足りないものを追いかける〜人生のラットレース〜

ケシーさんの後追い記事です。
【永久保存版】2019年これからの豊かさ ③【領域が消える】

さて。
僕がずっとお客様に伝えたり、ブログの読者に向けて書いていることは、

「悟れ、そしてステージで舞え」

これに尽きます。
悟ると言っても菩提樹の下で日がな一日佇んでいなくても構いません。
日常の中で様々な気付きを得ていく感じです。
書物からの学び、経験の中から気付いていく。
その積み重ねによって自分を含む世界に対する理解を深めていく。
そんな感じ。

大切なことは、

・持っている豊かさに気付く
・既に幸せであることに気づく

ここに尽きます。
で、多くの人が知っていることでもあります。
どっかで見かけているフレーズです。
ありふれています。
ブログに、FBに、本の中に。
で、見かける度に、

「それな!」

って言って納得するわけです。
そしてまた日常に埋没していくわけです。
豊かさや幸せを追い求める日常に。
それが人生のラットレース、というやつです。

どれだけ走っても豊かさも幸せも手に入らない。
Bダッシュして豊かさや幸せを手に入れたとして、一通り味わったら別のゴールを見つけてしまう。
それが人間の性。
それが人生のラットレース。

で。
なぜこれが延々と続いてしまうかと言うと、世界を回すための資本主義経済の中で暮らしているからですね。
そこらへんはケシーさんの記事の中でも書いてますが、要は煽られ続けて買わされ続けている状況。
本当に必要かどうかの判断を迫ることなく、必要であることを喧伝する社会。
豊かさも幸せも、どんどんアップデートされていく日々。
賞味期限付きの豊かさと幸せと共に生きる。
そう、それが人生のラットレース。

そんな不毛な車輪生活。
それが終わりを告げるわけです。
終わりを告げる?
いや、もう終わってる。
もう、お仕舞い。

そして始まっている。
既に始まっている。

今は?
潮目。
潮目です。

潮目の只中にいる。
真っ只中にいる。
だからこそ次の潮に乗るための準備をしなければいけないわけです。
うかうかしていたら今までの潮に乗ったままになる。
それが二極化の一端。

今まで当たり前だった資本主義経済の嘘に気付くこと。
嘘が嘘であることを知ること。
世界を見抜いていくこと。

そして、もう目の前にある潮に乗る。
心の底に埋もれていた感性に従って飛び移る。
テクニックは必要ありません。
必要なのは感性です。
そしてその先で必要なものも感性です。

感性主義経済とでも言うのでしょうか。
煽られることもなく、必死に豊かさや幸せを求める必要のない日常。
ただ自分の感性に委ねる。
感性に委ねて舞い踊る。
そんな世の中が当たり前になります。
もうすぐ。

※こちらの記事の内容もご参考くださいませ
人は一体何のために生まれてきたの?〜その① 個性〜
人は一体何のために生まれてきたの?〜その② 成熟〜
人は一体何のために生まれてきたの?〜その③ シンプルに愉しむ〜
人は一体何のために生まれてきたの?〜その④ 仲間〜
人は一体何のために生まれてきたの?〜その⑤ 自己表現〜

2月9日(土)10時〜15時30分 イマヲカフェ@住吉
☞店舗を借りてカフェをします。コーヒーとか(多分)ホットドッグとか提供します。

2月10日(日)11時〜12時30分 イマヲカフェ会@中洲
☞昼間から酒を飲みつつ色々語ります。参加費500円。

LINE@の登録はコチラから☞登録はコチラ

・Facebook☞個人ページ

・イマヲコンサル☞サービスの内容を紹介

・FBページ 寺子屋 mobile ☞人生を歩む上で大切なことをシェア
ぜひ、いいね!を押してフォローしてくださいませ。

最新情報をチェックしよう!