MONTH

2018年1月

  • 2018年1月31日
  • 2018年1月31日

僕なりのカラオケ観~厳しさと 愉しさと 心くばりと~

最近福岡で企画したカラオカフェ会がこちら。 2月25日10時~ 朝からヒッパレ ルールの厳しいカラオカフェ会@博多 別にカフェとか関係ないんですけど世界一周カフェ巡りしてるアピールですね。 もちろんコーヒーなんて飲みません。 朝から酒です。 酒しか飲みません。 極論、酒さえのめれば楽しい。 さて。 […]

  • 2018年1月30日
  • 2018年1月30日

若気の至りで開催を決めた至高の珈琲イベント

嘘です。 若気の至りで決めたわけではなく酒の勢いです。 若いというのは嘘ではありません。 気持ちは若いですからね。 ピチピチですわ(37歳と3か月)。 さて。 酒の勢いが手伝ったのはあるにせよ、何よりインスピレーションが湧いたんですよね。 ステキなコーヒー豆屋さんにインスパイアされて思いついたわけで […]

  • 2018年1月29日
  • 2018年1月29日

ミエナイチカラ旅その2〜せやな 神社、参ろか~

Cock a doodle doo~! 市街地だったので幻聴かもしれませんが、ニワトリの鳴き声とともに起床。 前日にサクッとお参りを済ませてしまった熊野大社に再び行くことに。 朝イチの神社の雰囲気を味わってこその神社巡りですからね。 道中、コンビニで仕入れたコーヒーとお菓子を満喫しながら小一時間のド […]

  • 2018年1月28日
  • 2018年1月28日

サウイフモノニワタシハナリタイネ

今回の東京旅はビジネス塾の勉強会が目的でした。 いつもはスピリチュアルだの神社だのとハシャいでるのですが、一応地に足をつけて活動していたります。 ・会社員を辞めて稼いでいくために必要なノウハウ あたりは十八番。 確実に稼げて、意欲次第では会社勤めしている時より収入を上げるコンサルができます。 それで […]

  • 2018年1月26日
  • 2018年1月26日

笑顔の行方

不明!不明!行方不明! そう。 僕の笑顔はどこに行ったのか見当もつきません。 一族郎党根絶やしにされたわけでもないんですけど、笑うことを忘れてしまったんです。 と言いながらYouTubeの動画では爆笑してます。 笑うことが…できない…。 というのは、ちょっと盛ってしまった感はあるのですが、笑顔が少な […]

  • 2018年1月23日
  • 2018年1月23日

イマオカフェ会の今後について~参加者1人?!継続危うし?!~

「もう二度と開催なんてしてあげないんだからね!」 なんて上から目線で言えるほどの集客力もネームバリューもないんですけど。 だがしかし。 「もう開催する価値なんてないよ…グズン…」 って感じにはなりません。 企画する時点で誰も来なくてもやるつもりでしたからね。 よくあるカフェ会の 「普段出会わない […]

  • 2018年1月22日
  • 2018年1月22日

ミエナイチカラ旅その1〜銭ゲバおじさん米子へ行く~

「お金が欲しい!財運爆上げして!」 「だまれ小僧!財運の前に墓参りだ!」 「ひぇぇ~(ジュン ジュワー)」 というやり取りが財運のプロ主催のランチ会でありまして、三度の飯より銭が好きな僕は急遽墓参りに行くことに。 銭が入るなら例え火の中!水の中! 雇われていない強みを活かして翌日に出発決定! 即 […]

  • 2018年1月11日
  • 2018年1月11日

モチベーションを考える~仙人男子(37歳)の憂鬱~

正月気分が抜けない!助けて! 1カ月以上続いた風邪がようやく治ろうとしています。 ただ体力が戻らないので、もちろん気力も戻りません。 ただ生きるために生きるような日々。 これはマズい…。 と言いながらも部屋の片付けだけはシッカリできています。 毎日軽くお掃除して、基本的に小綺麗な状態。 「イマオカシ […]

  • 2018年1月9日
  • 2018年1月9日

ぼくなりの神社参拝を語る

神社、参ってますかー⁈ ちなみに僕は最低週2回くらい参っているでしょうか。 御利益が欲しくてたまりませんからね。 お願いしてから催促に行くという参拝方法です。 肉食系参拝男子と言ったところでしょうか。 さて。 冗談はさて置き。 最近は神社ブームや龍神ブームで世の中が賑わっています。 僕の神社参拝歴は […]

  • 2018年1月8日

ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

今年のテーマの一つはミエナイチカラの大切さを伝えること。 そんな僕はニブチンなのでミエナイものは見えません。 心霊写真の番組を見た後は見えないナニかに怯えていましたが、見えたことはありません。 パワースポット好きで世界で一番のスポットのシャスタ山に行きましたが、寒さしか感じませんでした。 それでも諦 […]