CATEGORY

人生

  • 2019年2月4日
  • 2019年2月8日

足りないものを追いかける〜人生のラットレース〜

ケシーさんの後追い記事です。 【永久保存版】2019年これからの豊かさ ③【領域が消える】 さて。 僕がずっとお客様に伝えたり、ブログの読者に向けて書いていることは、 「悟れ、そしてステージで舞え」 これに尽きます。 悟ると言っても菩提樹の下で日がな一日佇んでいなくても構いません。 日常の中で様々な […]

  • 2019年2月3日
  • 2019年2月8日

自分が持っている種を蒔いてみる

引き続きケシーさんの記事を受けての記事です。 【永久保存版】2019年これからの豊かさ ②【”売れる”とは?】 今回のテーマは“売れる”について。 僕もこのテーマに向き合った1年でした。 コンサル業を始めてから、もうすぐ1年になります。 「売れる為にはどうすれば?」 ずっと煩悶としていた気がします。 […]

  • 2019年2月2日
  • 2019年2月2日

そのパターン、いる?〜パターンがいらない時代に向けて〜

「スベりたくない!」 スベるよ、と言われると関西人のDNAが本能的に拒絶反応を示します。 ちなみに僕の生まれは鳥取の米子なので正確には山陰人のDNAを持ってますけど。 ただ、DNAの特性は後天的に獲得するものでもありますので。 はい。 余談はさて置きまして本題へ。 ケシーさんの記事を受けて思いつくこ […]

  • 2019年1月16日
  • 2019年1月16日

ゆるゆると心を緩める ゆるゆると ゆるゆるると

つい最近までは目を血走らせて人のエゴを目の敵にしていました。 今でもエゴを御することは生きる上で大切と思ってはいますが、なるべく自分の中に留めるように気を付けています。 大切なことなので教え諭しても構わないとは思うのですが、人のエゴは必ずしも教え諭されることを好みません。 それが例え不特定多数に向け […]

  • 2019年1月12日

白光と黒闇と宇宙神

======================================== 白光という存在は総て。 総てであるが故に、ない。 白でしかない。 光でしかない。 愛でしかない。 白の中では白の純白さは際立たない。 光の中では光の煌めきは見出せない。 愛の中では愛の温もりを感じられない。 白を見るた […]

  • 2018年12月27日
  • 2019年1月8日

言葉の寸止め、思考の寸止め。

前回の記事でお伝えしたセブンイレブン礼賛記事。 【ポジティブモンスターを飼いならせ!】 とにかくいい気分でいることを大切にしましょう、という話でした。 そのための工夫とかコツとか色々あるんですけど、その内の一つを取り上げます。 それが、 “言葉の寸止め、思考の寸止め” です。 だいたい想像はつくかと […]

  • 2018年12月19日
  • 2019年1月8日

ポジティブモンスターを飼いならせ!

ポジティブモンスター。 どんなネガティブな出来事もポジティブに捉えてしまう怪物。 そのポジティブさが羨ましくも、また鬱陶しくも感じてしまう怪物。 そんなポジティブモンスターに関しては賛否両論。 どちらかと言えば否の方が優勢かな?なんて印象があります。 皆さんの感覚ではどうでしょうか? 賛?否? さて […]

  • 2018年12月9日
  • 2018年12月9日

人生を変える方法〜環境の新陳代謝〜

人生を変える為の第1歩は、環境を変えることです。 例えば引越し。 例えば起業。 例えば離婚。 「何と言うことでしょう?!」 人生が変わりました。 以上! 知ってました? でも、ちょっと無理めですか? では、第0.5歩はどうでしょう? 例えば模様替え。 例えば転職。 例えばお付き合いしている微妙な人と […]

  • 2018年12月2日
  • 2018年12月3日

「愛の反対は何ですか?」「そ、それは…」

「愛の反対は?」 と聞かれると何と答えるでしょう? 「憎しみにする?無関心にする?それとも…」 何なん? 反対に位置するものはない、という心屋仁之助さんの主張もありますね。 あと無関心だよ、って言ったのはマザー・テレサのイメージがありますが違うようです。 いや、言ったかもしれないんですけどね。 有力 […]

  • 2018年12月1日
  • 2018年12月1日

昼酒、してますか?

僕は常々、明るいうちからお酒を飲むことを推奨しています。 個人的な意見ですが、日本人はホロ酔いくらいが丁度良い。 あまりかしこまらず。 あまり先のことを憂うことなく。 あまり人の目を気にすることなく。 こんな感じで適度にほぐれた日本人。 お堅すぎない日本人。 それくらいが丁度良い。 多分ね。 いつも […]