奈良の神社を巡る②

前回の記事はコチラ

続きはオカンとのランチです。
実家まで車を走らせオカンをピックアップ。
からの回転寿司屋へ。

まぁ、正直なところ顔を合わせるのも恥ずかしいわけですよ。
一般の40歳男性と比較したらフワフワの極みであるイマヲカシ。
足が地からだいぶ離れている。

神様にオーストラリア人との結婚をお願いしてみたり。
冬至の参拝のために福岡から奈良に来てみたり。
僕が親なら絶縁しちゃうレベル。

そんなフワフワおじさんに寿司を御馳走してくれるオカン。
神です。

説教することもなく美味しそうなネタをオススメしてくれるオカン。
神です。

おまけに食べ物も持たせてくれるオカン。
紛うことなき神です。

そんなオカンに孫の顔を早く見せたいので、引き続き神様にはオージーワイフをお願いする所存。
この場を借りて縁結びが得意な神様にお願い申し上げます。
なにとぞ良縁を!

さて。
オカンと別れて向かうは飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社(あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)です。
名前が長い。
そして階段も長い。

登りたくない

200段弱である。
ここだけ参拝するならまだしも、直前に登拝をしているわけで。
参拝者エリートとは言え、体は40歳のおっさんである。
つらみ。

言うことを聞かない足を無理やり動かし何とか拝殿まで。

足が震えている

御祭神は宇須多伎比売命・神功皇后・応神天皇。
大神神社同様、山が御神体の神社です。
なので拝殿の裏がこんな感じに。

三ツ鳥居

珍しいスタイルですね。

社務所もなくて寂れた感じはあるものの、荒れているほどでもない。
雰囲気は良くってオススメですが、三輪山登拝の後はキツいのでご注意。

はい次は橘寺。
本尊は聖徳太子・如意輪観音。

ここは余談メインで。
観音様のお力を頂きたい場合は真言を唱えることでご利益が得られると言われています。
如意輪観音ならばオン・バラダハンドメイ・ウン。
ご利益は智慧、財福、福徳授与、安産、延命。

本尊を前にして、真言の力を授けてもらうようお願いするのがよき。
できれば、その場で覚えて帰るスタイル。
今はネットで検索すれば調べられますが、実際にお参りして観音様との縁を繋ぐのは大切かと思います。

さらに手印も加えると尚よき。

チンターマニ…

真言を唱える時は、

・観音様の姿や功徳(神仏のめぐみ)をイメージして
・手印を組み
・真言を唱える(3回, 7回, 21回, 108回etc.)

ちなみに空海さんには虚空蔵菩薩の真言を100万回唱えて記憶力を爆上げしたエピソードがあります。
受験生は試してみても良いんじゃないかな?

次は飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)。
こちらの御祭神は事代主神・ 高皇産靈神・ 飛鳥神奈備三日女神・ 大物主神。
古代出雲みがありますね。

静かで落ち着く雰囲気なのでオススメですが、まぁまぁ階段があるのが難点。
40歳のおじさんには優しくない設計となっておりました。

帰り際に鳥居を見下ろしながら降りたくないモード

次は昔から縁のある橿原神宮。

後ろにそびえ立つ畝傍山(うねびやま)


御祭神は神武天皇・媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)。
大きな絵馬が有名だと思います。
めっちゃ大きいので。

ジャンボ

ちなみに実家からチャリで15分くらいの距離です。
初詣は神宮だったので、神武さんには鼻垂れ小僧の時からお世話になってます。
いまだに鼻垂れ感はあるので神武さんも苦笑しているかもしれない。
知らんけど、というか…神のみぞ知る?

はい。
橿原神宮に関してはもっと大切な話がありまして。
それがコチラ。

こしあん

そう、埴輪まんじゅう。
まぁ、いうて普通のまんじゅうなんですけどね。
見た目をお土産用にしてるだけの普通のまんじゅう。

でも、お土産にするだけじゃもったいない。
自分のためにも買って近鉄特急の中で食べて欲しい。
コーヒーでも買って一緒に食べて欲しい。
埴輪まんじゅう大好き。

種類はこしあん、クリーム、白あん。
クリームも良い感じですが、こしあんがオススメでしょうか。
白あん好きの方に関しては、たねやのどら焼きが良いと思いますよ。

はい。
ついつい滋賀のアピールをしてしまいました。
奈良の話に戻る、と言っても残るは多神社。
正式な名称は多坐弥志理都比古神社(おおにますみしりつひこじんじゃ)。

ここら辺の神社は坐しがちです。
京都にも木嶋“坐”天照御魂神社とかありますけど。
地名をつけて場所が分かりやすいようにしといたろ!って配慮でしょうか。
良く分かりません。

こちらの御祭神は神倭磐余彦尊(神武天皇)・ 神八井耳命・ 神沼河耳命・姫御神・太安万侶です。
橿原神宮の近くなので皇室に縁のある神社ですね。

特別紹介することはなかったのですが、一応こちらを。

太安万侶(おおのやすまろ)がモチーフ?

認知度がほぼゼロのゆるキャラですね。
検索しても、それらしい情報が見つかりませんでした。
恐らく古事記を編纂した太安万侶のゆるキャラです。

多神社の専属かもしれないですね。
お賽銭が製作費に使われていると思うとなんとも言えない気分になります。

といった感じで神社巡りはこれにて終了。
日の出から日の入りまでのストイック参拝でございました。

この日は冬至なので途中で購入しまして。

やっす!

新大阪へ向かい。
博多行きの新幹線に乗り。
冬至は”ん”の付く食べ物が良いということで。

う(ん)どんのミニ海老天丼セット☞ん×4
+ごぼう天☞ん×1
+いか天☞ん×1
+温度玉子☞ん×1

を食べて。

温度玉子が乗っている

超満腹になって。
柚子風呂に入って。
完璧な冬至の1日を終えたのでした。

おしまい。

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本を出したぞ☞発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル・コーチング☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・最近は放置プレイ☞Instagram(世界一周のカフェ写真など)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!