CATEGORY

人生

  • 2019年3月14日

知識なんていらない!必要なのは…

先日、その知識、いつのもの?〜情報と高速道路〜という記事を書きました。 脳みその中身をアップデートしていかないと変化の激しい時代には取り残されるぞえ! という話をソレっぽく書いたわけです。 そして早速、掌を返すような記事を書いていきたいと思います。 情報なんてクソ喰らえだぜ! はい。 ちょっと口汚く […]

  • 2019年3月11日
  • 2019年3月11日

言葉のおしりと自分と他人

僕は言葉が好きなので、何かを表現する時にどんな表現が一番良いか考えます。 言葉一つで意識が変わるし、意識一つで言葉が変わる。 なかなか不思議な言霊の世界。 ふと思い出したので、吉野家でのバイトのエピソードを紹介します。 アルバイトへの指導で、 “接客用語はお客様の顔を見て” 言うことを徹底していまし […]

  • 2019年3月10日
  • 2019年3月10日

人を引き寄せる人って、どんな人?

ぶんちゃんが先日応募したイマヲカシとのコラボ募集に手挙げしてくれましたよ。 彼女とは鴨川で濃厚な夜を過ごした仲でございます。 分かる人には分かるJS案件ですね。 まずは申し出を頂いたことに感謝しております。 その挙げた手が、誰かの救われたい人の手を掴む手になりますね。 そんなキッカケを共に創れること […]

  • 2019年3月9日
  • 2019年3月9日

Cosmic Symphony〜天地交響曲〜

「ですよ!これからの時代は!」 ちなみに天地は“あめつち”と読みます。 天地は色々な呼称がありますね。 宇宙、ユニバース、コスモ、サムシング・グレート。 森羅万象、ザ・ワン・Be(存在)、自然。 神と呼ぶ人もいるでしょう。 細かいことは置いときましょう。 人と人が自分を響かせて(自己表現して)新たな […]

  • 2019年3月9日
  • 2019年3月9日

その知識、いつのもの?〜情報と高速道路〜

今回は知識や情報、価値観がテーマです。 「その知識、いつのものですか?」 という問いかけに尽きるわけですが、どうでしょ? 何か行動を起こす時に参考にする知識っていつのものか意識してますか? 恐らく、多くの人が意識していないと思います。 僕も考える度に意識しているわけではありません。 たまには、ちょっ […]

  • 2019年3月5日
  • 2019年3月5日

私のことは嫌いでも!〇〇のことは嫌いにならないで下さい!

テレビを見なくなって久しいので、最近King & Princeの話題についていけませんでした。 情報が命のコンサル業なのに恥ずかしい限りです。 さて。 女性アイドルと言えばAKB48。 AKB48と言えば前田敦子。 「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!」 名言なのか迷言 […]

  • 2019年3月2日

ムキになる?向きになる?無氣になる?

【ムキになる】 ちょっとしたことで腹を立てたり、本気になったりすること。 ムキになるという言葉の由来を調べたところ。 “ムキは向きで向くことの意味。相手の方を向く、立ち向かうの意味合いからいうもの”。 とのことでしが、なんとなくムキに当てるのは無氣の方が良いのでは? なんて思ってます。 ちなみに敢え […]

  • 2019年2月28日
  • 2019年3月2日

茶の間でヒュッゲ〜食を介した人との繋がり〜

僕の食を介した場のコンセプトは“茶の間でヒュッゲ”。 ヒュッゲ(hygge)はデンマークの言葉で、 「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」という意味の、  他の国の言語では置き換えられないデンマークの個性を形成している言葉 です。 一昨年ブームになりましたね。 世界ふしぎ発見! […]

  • 2019年2月27日
  • 2019年2月27日

ありのままで…いいの…?「い〜よ〜!」

「よくあるかいな!」 上げて落とすスタイルから始まりました。 落としはしたものの、あんまり辛口な内容ではないです。 たぶん。 さて。 アナ雪で有名になった“ありのまま症候群”。 全力で開き直っちゃって、 「今の私のままで良いの!ありのままで!」 という主張を揶揄するような論調でした。 まぁ、そりゃそ […]

  • 2019年2月21日
  • 2019年2月21日

これからの時代で大切な心得〜汝、安易に乗ることなかれ〜

「あんた地獄に堕ちるわよー!」 なんてことがリアルに起こると言われてますね。 豊かさや幸福度の二極化とか。 人類選別とか? 陰謀論的な? 知らんけど。 でも知らんなりに考えるわけです。 今、世の中で何が起こってるの?って。 ネットの情報を見て。 本を読んで。 人から話を聞いて。 自分の周りを観察して […]