いざ、高千穂の峰へ〜瓊瓊杵尊と黒豚のトンカツ〜

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

「ニ・ニ・ギ…」

事の発端は、とあるミエル方の一言。
何やら提灯みたいな“ニニギ”という文字が僕の左肩の上に見えるとのこと。

スクリーンショット 2019-01-31 17.21.03

こんな感じ?
とりあえずニニギ以外のことは分からない。
ニニギさんと言えば高千穂だから折を見て鹿児島に行こうかな?くらい。
別のミエル方に聞いたら、

「今そっち方面に行くのは危険だ」

みたいなことを言われましたけどね。
何なら命に関わるとか何とか。
おーこわ!
もう行っちゃいましたけど。

というわけで。
行ってきました高千穂の峰。
有名な高千穂峡は熊本と宮崎に跨る場所ですが、峰の方は鹿児島の霧島にあります。
予定はこんな感じです。

06:00 博多発🚅
08:00 鹿児島中央発🚗
10:00 霧島神宮⛩
11:00 高千穂の峰(天の逆鉾)🗻
15:00 霧島東神社⛩
16:00 塩浸温泉♨️
17:30 トンカツ
18:30 鹿児島中央発🚅

ミッチミチのスケジュールです。
あまり遅くなるのもアレかな?と思って、とりあえず取ったチケットに合わせたらこうなりました。
少しでも遅れたらトンカツがトぶリスクがある恐怖のスケジュールです。
命の危険云々の話より、トンカツ食べられない方が困ります。
死ぬ気でスケジュールをこなさなければいけません。

そんな感じでスタートしたニニギの旅。
無事に4時半に起きて、無事に駅のミスドでドーナツ買って、無事に鹿児島中央着。
車をゲットして霧島神宮へ。

10BE24E2-8EFE-47F2-B962-212E24B1C009

霧島神宮への参拝は二度目、かつスケジュールをこなす必要があるのでサクサク進みます。
とりあえず目的のお神札をお受けしてから“ともだき”作り。
※ともだきについてはこちらを参照→たまいろ神社ツアー〜僕はミキを裏切らない〜

7B4BBEB6-F89B-422D-91B7-620DE1CF4F01

樹木側の意向もあるので片想いかもしれませんが、一応ともだき成立ということにしておきます。
そして前回来た時は知らなかった本殿の裏手にある山神社へ。

15089B98-B03B-45A6-86BE-C5418AE94235

静かで雰囲気がめちゃんこ良いんですけど、トンカツ食べられなくなるので長居はできません。
マイナスイオンより断然タンパク質派。
落ち着く暇もなく次の目的地へ急ぎます。
お次は今回のメインイベントの登拝です。
天の逆鉾までは険しい山道。
もちろん登山装備で挑みます。
先ずは麓にある霧島神宮の古宮で登山の無事をお願いしました。

6B35ABFD-9BE2-4C3C-BDD4-E3802BEB923D

それからはひたすら登ります。
途中から汗が吹き出てきたので衣替え。

37C29211-C4C1-460A-A41D-A9274266A221

髪を振り乱し、息を切らせ、汗を滴らせる。
これぞ体育会系参拝。
御朱印に一喜一憂するような軟弱な参拝の対極にあるスタイル。
険しい山には社務所なんてありません。
手水舎もお手洗いさえもありません。
火山特有の硫黄臭が鼻腔の奥を刺激するのを感じながら、ただ登る。
頂きを目指して、ただただ登るのです。

途中、少し休んで手作りのオニギリでパワーチャージ。
だいぶ足に疲労が溜まっています。
そして先を見据えるとこんな感じ。

スクリーンショット 2019-02-01 13.42.55

心が折れそうになりましたが、下山の選択肢はありません。
弱音を吐いている暇があれば足を進める。
そう、それが体育会系参拝。
ストイックにハイペースで登ること70分。
ようやく頂上に到着。

F380CA3E-3256-4685-8DC5-ABACF66DD1B4

ここまで来ると標高のせいか半袖は堪える気温です。
暫くは休憩なので長袖を羽織って景色を楽しみます。

D6061DB7-39ED-471C-A884-99CD1FC15F29

パノラマ。

4564F6FC-CEAD-4911-B5C7-C031B292FCDF

天気も良くて、静かで、幻想的な雰囲気さえ漂っています。
ゆっくり過ごしたいのは山々ですが、スケジュールをこなさなくてはいけません。
これだけ苦労して登ったんだから、ご褒美のトンカツを食べられないなんて有り得ません。
せっかく70分もかけて登ってきましたが、頂上の滞在は15分。
サクッと下山します。
スケジュール至上主義のスタンスの甲斐あって、ここまではすこぶる順調。

「下山も頑張ってタイム縮めたろ!」

と、鼻息荒く歩みを進めていたら見事に滑りました。
足場は石がゴロゴロですからね。
さすが火山。
そりゃ滑って転んで擦りむくのも当然。
幸い足は痛めなかったので、それなりのペースで気をつけながら下山。
1時間弱で麓まで降りてきました。
登山の無事をお祈りした古宮では、

「命に関わる怪我をせずに済みましたぁ!(擦りむきはしたけどね)」

と礼儀正しくお礼を言って下山完了。
駐車場で缶コーヒー飲んで少し休憩してから次なる目的地の霧島東神社へ。
ここは特に汗をかくことも、滑って転ぶこともなかったので説明は割愛。
ササッと参拝を済ませて帰り道にある塩浸温泉を目指します。
塩浸温泉は、かの有名な坂本竜馬夫妻が旅で立ち寄った温泉ですね。
温泉玉子がありましたが、トンカツを美味しく食べるために腹ペコにしておきたいのでスルー。

9CA73BAC-A6C2-4480-85A8-D501066AABD9

こちらは鶴の湯。
鶴の銃創を治してしまうらしい。

BE5AFBE0-C13A-44A1-9EDC-184C9831F805

こちらは同じ浴場内にある塩浸の湯。

4E7ACFA8-0AFC-4E26-AA65-9FAAA2F0AF70

登山の疲れと擦り傷を癒して、いざ帰路へ。
スケジュール通りの順調なペースで鹿児島中央駅へ到着。
最後の目的地の“かつ寿”へ向かいます。
頼んだのはロースカツとヒレカツのセット。

C12DF6C8-7B4F-4910-9FC9-A52E62B012F1

まじ美味い。
特にヒレ。
まじ美味い。

さてさて。
ミッチミチのスケジュールを完璧にこなし切りました。
危惧していた命の危険もなく、神社でリフレッシュして、火山でパワーを頂いて、温泉で癒されました。
黒豚のトンカツも堪能して、まさにパーフェクト。
さすがに博多駅の階段を降りる足はプルプルしていましたが、充実した一日でございました。
お家に帰ってニニギさんのお神札をお祀りして旅は完了。

51CA3DDB-1133-4AD4-843A-267D0C973ABF

スピリチュアルあり、登山あり、グルメありの鹿児島旅行。
次回は一泊して、ゆっくり楽しみたいと思います。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る