福岡を心ゆくまで楽しむ〜How to Fukuoka グルメ編〜

福岡のイメージはどんな感じでしょうか?
個人的には福岡と言えば女性の人口比率が高い上に、未婚率も高い都市という印象が強いですね。
そのデータに釣られて福岡に来たは良いものの、気づいたら38歳だし出会いもないしで、メリットを享受できていない状況です。
くやしい。

無駄話はさて置き。
福岡に観光に来た時の動き方について書いてみたいと思います。
今回はグルメをテーマにお送りします。

知られざる福岡グルメ

福岡のローカルグルメと言えば?
博多ラーメン?もつ鍋?水炊き?
違う!そうじゃない!

「うどん」

うどんです。
うどん発祥の地なんですよ、福岡って。
1241年に中国から坊さんが製麺の技術を持ち帰ったことがきっかけだったみたい。

といった感じで隠れた名物を書いていきます。
ちなみに、福岡のうどんはコシがないのが特徴だったりします。
タモリさんが好きな”うどん平“もコシなしうどん。
でも、個人的に好きなのはコシありの”能古うどん”。
の、肉玉ごぼう天ぶっかけ。

コシのある肉玉ごぼう天ぶっかけ

いずれ、ごぼう天のトッピングは必須ですね。
パリパリしていて美味い。

あと”むっちゃん万十“のムツゴロウ焼とか?

ハムエッグ

そして蜂楽饅頭。

蜂楽饅頭(白あん)

蜂楽饅頭は、いわゆる今川焼きとか御座候的なスイーツです。
ただ、名前にもあるように蜂蜜への拘りがポイント。
その違いが分かりやすいのが白あんなので、ぜひ白あんを試して頂きたい。
一応申し上げておくと、福岡では蜂楽饅頭の白あん派と黒あん派の争いが度々起ります。
目を血走らせて自分の好みを押し付けると大喧嘩になりかねないのでご注意頂ければ幸いです。

そして、さらに饅頭。
太宰府天満宮に行けば店が軒を連ねる梅ヶ枝(うめがえ)餅。

梅ヶ枝餅

こちらに関しては、”かさの家派”とか”かのや派”といった店に別れた派閥闘争が激化しています。
令和になって話題に上ることも多くなり、争いも激しくなっています。
くれぐれも自分の拘りに固執することなく、人の好みにも寄り添うようにすることをオススメします。

博多ラーメン

と言えば豚骨。
一風堂や一蘭が有名ですね。
そして豚骨ラーメンは軒並み美味しいので、あまり頑張って書く気になれない。
食べログのランキングとか参考にしてみては?

個人的にオススメしたいのは↑のTOP20にも入っている”とり田”です。
博多駅近くのKITTE博多と天神のPARCOにあります。
水炊きの店が出したラーメン店なので水炊きのスープがベースの担々麺がイチオシな模様。

水炊き感を味わいたいなら鶏白湯麺が良いでしょうね。
いずれにせよ、オススメはビール片手にツマミをチョコっとつまんでからのラーメン。
唐揚げとか砂ずり炒めとか手羽唐とかあります。

もう一つのオススメはラーメン海鳴
魚介豚骨のラーメンが人気のラーメン屋ですね。
友人に”なるみ”と教えられて、暫くは”なるみ”と思ってました。
鳴海っぽいですけど、海鳴です。
“なるみ”じゃないよ”うなり”だよ。

さて。
普通のラーメンも大好きなんですけど、オススメしたいのはまぜそば。
こちらは博多駅の博多デイトス店限定ですね。


ご飯が付いているので、麺を食べ切ったら残ったタレとご飯を絡めて、まぜご飯に。
余談ですが、僕は生のタマネギが苦手なのでタマネギ抜きで注文してます。
けっこうガッツリ生タマネギ入ってるので、ご参考までに。

最後!焼きラーメン!
屋台の小金ちゃんが有名ですけど、タピオカミルクティー並みに行列ができています。
(追記:調べていたらタピオカ並みに並ばなくていい”居酒屋小金ちゃん“発見)
なので、オススメは”きたなシュラン”でも紹介されたKENZO cafe

居酒屋なので飲んでからの〆的な感じにしても良し。
これだけの為に立ち寄るも良し。
味は豚骨スープをソースにした焼きそばという感じです。
もはやラーメンではないような気もしますけど、大目に見ましょう。
これはラーメンです。

そんな、ほぼ焼きそばの焼きラーメン。
福岡に来る人がいたら必ずオススメしています。

水炊き

言わずと知れた福岡名物と思っていたら、意外と知らない人もいるようで。
かく言う僕も水炊きと言えば、家庭の鍋で出てくる普通の鍋と思っていました。
福岡の水炊きは鶏肉と鶏出汁が特徴です。

余談ですが、うちの母は鶏肉が苦手。
さらに後述するもつ鍋の”もつ”も苦手。
福岡の二大名物が苦手と言うことで店のチョイスに苦労しました。

さて。
水炊きの話に戻りましょう。
水炊きと言っても千差万別。
ラーメン同様だいたい美味しいので、これまた食べログのランキングを参考にして頂きましょう。

個人的には博多華味鳥の濃厚なスープが好きなのですが、大都市に行けば店があるので、あまりオススメしていません。
大都市に行く近機会があまりない人はぜひどうぞ。
念のために予約もしておいて下さい。
人気です。

そして僕が特にオススメしたいのは、水炊き積
飲屋街の大名にある水炊き屋さんですね。
ここの良さは焼き鳥も食べられるところ。
あと、水炊きに使っている鶏肉が佐賀の”ありたどり”で美味いところ。
あとあと、甘辛い餡で包まれたホルモンの唐揚げが病み付きになるところ。

まじ美味いホルモンの唐揚げ


要はトータルで満足度が高いです。
もちろんスープも美味しいので水炊きだけでも満足できます。
ここに連れて行った人は、かなりリピートしているので間違いなし。

「イマヲカシの紹介で来ました!」

って言っても何も起こりませんが、僕の株が上がります。
ぜひ僕の株を上げに行って頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

もつ鍋

では、最後にもつ鍋。
これまた例のごとく食べログのランキングでも参考に。

有名な”やま中”がTOP20に入っていないのが意外でしたね。
あまり食べ比べていないのでアレですが、やま中は美味しかったです。
でも個人的にオススメしたいのは万作家

一般的なもつ鍋屋さんに行くと、味噌や醤油から味を選ぶ感じになってます。
だいたいどこも似たようなテイストですね。
でも、万作家は異色のすき焼きテイストです。
石の鍋でグツグツ煮込みます。
店員のおばちゃんが甲斐甲斐しくお世話をしてくれました。
っていうか、

「手を出さないでね!」

くらいの勢いでした。
完全に任せてしまいましょう。

スタンダードなもつ鍋の方が良い人は、ランキングとかを参考にして頂ければと思います。
マニアックな方や、もつ鍋経験者は、ぜひ万作家にトライしてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ざっと福岡っぽいグルメを紹介してみました。
かなり”ざっと”なので、また別枠で補足記事を書くかもしれません。
オススメの居酒屋とか?
焼き鳥屋さんのカリカリとり皮とか?

というわけで。
ぜひぜひ福岡に食い倒れに来てくださいませ。
お待ちしてます!

【イマヲカシからのお知らせ】

・コンサルの内容を紹介☞イマヲコンサル
 電子書籍を出したぞ☞発揮せよ、個性。

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・コーチングの内容を中心に書いてます☞note

・最近は放置してるけど☞Instagram(世界一周のカフェ写真メイン)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!