相談相手を持つことの価値

  • 2020年11月6日
  • 2020年11月6日
  • 成長
  • 68View
  • 0件

パーソナル・プロデューサー/ライフ・コンサルタントのイマヲカシです。
今回は相談相手を持つことについて取り上げたいと思います。

結論から言うと相談する相手はいた方が良いよね、という話です。
まぁ、当たり前の話です。
すみません。

とは言え。
相談相手が明確になっている人は、そこまで多くないと思います。
あと頻度。
きっと言うほど頻繁に相談していない。

そう。
相談する相手が明確になっていて、定期的に相談していることが大事なんです。
今回はそんな話。

人は悩む

人間、生きていれば必ず悩みを抱えます。
何かしらの問題にぶち当たる。

解決しようとしても自分で導き出す解決策は現実的な問題解決に結びつかない。
堂々巡りである。
この堂々巡りが悩んでいる状況ですね。

この悩んでいる状況を改善するには、自分だけの力では不可能。
可能であれば悩んでいない。

だから悩んでると自覚できたら光速で人に相談するのがベスト。
そして、その相談する相手が決まっていれば相談する相手に悩まなくて済む。
時短である。

その相談相手は友達でも良いけれど、お金を払った方が早い。
人間関係に悩んでいる時に同じような悩みを抱える友達は頼りにならない。
問題を解決するプロに頼んだ方が効率が良いのは間違いない。

もしかしたら友達に話すことで気持ちが楽になって解決するかもしれない
だから友達に相談することも場合によってはアリ。

ただ、その場合に対価を払わないまでもランチくらいは奢ってあげた方が良い。
人に話を聞いてもらうという価値を金銭で測ることは日常では少ないけれど、立派な価値であることは確か。
少なくとも人に相談する時は、その人の時間を奪っているという認識は持った方が良い。

ちなみに。
そういった時間、引いては命の価値に対して鈍感だと、また別の人間関係の問題を抱えることになりかねない。
お気をつけあそばせ。

相談に乗るプロとは誰か?

かと言って誰に相談して良いかわからない。
そんな時は占い師に頼ることを提案したい。
1番身近に存在する相談に乗るプロ。
それが占い師。

占い師のレベルにもよるけれど、少なくとも友達に相談するより当たりが良い。
しかも安いところであれば10分1000円で相談に乗ってくれる。

友達のランチ代に1000円払って小一時間。
占い師に1000円払って10分。

自分のランチ代1000円も考慮に入れると、友達に相談したら2000円の出費。
であれば、2000円20分かけてプロに相談した方が良い。
少なくとも、友達から逆に相談されるリスクはない。

ただ、占い師によっては2000円かけた価値に見合わない時間を過ごすこともなきにしもあらず。
僕ももちろん相談する時があって、お金に見合わない人も確かにいる。
特に高額な場合はコスパをシビアに考えてしまうので、

「この人は外れだな…」

と思うこともしばしば…。

でも、そんな外れを恐れていては、いつまでたっても相談相手は見つからない。
だから先ずは1000円から始めてみることをオススメする。

相談相手あれこれ

占い師以外にも相談に乗ってくれる人はたくさんいる。
カウンセラーとかコンサルタントとかコーチとか。

誤解を承知で言うと、カウンセラーに頼るなら友達とランチ。
そんな風に考えている。

話を聞いてもらうことは大切だけれど、もっと大切なのは問題を解決すること。
問題を解決して、状況を改善すること。
結局は具体的なアドバイスがないと意味がない。
少なくとも相談者の耳が痛むことを言えないのであれば、友達とのランチを上回る価値は提供できていない。
言い過ぎか?

まぁ、言い過ぎでも構わない。
言い過ぎついでに言ってしまうと、結局は占い師もコンサルもコーチも、アドバイスがヘボければ意味がない。
ヘボいアドバイスを上から目線で頂くくらいなら友達とランチした方が良い。

だがしかし。
ちゃんと価値に見合ったプロは必ずいる。
占い師もコンサルもコーチも世の中に存在する。

だから。
価値に見合った相談相手として、信頼できるプロを知っておいた方がいい。

ちょっとした悩みなら2000円で解決してくれる占い師を知っておいた方が良い。
専門的なアドバイスが必要なら2万円で解決してくれるコンサルを知っておいた方が良い。
成功したい時に20万円で依頼するコーチを探しておいた方がいい。

もちろん。
ちょっと愚痴りたい時にランチができる気の置けない仲間もいた方がいい。

個人的な意見としては。
相談にお金を払えない人は成長が遅い。

「成長が遅いとあかんのか?」

と問われると、別にあかんくないと答える。
成長することなく過ごして下さいと答える。

もしそれでイラっとしたら、きっとその人は成長したいと思っている。
けれど成長のために本を買うこともためらう感覚で生きている。
それも含めて好きにしなさい、という話である。

成長は本能

「成長したい!」

本当は心から願っている。
だけれど、日本人はセミナーと聞くだけで怪しいと思ったりする。

もちろん怪しいビジネスが跋扈する世の中なのは間違いない。
けれど怪しいからと言ってセミナーを毛嫌いしていると成長することはできない。
自己啓発本さえも怪しいと毛嫌いしていたら成長は望めない。

知識も。
スキルも。
人間的にも。

人は成長したくてしょうがない。
はず。

でなければ本も存在しない。
占い師もコンサルもコーチも存在しない。

人は人に相談して。
悩みを解決して。
問題をやっつける強さを手に入れて。
成長していく。

本を手にして学びを深め。
人に学んで成長を早め。
それでも限界が来たら相談する。

そうやって生きていく。

きっと、その方が人生は充実する。
色んな経験ができて、人生の彩りを体験することができる。

もしかしたら友達からランチを奢ってもらえるかもしれない。
そんなラッキーは成長したアナタへの神様からのご褒美なのかもしれない。

そんな風に考えなくても良いけれど。
成長したら良いことが沢山ある。
この考えは正しい。
そう確信している。

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本を出したぞ☞発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・最近は放置プレイ☞Instagram(世界一周のカフェ写真など)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!

成長の最新記事8件