CATEGORY

エゴちゃん

  • 2019年7月29日
  • 2019年7月29日

なんか上から目線なんですけど…〜節子、それコメントマウンティングや〜

ブログの記事リクエスト企画です。 SNSでの上から目線コメントにモヤるとのことで、その辺を書いてみます。 コメントによるマウンティング 先ず、人間は野性的な生き物って認識が大切ですね。動物が個体としての優位性を示すために相手に馬乗りになることをマウンティングと言います。お猿さんはマウンティングします […]

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日

よくよく欲望について考えてみた

最近、欲望がテーマのトークショーに行ってきました。 精神科医の名越さんはプロだけあって良いこと言ってましたね。 楽しい時間でございました。 印象的だったのは、 “お金には本来エロティシズムがある” という話。 FXとか暗号通貨で稼ぐお金はとてもドライ。 エロティシズムが感じられない。 みたいな。 確 […]

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月2日

僕が思う令和時代の4極化の話〜イマヲカシの決意に代えて〜

残念ながら未だオーストラリア人女性との出会いがありません。 よって、令和元年にハーフの子どもが生まれる夢は潰えました。 どんなに足掻いても10月10日の壁は破れない。 昨日思いついて、昨日潰えた夢。 そう、まさに泡沫の夢。 僕の妄想の泡の話はどうでもいいので本題へ。 度々これからの時代のことを書いて […]

  • 2019年3月30日
  • 2019年3月30日

心の脊髄反射の罠〜Isn’t it automatic?〜

「抱きしめられるとパラダイスにいるみたい♪」 宇多田ヒカルに抱きしめられてパラダイスに逝きたいのは山々なんですが、とりあえず逝く前に書きます。 はい。 今日のテーマは脊髄反射。 脊髄反射の利点は電気的速度で反応できることですね。 熱いものを触っても火傷をしなくて済むので便利な機能。 脊髄反射様様でご […]

  • 2019年3月14日

知識なんていらない!必要なのは…

先日、その知識、いつのもの?〜情報と高速道路〜という記事を書きました。 脳みその中身をアップデートしていかないと変化の激しい時代には取り残されるぞえ! という話をソレっぽく書いたわけです。 そして早速、掌を返すような記事を書いていきたいと思います。 情報なんてクソ喰らえだぜ! はい。 ちょっと口汚く […]

  • 2019年3月11日
  • 2019年3月11日

言葉のおしりと自分と他人

僕は言葉が好きなので、何かを表現する時にどんな表現が一番良いか考えます。 言葉一つで意識が変わるし、意識一つで言葉が変わる。 なかなか不思議な言霊の世界。 ふと思い出したので、吉野家でのバイトのエピソードを紹介します。 アルバイトへの指導で、 “接客用語はお客様の顔を見て” 言うことを徹底していまし […]

  • 2019年3月5日
  • 2019年3月5日

私のことは嫌いでも!〇〇のことは嫌いにならないで下さい!

テレビを見なくなって久しいので、最近King & Princeの話題についていけませんでした。 情報が命のコンサル業なのに恥ずかしい限りです。 さて。 女性アイドルと言えばAKB48。 AKB48と言えば前田敦子。 「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!」 名言なのか迷言 […]

  • 2019年2月17日
  • 2019年2月17日

汝、張ることなかれ〜欲張って、頑張って、見栄を張る〜

僕は関わる人の様子が変わると敏感に察知してしまいます。 「あれ?なんか前と違うぞ?」 みたいに気付いちゃう。 もちろんネガティブな変化です。 で、今回伝えたいことを結論から言います。 タイトルにあるように、 「張っちゃだめ!」 です。 欲張っちゃダメ! 頑張っちゃダメ! 見栄を張っちゃダメ! (過剰 […]

  • 2019年2月2日
  • 2019年2月2日

それって真実?もしくは事実?それとも…

「真実はいつもひとつ!」 というのは、ある意味で正しく、ある意味で正しくない。 コ◯ンくんがいつも正しいとは限らない。 「真実は人の数だけある!」 コナ◯くんも真っ青になってしまうような台詞ですが、これもまた一つの考えです。 基本的に実際にあった出来事と、その出来事を観察した人の認識(真実)は一致す […]

  • 2018年12月2日
  • 2018年12月3日

「愛の反対は何ですか?」「そ、それは…」

「愛の反対は?」 と聞かれると何と答えるでしょう? 「憎しみにする?無関心にする?それとも…」 何なん? 反対に位置するものはない、という心屋仁之助さんの主張もありますね。 あと無関心だよ、って言ったのはマザー・テレサのイメージがありますが違うようです。 いや、言ったかもしれないんですけどね。 有力 […]