よくよく欲望について考えてみた

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング


最近、欲望がテーマのトークショーに行ってきました。




精神科医の名越さんはプロだけあって良いこと言ってましたね。

楽しい時間でございました。




印象的だったのは、




“お金には本来エロティシズムがある”




という話。
FXとか暗号通貨で稼ぐお金はとてもドライ。
エロティシズムが感じられない。
みたいな。




確かに仰る通り。

そして、個人的にはエロスを感じるお金のやり取りが大切だと思ってます。

特にこれからの時代。

お金はエロくて、お金を稼ぐことはロマン。

そんな感じ。




さて。

今回のテーマは欲です。

欲については僕なりに考えを持っています。

欲の性質を二つに分けて考えるんですね。




・埋める欲

・生み出す欲




便宜的に分けているので、はっきり線引きできるわけではありませんが。

解説を加えると、




・欠乏感を埋める為の我欲

・何かを創造する為の意欲




となります。

そして、大切なことは二つの欲のバランスを取ること。




・我欲は知性によってコントロールする

・意欲は感性によって育んでいく




例を挙げると、




“愛に飢えている人が(愛以外の何かを使って)愛を求める”

“自信がない人が認めてもらうために自慢話をする”




のような行為が欠乏感を埋める我欲。

この我欲に呑まれるとマズいことになります。

いわゆる闇堕ちですわ。

マジで何かが憑いたみたいに性格が変わります。

おー怖っ!




だから我欲は知性を使ってコントロールしなきゃいけない。

感情的な自我との戦いですね。

欠乏感から生まれたエゴのサインに気付いて、知性でもって克服する。




「感情的になったらあかんで」




ってな具合で冷静な自分が感情的な自分をたしなめる。
ただ、これだけなんですけど、なかなか簡単にはいきません。




エゴちゃんのテーマになると暗くなるので次行きましょう。

生み出す意欲とは。

何かを創作したいという気持ち。

価値提供をしたいという気持ち。




そう、なぜだか分からないけれどフツフツと湧き上がるエネルギー。

言い換えるならパッション。




この意欲。

めちゃんこ大切なんですけど、多くの人が見出せないでいる感じがします。

サラリーマンをしている人は殆どと言っても構わないんじゃないですかね。




さて。

この意欲は感性でもって育むことが大切なんです。

要するに“好き”という気持ちに火をつける。

好きで好きでたまらない気持ちにさせる。




“寝ても覚めても絵を描いていたい”

“料理を作っている時間はあっという間に過ぎる”




みたいな感じで。

会社勤めでも得意な仕事だとこんな感じになります。

でも、会社から頂く給料にはあまりエロさを感じませんね。

あくまで僕は、ですが。




はい。

だいたい説明し終えました。




・欠乏感によって生み出される不純な我欲

・無いものを新たに生み出す創造的な意欲




どうでしょう?

我欲にまみれたサラリーマンがダメという話ではないですよ。




ただ。

ただし。




我欲を抑えられて

意欲的に価値創造をして

エロティシズムを感じる対価(お金)を得る




これが人間として自然じゃなかろうかと思うわけです。

で、こっちの方向に世界は向かっていますね。

確実に。




僕のコンサルでは、ここら辺を重視して伝えています。

小手先のスキルとかマインドより土台の部分。

土台あっての小手先。

今、学ぶべきは基礎の基礎。

そんな雰囲気を感じているので。




人の心の根幹にあるもの。

そこに目を向ける。

欲も、その一つ。

我欲と意欲は、その一例。




それ以外にも目を向けるべき点があります。

人の心の根幹にある大切にすべき価値観。




ぜひ一度。
少し立ち止まって。
人として大切にするべきことに目を向けて下さいませ。





・LINE@☞登録はコチラ

・コンサルの内容を紹介☞イマヲコンサル

・人生を歩む上で大切なことをシェア☞Facebookページ寺子屋 mobile
☆ぜひ、いいね!を押してフォローしてくださいませ。



少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る