 少し前から予兆はあったことはあったのですが、腹落ちしていなくてどっかに何の骨が刺さっていた感じ。 それが、今日何となく取れた。 鎮守の住吉神社にお参りに行くと心地良い風が吹いていて。 その風のお陰 […]

  • 2018年10月15日

風邪を引いた時の対処法〜漢は黙って食を断つ〜

「風邪ひいたぁぁぁ!」 とは言え。 喜んで良いのか分かりませんが、幸いにも仕事がなかったのでジッとしていました。 ちなみに、サムネの画像はグアテマラで迎えたクリスマスの朝。 前日のチキンで食当たり起こして寝込んでますが、風邪とは関係ありません。 風邪を引いた時の対処法は、とにかく動かないのは当たり前 […]