汝、張ることなかれ〜欲張って、頑張って、見栄を張る〜

僕は関わる人の様子が変わると敏感に察知してしまいます。

「あれ?なんか前と違うぞ?」

みたいに気付いちゃう。
もちろんネガティブな変化です。
で、今回伝えたいことを結論から言います。
タイトルにあるように、

「張っちゃだめ!」

です。
欲張っちゃダメ!
頑張っちゃダメ!
見栄を張っちゃダメ!
(過剰に)張っちゃうとオカシクなっちゃうよ!
それが今回のテーマです。

欲は結構。
欲がないと、そもそも行動に移せませんしね。
欲は自己表現の源泉にも繋がる大切な要素です。
程よい欲は不可欠。

頑ななのもOK。
程よく頑なに物事に取り組むのは良いと思います。
拘りはあって然るべきで、ある程度我慢してやってみないと結果も見えてこない。
程よく頑ななことは大切。

見栄も大切。
外見は清潔感がある方が良い。
仕事なんかの実績も具体的な数字があると見栄えします。
人は見た目が9割も根拠があるでしょう。
でもね。

「張っちゃだめ!」

なんです。
頑張って心が無理しても良くない。
欲張って真心を忘れても良くない。
見栄を張って上部だけ繕っても良くない。
だから、

「張っちゃだめ!」

なんですね。
ある程度張っている緊張感というのは良いでしょう。
楽器の弦も張っていないと音が出ません。
そのニュアンスでの“張り”であれば問題なし。
仕事に張りが出て好循環。
私生活にも張りが出て幸せな日々を送れます。
でもね、

「張っちゃだめ!」

だと思います。
だって張っちゃうと人が変わっちゃうんだもん。
表情も変わっちゃう。
人付き合いも変わっちゃう。
残念な方に変わっちゃう。

もちろん、残念な方に変わっても良いと思います。
それもまた経験。
でも張りすぎに気付かないと、下手こくと真っ逆さまに堕ちてしまう。
欲望〜DESIRE〜とともに…。

中森明菜のDESIREは恋愛の話なんでジャンジャン堕ちてもらって良いと思います。
でも、それ以外の欲望に目が眩んで堕ちちゃうのは程々にしたいものですね。

欲張って、頑張って、見栄を張っちゃう。
最初に湧いてくるのは必要以上の欲です。
だから自分の欲を俯瞰できると欲に飲まれにくくなります。
欲の兆候に気付けば、過剰に欲張る前に踏みとどまれるわけです。

もし踏みとどまれたら。
肩の力を抜いて、自分のペースで、余裕を持って歩む。
その程良さが自分らしさの表現に繋がると思います。
だから自戒を込めて、

「汝、張ることなかれ」

———————————————————————————————-

LINE@の登録はコチラから☞登録はコチラ

・Facebook☞個人ページ

・イマヲコンサル☞サービスの内容を紹介

・FBページ 寺子屋 mobile ☞人生を歩む上で大切なことをシェア
ぜひ、いいね!を押してフォローしてくださいませ。

最新情報をチェックしよう!