スピリチュアルを本気で仕事にしたい人のために

ライフ コンサルタント / パーソナル プロデューサーのイマヲカシです。

今回は新サービスの紹介です。
が。
この記事はサービスと関係なく参考になる内容です。
ぜひご一読を。

新サービスはザックリ言うと3ヶ月からの継続ビジネスコンサルです。
内容の紹介をする前に、先ずはサービスを提供する意義について綴ってみたいと思います。

スピビジネス戦国時代

今、それなりに成功している人は暫く上手くいくでしょう。
ただ、これからの時代はスピリチュアルをジビネスにする人にとって過酷な時代になります。

現在、世間の雰囲気は大きく乱れています。
新型コロナもそうですが、不景気もジワジワ影響を与えている状況です。

世の中が乱れると、スピリチュアルビジネス市場が拡大します。
見えない力にすがろうとする意識が強くなりますからね。
アマビエビジネスが良い例でしょうか。
不安を抱く出来事(疾病・経済状況・天災)も起こってくるので、相談を受ける仕事が必要とされるのは間違いありません。

不景気でありながらも、過酷な状況から逃げ出すアドバイスが欲しくてお金を払う人は増えるでしょう。
ただ、スピビジネスに参入する人が増加するのも間違いありません。

現在、既にリストラされている人は数万人にのぼります。
転職するにも限界があるので、自然と個人事業を始める人が増えるでしょう。
給料が減った分を副業で補う必要がある人も同様に増加します。

個人事業や副業を始める人が、スピビジネスを選ぶ。
スピ業界は参入障壁が低いので、当然参入する人も多くなります。
オンライン受講が当たり前になったことも後押しとなるので尚更です。

今まで会社で揉まれていたビジネス感覚のある人がスピ業界に入ってくる。
既にビジネス感覚のレベルを上げている人がライバルとして登場するわけです。
食べるために必死で働くので強力なライバルとなるのは間違いありません。

同時に今まで趣味の範囲でやっていた人も頑張るようにもなるでしょう。
趣味の範囲では経済的に不都合になるからです。
とにかく多くの人々が参戦するようになる。
これがスピジビネス戦国時代です。

戦国時代の生存戦略

そこで必要になるのが生存戦略です。

「より高いスキルを身につけよう!」

という戦略も必要でしょう。
差別化には役立つことではあります。
ただ、それだけで十分とは言えません。
SNSの戦略も同様です。

そこで重要性が高まるのがセルフブランディング。
今はまだ、レベルの高いセルフブランディングができている人は多くないので差別化の余地があります。
いずれレベルの高いセルフブランディングはしていて当たり前、という状況になりますが、今は未だ過渡期といった感じでしょうか。

ただ、セルフブランディングは自分を”より良く”魅せるための上げ底に止まっています。
プロフィール写真と実際の人物の差が大きいのが最たる例です。
そこで必要になるのは、底上げする必要のない個性の発揮。
化けの皮が剥がれることもない、そのままの自分で勝負できる個性。

風の時代の話でも言われていますね。
個の時代が到来すると。

風の時代の話は置いといても、個性の発揮が必要なのは間違いありません。
西野亮廣氏がキャラ経済の到来を予見していますが、それは取りも直さず個性の発揮が経済を回す時代になることと同義です。
(ご参考☞これから訪れるキャラ経済の時代について考える

自分の個性を最大限に発揮した上で、セルフブランディングをする。
それが本当の意味でのセルフブランディングですが、現状はそこまでできている人は殆どいません。
だからこそ真のセルフブランディングがスピビジネス戦国時代の生存戦略となるのです。

生存戦略に上乗せする

これだけでも差別化することは可能です。
ただ、上乗せして意識すると良いと考えているのがクリエイティブな感覚です。
ちょっと抽象的ですが、大切な要素になるのは間違いありません。
一言で表現するのであれば、

“自分なりの創意工夫に拘る”

といった感じでしょうか。

自分が提供しているサービスに創意工夫を凝らす。
サービスの宣伝に創意工夫を凝らす。
SNSのプライベートな面の発信も創意工夫を凝らす。
人とは違う自分だけの創意を表現する。

個性を最大限に発揮して。
その個性が多くの人に伝わるようにセルフブランディングで整えて。
クリエイティブな感覚で自己表現をしていく。

これを積み重ねていくことで、どんどん魅力的になっていきます。
その魅力に惹かれて、スピリチュアルに興味がなかった人も興味を持つようになる可能性もあるでしょう。

もしかしたら。
ただ自己表現として楽しんでいたことにお金を払ってくれる人が現れるかもしれません。

むしろ、そんな働き方がこれからのスタンダードになると言われています。
パラレルワーカーという言葉も存在し、働き方を変えている人も増えているのが現状です。

・本業以外での仕事が、本業である相談の質を高める。
・○○もできる占い師、のように面白い人として認識される。

このようなメリットを活用しながら自分だけのスタイルを確立する。
こういった戦略も練りながら本業も本気で取り組む。
こういった流れは、社会全体に広がると予想されます。

簡単にまとめると、

・セルフブランディングを整える
・個性を発揮する
・本業以外の自己表現をする

ここまで整えると、生き様を魅せているだけでOK。
いつも自分らしい服装で。
いつも自分らしい発言で。
いつも自分らしさを大切にしている。

当たり前と言えば当たり前の自分らしさ。
この自分らしさを多くの人が見失っています。
その見失っている人を導くことができる人がこれから求められるのは間違いないでしょう。

一番大切な要素

日頃から伝えている個性の発揮に含まれる要素ではありますが、一番大切なことが“人格を整える”ことです。
これは現在でもスピリチュアル業界の1番の問題点とも言えます。

スピビジネスでサービスを提供している人の殆どがサービスを受ける側でした。
サービスを受けた後、スピリチュアルなことを生業にする道を選んだわけです。
スピリチュアルのお陰で自分は救われた…

「よし、今度は私が救う側になろう!」

この気持ち一つでサービス提供者に。
気持ち一つでプロになれるのがスピ業界です。

これが悪いわけではありませんが、人の心と向き合う責任ある職業に看板を掲げるだけでなれるのもいかがなものか?
という気持ちはあります。

スピリチュアルな能力はさて置き。
人としてどうなの?という人は少なくないのです。

これは性格が良ければOK!ということではありません。
大人として認められる人格を備えている必要があるのでは?
という視点です。
人を導ける器と経験があり、適切な言葉をかけられるのか?
という視点です。

「エネルギーワークだから関係ない!」

という意見も飛んできそうです。
これに関しては、関係ないという意見が出る時点で見識が浅いでしょう。
ちょっと厳しい見方かもしれませんが、これは本気スピリチュアルを生業とする人向けの生存戦略の話です。
ご理解下さい。

スピリチュアルを生業にしている人にとって不足しているのは学びです。
人格を整えるために自分の未熟さと向き合う経験です。

多くの人がやりたがらない地道な取り組み。
これをやれるか、やれないか。
この違いがスピリチュアル戦国時代で大きな差を生み出すのは間違いありません。

さいごに

風の時代の話題を持ち出さなくても、これからは強い個であることが社会で生き残る条件となります。
世間では、風の時代で飛躍する条件のようなものが出回っていますが、そんなに簡単な話でもないでしょう。
どんな時代になっても、

現実は甘くない

という認識は必要です。
少なくともスピリチュアル業界は競争が激しくなるという厳しい現実が待っています。
しかも、これからは誤魔化しがきかない時代にもなります。

教祖のような立場に立つことも難しくなります。
自分を大きく見せても見抜かれてしまいます。
いわゆるホンモノだけが生き残ることができる時代です。
正直者が馬鹿を見ない当たり前の世界とも言えます。

この記事で書いたことが的を射てるかどうか。
それは直感できるでしょう。

もし何か感じたのであれば。
もし本気でスピリチュアルな仕事を続けたいのであれば。
何かしら行動を変えることをオススメします。

もし行動を変えることができれば。
これからの世の中に必要とされる人になれます。
間違いありません。

趣味のスピから仕事のスピにしたい方へ☞コンサルのサービスについて

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本
エゴちゃんといっしょ
発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・フォト&蘊蓄&エッセイ本☞神社を訪ねて三万里
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル・コーチング☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・ちょっとした気づきを☞Instagram

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!