かちかち山のネオウンバボタウン

以前の記事で開山の話を書きました。

「あなた寺をつくるわよ!」

という衝撃の開山宣告をされた話です。
豪州嫁の膝枕で眠りたい野望で茶を濁したのですが、結構大切なテーマを持ってコミュニティ作りの構想を練っております。
そのテーマの一つが豪州嫁の膝枕なのは1㍉のブレもありませんよ。
まじで。
I love Futo-Momo♡

かちかち山の生態系

もちろんお伽話の”かちかち山”ではありません。
漢字で書くと価値価値山です。
完全なるフィクションの山ですね。
簡単に説明すると、価値と価値を交換する山。
まぁ、山でなくても構わないんですけど。
これからどんどん山間部がフィーチャーされる意味も込めて山としてます。

まぁ、物々交換の拡大版みたいなものと思って頂ければ問題ありません。
人が生み出すあらゆる価値がコミュニティ内で循環している。
もちろん物も、サービスも、音楽も、医療も、教育も。
様々な価値の循環、価値の交換。
そんなことが成り立つ山。
それを、かちかち山と名付けた次第です。

※お金と価値の交換について書いたnoteの記事もご参考下さい。

サイハテ村での体験を経て

熊本県は三角にあるエコビレッジ SAIHATE
通称”サイハテ村”。
ひょんなこと(野グソの話を聞いた)からサイハテ村に行くことになり。
ひょんなことからサイハテ村にエスプレッソマシーンを勝手に贈りつけるクラファンを立ち上げることになり。
何だかんだで縁のあるサイハテ村。

サイハテ村の詳細については省きますが、ざっくり言うと次世代コミュニティです。
お好きにどうぞのコンセプトや、パーマカルチャーの導入etc.新しい概念で村づくりをしています。
とにかく面白いので、面白い物好きの僕はウッカリ勝手にエスプレッソマシーンをプレゼントしてしまいました。

そんな面白いサイハテ村と関わっていると、物事の価値を改めて考えさせられます。
お金の価値はもちろん、人生の価値や日本に住む価値まで。
これから様々な価値がどう移り変わって行くのか。
サイハテ村の住人と話していると刺激的な話になって時が経つのも忘れてしまいます。

そんなサイハテ村での経験や、色々な情報を元にすると、これから社会システムは大きな変化を遂げます。
理由の一つはAI技術の発展ですが、それ以外の要因からも必ず訪れる大きな変化。
その変化の先にあるのがサイハテ村のようなコミュニティであり、かちかち山でもあります。
そして僕が膝枕で昼寝をするのも、かちかち山の中。
開山するであろう境内の縁側。
という話です。

ネオウンバボタウン

ネオウンバボタウン。
これまたフィクションというか、これから台頭するコミュニティのネーミングです。
ウンバボは原始時代を表現しているので、原始時代のコミュニティの近未来版を意味します。

名付け親は響月ケシーさん。
なかなか絶妙なネーミングでございます。

ケシーさんのインスタライブで僕が何かしら質問した時の返答で生まれたワードですね。
上述している、かちかち山のコンセプトが成り立っているコミュニティです。
価値と価値の交換が当たり前のコミュニティが当たり前になるよね、って話でした。
ただ、それが10年後か20年後かは神のみぞ知る、というやつ。

いつになるか分かりませんが、僕がつくるコミュニティもネオウンバボタウンなんです。
かちかち山のネオウンバボタウン。
住人が創り出す価値の循環で成立するコミュニティ。
その先駆けとなっているのがサイハテ村であるのは間違いありません。
そしてサイハテ村のようなコミュニティは徐々に増えていっているのも事実です。

いずれ、日本の政治や経済は大きな混乱に見舞われます。
その瞬間から、新たな社会へ向かう潮流が一気に加速します。
3.11を切っ掛けにサイハテ村が生まれたように、いずれ訪れる大きな出来事をキッカケに日本人の価値観は必ず変わります。

その価値観の変化というのが価値に対する価値観の変化。
貨幣の価値、労働の価値、創造の価値、そして人間の価値。
そんな根本的な価値が破壊される。
そして新たに創造される。
その先にあるのが、かちかち山であり、ネオウンバボタウンである。
それが限りなく確実な日本の未来予想図。

未来創造図3.0

もう気付いている人は動いて既に創造しています。
国に頼らずに生きていく。
しがらみに囚われず生きていく。
自らの価値創造で生きていく。
そんな未来。

未だ来ていないだけの現実。
その現実は、今から自由に創造できます。
自らの可能性を信頼してチャレンジを続ける。
最初は小さな一歩から挑戦する。
その積み重ねが、かけがえのない価値となる。

その価値は、目の前の誰かのかけがえのない価値。
目の前の誰かの価値は、自分にとってのかけがえのない価値。
その価値と価値を渡し合う。
そんな世界が待っています。

もちろん、そんな世界を拒否することもできます。
その選択を誰も責める権利を持っていません。
どちらを選んでも正解で最善。

それでも僕は、価値と価値を気持ちよく交換する世界を選んで欲しい。
大切な誰かと世界を創っていきたい。
そう思っています。

【イマヲカシからのお知らせ】

・コンサルの内容を紹介☞イマヲコンサル
 電子書籍を出したぞ☞発揮せよ、個性。

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・コーチングの内容を中心に書いてます☞note

・最近は放置してるけど☞Instagram(世界一周のカフェ写真メイン)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com


最新情報をチェックしよう!