CATEGORY

人生

  • 2019年8月26日
  • 2019年8月26日

個性的になることについて考える

個性的とは? 個性的ってそもそもなんじゃらほい?反対語をググってみたら類型的って言葉が出てきました。これ、けっこう的を射てます。 僕は昔っから 「今までイマヲカシみたいな人に会ったことない」 とよく言われてました。人と違ってナンボってのが僕の人生哲学なんで当たり前っちゃ当たり前です。人と同じなのがツ […]

  • 2019年8月19日
  • 2019年8月19日

かちかち山のネオウンバボタウン

以前の記事で開山の話を書きました。 「あなた寺をつくるわよ!」 という衝撃の開山宣告をされた話です。豪州嫁の膝枕で眠りたい野望で茶を濁したのですが、結構大切なテーマを持ってコミュニティ作りの構想を練っております。そのテーマの一つが豪州嫁の膝枕なのは1㍉のブレもありませんよ。まじで。I love Fu […]

  • 2019年8月16日
  • 2019年8月16日

イマヲカシ、カイサンするってよ

しないけど。カイサンしないけど。 ちょっとアイドルグループっぽくしてみたかったのでカタカナで書きましたが、漢字で書くと開山です。 「開山?」 ってなりますよね。僕も知りませんでした。ってか、多分殆どの人が開山を知らずに人生を終えるでしょう。 さて。開山とは– 寺院を創始すること。 また、 […]

  • 2019年7月29日
  • 2019年7月29日

なんか上から目線なんですけど…〜節子、それコメントマウンティングや〜

ブログの記事リクエスト企画です。 SNSでの上から目線コメントにモヤるとのことで、その辺を書いてみます。 コメントによるマウンティング 先ず、人間は野性的な生き物って認識が大切ですね。動物が個体としての優位性を示すために相手に馬乗りになることをマウンティングと言います。お猿さんはマウンティングします […]

  • 2019年5月13日
  • 2019年5月13日

Just do it! by 観自在菩薩

「Just do it!」 って観音様が言ったとか言わないとか。今日はそんな話。 僕がコンサルで相談を受けると何かしら提案をします。相談内容によって内容は様々なんですけど何かしら提案をします。ただ、その提案を行動に移すかはお客様の気持ち次第。でも、行動しないと人生は変わらないので、ちょっとしたことで […]

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日

よくよく欲望について考えてみた

最近、欲望がテーマのトークショーに行ってきました。 精神科医の名越さんはプロだけあって良いこと言ってましたね。 楽しい時間でございました。 印象的だったのは、 “お金には本来エロティシズムがある” という話。 FXとか暗号通貨で稼ぐお金はとてもドライ。 エロティシズムが感じられない。 みたいな。 確 […]

  • 2019年4月10日
  • 2019年4月10日

モテるファッションの再定義

「ゆるふわファッションでモテコーデ♪」 という令和には似つかわしくないコピーの寿命はあと20日。 20日を待つまでもなく寿命はとうの昔に終わっているんでしょうけどね。 アディオス、ゆるふわファッション♪ さて。 別にゆるふわにもモテコーデにも恨みはありません。 ただ、このコピーで伝えたいことは空っぽ […]

  • 2019年4月9日
  • 2019年4月10日

初めて対談動画撮影したよ!~YouTuber に!俺はなる!~

「ならへんけど!」 YouTuberも大変ですからね。 YouTubeは見る側に限ります。 とは言え。 誰かの役に立つ話は多くの人に知ってもらいたい。 ブログ以外でも発信したい。 という想いを、ようやく形にしました。 というわけで。 その第1弾が妃智さんとの対談。 えぐい3Dプリンターの異名を持つ彼 […]

  • 2019年4月4日

華麗で美しく優雅な日本語で世界を変える〜正しくなくても構わへんで〜

A「的を得てるやん!」 B「誤用だ!誤用だ!」 みたいなやり取りが何度あったのでしょうか? 僕も現場に居合わせたことがあります。 ネットの話題でも散見されます。 だがしかし。 誤用と記載していた辞書が当該箇所を削除したので、今は正用となりました。 「どっちゃでもえぇやん?」 という言葉に現在はなって […]

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月2日

僕が思う令和時代の4極化の話〜イマヲカシの決意に代えて〜

残念ながら未だオーストラリア人女性との出会いがありません。 よって、令和元年にハーフの子どもが生まれる夢は潰えました。 どんなに足掻いても10月10日の壁は破れない。 昨日思いついて、昨日潰えた夢。 そう、まさに泡沫の夢。 僕の妄想の泡の話はどうでもいいので本題へ。 度々これからの時代のことを書いて […]