幻想まんだら〜生命のうた〜回顧録④

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング


回顧録①はコチラ
回顧録②はコチラ
回顧録③はコチラ

④です。
なかなか進みません。
時間のある方は①から読んで頂ければと思います。

忙しい方向けにまとめますと。
①出雲大社のご利益による たぴ たぴ 写真(4枚)をご覧ください。
②イマヲカシは39歳のただのおっさんでした。
③ほしゆかさんは海苔漁師

全部まとめると、ぶちたまさんの存在感すごい。
といった感じでしょうか。




まふぉ様




ふざけるネタが尽きてきたので普通に紹介していきます。
先ずはこちら。




た ぴ




缶バッジ!
今や たぴ 抜きには語れないイマヲカシ。
僕から たぴ を取ったら残るのは白髪が増え始めた初老のおっさんです。
リアルではアプリのご利益は期待できませんからね。
美肌も聖痕の たぴ も期待できない。
真っ向勝負するしかない。
けれども、

「幻想まんだらが終わるまでは たぴキャラでいく!」

という地味な決意のもと、たぴバッジを作りました。
こちらは、まふぉ様こと平井真帆さんのサービスです。
缶バッジ職人と思ってたんですけど、こどもお料理教室もやってるみたい。

講師を募集してる記事を見かけたんで募集しようと思ったんですよね。
料理作るの大好きなんで。
でも気付いたんです。
子どもに大人対応できない大人気ない人間だったということに気付いたんです。
違う言葉で言い換えるとケツの✳︎が小さいんです。
(品のない表現なので✳︎を使って伏せ字にしています)

実際、幻想まんだらに来てた子どもには☟のような対応でした。

「ミレーちょうだ『だめ』
「ねぇ、ちょう『ダメだっつーの』

断固拒否。
コーヒーのおまけでプレゼントしているビスケット。
まじめなおかしミレー。
大好きなミレーをタダではやれない。
そうは問屋が卸さない。

それでも諦めない子ども。
しぶとい。
財布をゴソゴソし始めました。

(金額次第では交渉に応じてやるか…)

と、最大限の大人対応を考えてあげてる僕に差し出されたのは…
2円。

2円?!』(ミレー舐めとるやんけ!ワレ!)

はい。
断固拒否しました。
2円なんて言われたらミレー問屋もガチギレですわ。
その後も、

「コーヒー小さいコップでいいからちょ『うん、普通に買おっか♪』

断固拒否しました。
そんな見事なまでの塩対応。
到底こどもお理教室の講師なんて務まりません。
向いていないんです、子どもに。
逆に向いているのは、若妻ですね。
若妻が集まる料理教室の講師であれば前のめりで勢いよく挙手したい。
もし若妻に、

「子どもに優しくしてあげて♡」

とか言われてたら2円でミレー2万枚あげると思います。
ついでにお小遣いまであげちゃう。
そう、若妻の頼みならね。
若妻♡大好き♡

はい。
話が逸れました。
まふぉ様の近影を忘れてはいけません。




缶バッジ職人




ただならぬオーラが出ています。
そして漂うあらやだ感。
目撃属性かなり高そう。
まふぉ様こそ、まさに

「ただ者じゃないわ‼️」

といったところでしょうか。
実際話してみたら、ただ者じゃなかったです。
なんか、こうイジられたくなるような…。

上手く伝えられないんで、ぜひ神戸近辺にお住まいの方はまふぉ様にお近づきになって話してみて下さいまし。
缶バッジマシーン入手秘話とかね。




まごしぃ




さて。
お次は愛妻家のまごすけさん。




まごすけ♡よめ




妻を愛すること以外は数秘術の仕事とかしてます。
一度、博多で酒を酌み交わした仲ですね。
今回は初日だけの日帰り出店でした。
働き詰めだったので朝に少し話をしただけ。
そして予約が直ぐに埋まった超売れっ子なので紹介する必要もないでしょう。

では、なぜ見出しまで作って話題にしたのか?
その理由がコチラ。




うどん屋で たぴ たぴ




たぴ写真は使えるうちに使っておこう精神です。

「あんた!売れっ子のまごすけさんをダシにしたのか?!」

そういうことです。
たぴ写真を出すためなら誰であろうとダシにする精神です。
それくらいの価値があるんです。
そう、たぴ たぴ にはね…。

ちなみに。
博多で飲んだ時もハシゴの道中、ホテルでお留守番する奥様の為にお寿司買いに行きましたね。
奥様の好みを独りごちながらデパ地下で悩むまごすけさん。
寿司のパックを見比べながら迷うまごすけさん。
その姿を尻目に心の中で呟いてました。

『別にカッパ巻きでも、かんぴょう巻きでも、ホテル帰るなり抱きしめてブッチューってしたったら、やっすい寿司も蜜の味するやろがい!』

どやろか?
一理あるんやないやろか?

はい。
百理くらいありそうなアイディアは僕の胸にしまって、寿司を買った後はうどん屋さんへ。
そして、うどん屋では麺をすすりながら星読みトークへ。
まごすけさん、西洋占星術も齧ってた模様。

あと、話していて凄いと感じたのは分析力。
性格のこと始め、紐解きがヤバい。
色々なこと見出す。ヤバい。
丸裸にされちゃう。ヤバい。

さてさて。
サクッとダシにするつもりが、何だかんだで文字数を割いてしまいました。
愛妻家へのリスペクトゆえであろうか。
この敬虔な態度を、オオクニヌシ様が汲んでくれることを願うばかりである。

はい。
今回は以上、ということで。
次回の回顧録⑤から2日目の思い出に入りたいと思います。
ぜひ引き続きご愛読頂ければ幸いです。





【イマヲカシからのお知らせ】

・尼崎で曼荼羅コーヒー提供します☞幻想まんだら〜生命のうた〜

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・LINE@☞登録はコチラ

・コンサル・カウンセリングの内容を紹介☞イマヲコンサル

・人生を歩む上で大切なことをシェア☞Facebookページ寺子屋 mobile

・気ままに呟いている秘密のFacebookグループ☞いまをかし と いとをかし

・最近は放置してるけど☞Instagram(世界一周のカフェ写真メイン)

・ちょっと小難しいこと書いてます☞note



・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る