神社ツアー最終章

前々回の記事→そうだ 京都(の神社ツアー)、行こう。
前回の記事→元伊勢を訪ねて三十里

元伊勢内宮を後にして、一路宮津へ。
宮津は天橋立近くにある港町。
ととマートでランチタイムとイマヲカードタイム。
ランチタイムも写真を撮ってないのでマップをば。

フライ定食を食べた

こちらは食べたかったんですけど、食べたらお酒が飲めないストレスで10円ハゲができる確信があったので我慢したメニュー。

美味そう

泣く泣くスルーして、結局選んだ魚のフライ定食。
と、ノンアルビール。
0.00%で酔っぱらいたかった。
アル中金髪おじさんの欲望は抑えることなどできないのだ。

といった感じでビールっぽい飲み物を飲みながらイマヲカード。
魚のフライを齧ってはカードを引き。
カードを引いてはビールっぽい飲み物を飲む。
参加者とシェアした鰻巻きをつついてはカードを引き。
カードを引いては白飯をかき込む。

そんな慌ただしいランチタイム。
ながらイマヲカードとは言え、なかなか良いアドバイスができたと思います。

ちなみにイマヲカードはこんな感じ。

コーチングのツールも含めた色んなカードを使う

占いのようで占いではないカードを使ったセッションでございます。
オススメだぞ。

といった感じでランチタイムを終え、向かう先は真名井神社。
元伊勢籠神社の奥宮ですね。
真名井という名前はメチャすごい水につけられる名前です。
全国に真名井が付く水のスポットがあります。

一応、ググっておきました。
出雲になる真名井の清水とか。
高千穂の真名井の滝とか。
あとは千葉の真名井の湯。

湯?もあるんか?と思ったらスパでした。
偶然にも製薬会社の新人時代に担当していた千葉ニュータウンにありました。
懐かしいですね印西市。
ジョイフル本田の吉野家でよくランチしてました。

はい。
では京都の真名井神社に話を戻します。

温泉じゃない真名井

御祭神は豊受大神。
月神の一面もあり、天御中主神と同神とされています。
匏宮(よさのみや)大神宮は元々の社名ですね。
水を入れるための瓢箪みたいなやつが天吉葛(あめのよさづら)。
その”よさ”が社名になっているとのこと。
かなりディープなスポットなので色々書きたいところですが、ぜひ詳細はツアーに参加して聞いて頂ければと思います。

ちなみに、ここではメチャすごい水が汲めます。

いっぱい汲んだ

たまにポリタンクで汲んでる人がいるので、その時は超至近距離まで近づいて猛烈にプレッシャーをかけることをオススメします。
密がどうのとか言ってたら日が暮れても水が汲めません。
ぜひ覚悟を持って密着を。

続いて元伊勢では一番有名な籠神社。

前行った時は柵があって入れなかった

御祭神は彦火明命。
別名は以下の通り。

・天照国照彦火明命
・天照国照天彦火明櫛玉饒速日命
・天照御魂命
・天照火明命

男性の天照大神ですね。
饒速日も関係しているので、隠された神様が見え隠れ。

余談ですが、饒速日や瀬織津姫は隠された神様の代表格。
諸説あるのでアレですけど、瀬織津姫は真名井神社で祀られている罔象女神とか厳島神社の市杵島姫(弁財天)と同一神だとかなんとか。
色々とミステリアスな神様でございます。
映画”君の名は”は饒速日と瀬織津姫のエッセンスが織り込まれてるので、考察ブログなど読んでから観返してみると面白いかもしれないですね。

そしてお次は天橋立神社。
天橋立の真ん中くらいにある神社ですね。
参拝の後に浜辺で遊びました。

たのしい

あとはチョコっと智恩寺やお土産屋さんを巡って帰路に。
帰りはSAで丹波黒豆ソフトクリームを堪能して神社ツアーは終了。

サラッと紹介しましたが、とても濃厚なツアーでございました。
神社を巡る楽しさと、ちょっとした観光と、イマヲカシの小噺と。
神様の話から、これからの時代に備える話から、ディープな心に関する話まで。

興味がありましたら8/30(日)は福岡まで。
面白い旅が待っておりますよ。
お待ちしてます♪

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本を出したぞ☞発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・最近は放置プレイ☞Instagram(世界一周のカフェ写真など)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!