個性の発揮が注目される日

「いつ訪れんねん?!」

個性の発揮がキーワードとして注目される日。
今か今かと首を長くして待ち続ける日々。
もう待ちくたびれたよ…。
つらみ。

さて。
同情してもらいたいのは山々なんですが。
腐ってもいられないので地道に動いていきます。
というわけで対談しましたよ!

旅する鍼灸師のたつたつにお声かけしまして個性をテーマに語りました。
たつたつには事前に自著の発揮せよ、個性。に目を通してもらいました。

個性を考える上で必要なことを説明しつつ。
参加者の意見を元に議論を深めつつ。
個性の発揮に必要なことを語りつつ。

あまり意識していませんでしたが、個性という言葉の捉え方一つとっても人それぞれ。
個性という言葉が抽象的ですからね。
“その人からしか感じられない特性が個性”ということで間違いないとは思いますが、その特性というのが幅広い。

能力?
性格?
癖?
美学?
元来の性質?


これら全てが個性と言えるでしょう。

そんな個性を発揮していく。
能力も発揮して。
性格も隠すことなく。
自分のことを表現していく。

でも、そのチャレンジを疎外するものが世の中にはあります。
そう、人の目を気にするという癖です。
対談の話題でも何度か出てきました。

「人の目を気にしなければいいのにね」

本当にこれに尽きる。
人の目さえ気にしなければ個性は発揮されるんです。
発揮しようとしなくても、個性がダダ漏れになるんです。

言いたいことを言って。
好きなように振る舞って。
着たい服を身に纏う。


そのままで個性的。
THE 個性。
頑張る必要なんてコレっぽっちもありません。
そのまんまでOKなんです。

でも、気になっちゃう人の視線。
気にしちゃって、不自然な自分になってしまうんです。
個性を引っ込める人もいれば、無理やり発揮しようとして頑張る人もいる。
でも、それは不自然なんです。

頑張るのは個性を発揮するところじゃありません。
人の目を気にしないことです。
勇気を振り絞って他人の目の圧力から脱することです。
そんな勇気の積み重ねが個性の発揮につながるんです。

今のままで困っていなければ、わざわざ勇気を出す必要もない。
多くの人がそういう選択をしています。
けれど、これからの時代は普通で居続けることを許してくれません。
否応なしに個性を発揮することを迫られます。

時代が変わります。
個性の時代になっていきます。
そんな時代の変わり目に立っているんです。

先ずは人の目を気にしないことから。
ぜひ頭の片隅に。

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本を出したぞ☞発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・最近は放置プレイ☞Instagram(世界一周のカフェ写真など)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!