なんか上から目線なんですけど…〜節子、それコメントマウンティングや〜

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング


ブログの記事リクエスト企画です。
SNSでの上から目線コメントにモヤるとのことで、その辺を書いてみます。




コメントによるマウンティング




先ず、人間は野性的な生き物って認識が大切ですね。
動物が個体としての優位性を示すために相手に馬乗りになることをマウンティングと言います。
お猿さんはマウンティングしますね。
人間もちょっと賢いお猿さんなので当然マウンティングします。
そう、SNSのコメント欄でね。

それがいわゆるコメントマウンティングと呼ばれる行為。
一刀両断してしまうと、動物的で野性的で野蛮な行為とも言えるかもしれません。
ボス猿を目指すNo.2の猿なら応援する気も出ますが、相手は人間ですからね。
人間がしちゃうとケツの穴の小さい行為に見えちゃいます。
ケツの穴は大きい方が良い。
間違いない。

ただコメントする本人は特に意識してないことが多いでしょう。

『よっしゃ!自分の方が上やと示すために書き込んだろ!』

なんて意気込みで書く人はいるにしても少数派。
だいたいは自然と書き込んでいると思われます。
何なら良かれと思ってコメントしている節もあるでしょう。

『えらい良いこと書いてあげたったな…ありがたかろ?(ポチ〜)』

なんて感じでコメント投稿してるんじゃないですかね?
知らんけど。
 
状況に寄りますが、基本的に相手より自分の方が上であることを誇示する人は多いです。
これはコメント欄に限りません。

・相手より知識や経験がある
・相手より豊か(人間関係, 経済etc.)である
・相手より価値がある

会話でチラつかせる人はいるでしょうね。

・話の登場人物が”知人”とかではなく固有名詞や肩書きを使う(人脈アピ)
・話に出てきたキーワードに飛びついて自分の話を始める(経験アピ)

などなど。

これ以上書くと該当する人に嫌われるので、ここら辺にして。
要は自分が上であることを”わざわざ”示すことで心の隙間を埋めるんですね。
喪黒福造が実在したら必ず標的にされて”ドーン!”されます。

心の奥底で自信が持てていない人は、必ずアピってきます。
アピれる材料で満たされたカバンを手元に置いて、手ぐすねを引いて待っています。
もはや狩りです。
そこで標的を見つけたら一目散。
飲み会の話題だろうが、FBのコメントだろうが光速で反応します。
それはもう野生の勘を働かせ、野生の力を存分に発揮して反応します。

これがコメントマウンティングの仕組みです。
ストレスが多い現代社会の弊害とも言えるでしょう。




この世界は自分を中心に回っている、はず…




そしてもう一つの問題。
この世は自分を中心に回っている問題。

例えばFacebookの投稿内容。
それは投稿する人の意のまま。
好きなように投稿して構いません。

自慢してもOK。
自分に起こった不幸を不幸にしないために笑いにする投稿もOK。
時には弱音を吐いてもOK。

ただ、SNSには多くの世界が渦巻いています。
人の自慢が嫌いだから自慢の上塗りが当たり前な世界に住む人。
とりあえず自分の不幸話に価値がある世界に住む人。
アドバイスすることで自分の価値が上がる世界に住む人。

人の数だけ存在する世界。
そんなマーブル状の世界で生きるのが人生。
世界は一つなようでいて、本当の世界は76億の世界が混在一体となっています。
世界は単純でなく、複雑な一体の生き物のような存在。

ままならない。
本当の本当に、ままならない。
自分の思う通りに生きて良いはずのに、ままならない。
それがこの世界の実相であると言えます。




この世界を自分を中心に回す




では、この世の中は本当に”ままならない”のか?
という疑問に答えると、

「Yes!MAMANARA-NAI!」

になります。
ままならないから学びもあって成長できますからね。
自分の思うようになったら楽チンですよ。
LV99でRPGゲーム始めるようなものですから。
でも、ゲームとしては無味乾燥になるでしょう。
何なら途中で止めるでしょう。

さて。
この世界を自分を中心に回す、について。
大切なポイントは世界を(中途半端に)自分中心に回している人が多いということです。
(中途半端に)我儘に生きている人が多いということです。

“中途半端”

これがマーブル色の世界観で生きてしまう原因です。
関わる人の世界の色を気にして生きてしまう人の苦悩です。

完全に自分中心に生きている人はマーブル色を楽しめます。
そして自分だけの色を知っています。
そして相手の色の魅力を知っています。
その色同士が混ざる価値を知っています。

大切なのは他人の世界の色で生きないこと。
色を拒絶する意志を持つこと。
ほんの少しずつでも、拒む勇気を持つこと。
そして自分の色のことをとやかく言う言葉を跳ね除ける強さを持つこと。
付け加えると、

「そんなことできれば苦労しない!」

と自棄のやんぱちにならない、ことも大切でしょうか。




自分で自分を大切にする




コメントマウンティングの話からの展開として正解かどうかは分かりません。
それでも何かしらのヒントは込められたような気がしています。

自分の為に生きるのは当たり前。
自分を中心に世界を回すのも当たり前。

でも、自分の満足の為に人の心を配慮しないのは悲しいことです。
自分を中心に世界を回す為に人を犠牲にするのは大人気ないことです。

関係性が希薄な世界にあって、さらに希薄でドライなSNS。
だからこそ優しさを持って接することって大切なんでしょうね。
そして自己承認欲求の溜まり場となりがちでもあるSNS。
そんな犬も喰わないような他人の欲求を跳ね除ける強さも必要でしょう。
相手のペースに乗らないような柳の如き心のしなやかさも必要でしょう。

ただ一番必要なのは、心が弱っている時に自分を癒せることでしょうか。
強さも、しなやかさも持てない時に誰かに癒してもらうことも大切です。
頼れる人に弱音を吐くことも大切です。
時にはSNSで慰めの言葉をかけて欲しくなることもあります。
全て大切で必要なことです。

でも、一番大切なことは自愛。
なかなか簡単には持てない自愛の心。
自分を認める。
どんな自分も認める。
自分を愛する。
どんな自分でも愛する。

難しいからこそ、大変だからこそ、少しずつ自分を心から愛する歩みを進める。
諦めずに歩む。
自分に自身が持てなくて後戻りしても、また歩む。
誰かに傷つけられても仕返しすることなく、また歩む。

そんな歩みの中で同じ道を行く人を愛する。
励まし合いながら歩む。
マーブル色の世界を歩んでいく。
上も下もない世界を生きていく。

そんな世界を生きたいと思えたら大丈夫です。
絶対に。
大丈夫。




【イマヲカシからのお知らせ】

・11月22〜24日開催の個展にてコーヒー提供→幻想まんだら~生命のうた~

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・LINE@☞登録はコチラ

・コンサル・カウンセリングの内容を紹介☞イマヲコンサル

・人生を歩む上で大切なことをシェア☞Facebookページ寺子屋 mobile

・最近は放置してるけど☞Instagram(世界一周のカフェ写真メイン)

・ちょっと小難しいこと書いてます☞note

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com





少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る