愛の会で愛について考える〜幸せの沸点〜

  • 2019年3月25日
  • 2019年3月25日
  • 人生,
  • 19View
  • 0件

「愛って何じゃらほい?」

愛のことを深く知りたい。
だけど、よく分からない。
どうしよう。
もう、頭がフットーしそうだよう!

ということで、響月ケシーさんの愛の会で勉強して参りました。
ケシーさんの紹介は端折りますが、彼女の以下の記事はぜひ熟読下さい。

これからの生き方①~⑦
これからの働き方①~⑦
二極化の本当の話をしよう①~⑧
これからの豊かさ①~⑦

さて。
愛の会は、愛について学ぶ会。
人類の永遠のテーマですもんね、愛って。
愛深き故に悪者になっちゃったキャラとかいますし。

soushinkai-cm-2013-06-14T19_42_34-1

映画や漫画で描かれまくってるってことは、人にとって超コアなテーマ。
じゃぁ、もう全力で向き合わざるを得ない。
諦めて愛を学ぶしかない。

そんな愛の学び。
今回は一点だけ印象的だったテーマを紹介します。
それは、

“幸せの沸点を下げる”

ということ。
これは幸せに限らない。
豊かさの沸点であり、愛の沸点でもある。

・金持ち→1万円稼いでも幸せを感じない
・お金がない人→1万円稼げたら幸せを感じる

これが沸点の差。

・前者のお金に対する幸せの沸点は100万円
・後者のお金に対する幸せの沸点は1万円

みたいなこと。
それがどんな場面でも起こっているのが人の世ってやつ。
お金に限らず。
人の厚意に限らず。

他の例で言うと、人から制限されていたことを許された時とか。
例えば親からのしつけで禁止されていたこと。
子どもであれば駄菓子を買って食べることとか?
他の家庭の子どもからすると当たり前のことだけど、禁止されている子どもからすると天にも昇る気持ち。
まさに幸せがフットーしちゃう瞬間。

そんな子どもでも親から禁止されなくなると、駄菓子では幸せのフットーは起こらない。
口に入れる度に幸せだったキャベツ太郎。
あんなにフットー感を感じていたビッグカツ。
それも今となっては昔のこと。

それが人の幸せの罠。
それが人の豊かさの罠。
それが人の愛の罠。

幸せや豊かさや愛は一瞬のものである。
という勘違い。
そんな罠に気付いていくことが人の道なんだろうな、と。

うまい棒に幸せを感じて。
お金持ちになっても1万円に豊かさを感じて。
何気ない人との挨拶に愛を感じて。

この世の中に溢れている豊かさ。
日常とともにある幸せ。
誰の心にもある愛。

上がり切ってしまった沸点を下げてみる。
ほんの些細なことに感じ入ってみる。
フットーしていた過去の記憶を辿ってみる。
そんな積み重ねが愛を深めることに繋がるかもしれない。

先ずは、よっちゃんイカでフットーしてみることから。
そして、いつも側にいる人との会話にフットーしてみることから。

沸点をちょっと下げて。
できるなら火にかけただけで泡ポコが出るくらいの沸点で。
ありがたさでフットーしちゃいましょう。
愛ゆえに苦しまないように。
愛ゆえに悲しまないように。

———————————————————————————————-

・3/29(金)12時〜福岡県うきは市で開催☞花見 de イマヲカフェ with なっち

・LINE@☞登録はコチラ

・Facebook☞イマヲカシ個人ページ

・コンサルの内容を紹介☞イマヲコンサル

・人生を歩む上で大切なことをシェア☞Facebookページ寺子屋 mobile
☆ぜひ、いいね!を押してフォローしてくださいませ。

最新情報をチェックしよう!