寺を訪ねて三万里~お寺ときどきカフェ~

そう、このブログはカフェを訪ねた足跡を残すためのもの…。
そう、僕が訪ねたカフェでの思い出を伝えるためのもの…。
そう、だから、

「これがバリのリズムなんだよな~へへ~♪」

とか謎の言い訳を綴ってみたり!

「外国でバイク乗ったぜ!いえぃ!いぇい!」

と中身のない自慢を鼻高々にしてみたり!

「こ、これがHolly Water(ワーラー)…」

とフィリピンでの語学留学の成果を(文字)で表現してみたり!
そんなことをするためのブログじゃないんだ!
みたいなことを前回書いた気がするんですけど、
まぁ、本気にしてもらったら困りますわ。
カフェのことだけを糞真面目に書くなら、
TripAdvisorのリンク貼って終わりですから。
ホテルもレストランも観光もリンクでイッパツですから。
外国人のご意見も翻訳して頂けますから。
そんな無味乾燥なブログは誰かに任せることにして、
自分は粛々とお寺巡りに勤しみたいと思います。
お寺だいしゅき!

というわけで。
今回もお寺を中心にお届けして参ります。
お寺を訪ねて三万里。
お寺だいしゅき!
さて。
先ずはついでに訪れたカフェ「KAFE KAWI」から紹介します。
4F7A5537
ロケーションは高台にあるので眺め抜群。
4F7A5497
↓は店側なんですけど、
4F7A5502
リュックの上に置いている布はサロンです。
お寺に入る時用の腰布。
入る時に貸してくれるんですけど、
土産物のおばちゃんは凄い勢いで売りつけてきます。

「ユ~!ニ~ド!ディ~ス!」
「チ~プ!」

この寺の前に行ったゴア・ガジャ寺院は凄かった。
ついでに水もジュースも営業してきます。
凄い勢い。
でも、このグヌンカウィ寺院では控えめ。
攻めない土産物屋さんが数件。
安心して歩けます。

あと、このカフェにあるお手洗いですが、
男の子と女の子に分けてない!
4F7A5521
東と西!洋と和!
そしてカウンターには人形!
4F7A5526
昔シャンプーで泡立てた髪の毛でやったやつ!
ちなみにデザートはバナナの天ぷら。
4F7A5518
そして帰り際、像にアザッスしてから寺へ向かいます。
4F7A5533
途中の棚田がある風景にも癒されたり。
4F7A5550
川のせせらぎに耳を澄ませたり。
4F7A5590
アグレッシブじゃない土産物屋さんを眺めたり。
4F7A5546
そうこうしてる間に寺院に着きました。
4F7A5568
が、あんまり寺院々々してない感じです。
水を大切にしている場所、という雰囲気。
4F7A5592
ここの場は特に、そんな雰囲気が漂ってます。
その他も色々見どころアリ。
4F7A5597
歩いてると職員の人が果物をもいでくれました。
4F7A5625
コタキナバルで食べたリンゴの出来そこないみたいな味の果物を、
チビチビ齧りながら散策。
そして、たっぷり癒されたところで天国から地獄。
そう。こらからスクーターで2時間の帰路が待っています。
帰りたい、のに、帰りたくない。
なんて言ってても始まらないので、
往路同様、溢れかえるバイクと車の中をノンストップで帰りました。

で、晩ごはんは恒例の店で。
カップル席っぽい所に通されて、何だか気恥ずかしい!
4F7A5676
カップル席でエビを食べて。
4F7A5681
カップル席で写真を撮ってもらって。
4F7A5682
この日が最後の夜だったので、
店員さんにお別れを言って店を後に。
帰り際にオシャレな店で一杯引っ掛けて、
4F7A5692
恒例の仰向け星空ウォッチング。
4F7A5349
癒されたところで、バリの最後の夜はお仕舞い。
闇タクシーの件で嫌いになりかけたバリも、
この数日間で大好きに。
もっと過ごしたい気持ちを胸に仕舞ってゲストハウスへ。
お酒が入ったからか、何だか楽しくなってきちゃったので、
プールで軽くスイミング。
P_20160419_220152_BF
仰向けで月を眺めながらバリの日々を想います。
もう、コタキナバルを想って泣くこともない、
けど、これからはバリを想って泣くことになる。
シンガポール辺りで上書きされるまでは…。

最新情報をチェックしよう!