え?まさか…神棚お祀り、してない…の?

「僕は神様がミエナイ」

左脳系スピリチュアリストなるものを名乗っていたことがありますが、言葉を変えると”ミエナイ世界の知識だけはある人”とでも言いましょうか。
エロ知識だけ豊富な耳年増的な?
知らんけど。

さて。
ミエナイからこそ焦がれる。
焦がれるからこそ知りたくなる。

積み重ねる知識に応えることもなく相変わらずミエナイチカラ。
想いは募るばかりで、気づいたら本棚から本が消えていました。

426B3B06-0C3F-42C3-AF33-FA2CC51B85D0

と言うわけで。
今回はご家庭の本棚を神棚にリフォームしたくなる話をしたいと思っております。

先ずは基本的なお話。
お神札(おふだ)やお守りの数え方は体(たい)です。
体と言わないと叱られる神社が出雲にはあるので注意が必要です。
参考☞人の幸せを願う出雲の旅路 7

ちなみにお神札やお守りは”買う”ではなく”お受けする“と言います。
お神札の祀り方としては、三社造りの宮形(神棚に据える神社の建物を模したもの)が基本です。

三社の場合、真ん中に神宮大麻(じんぐうたいま、正しくは「おおぬさ」)と呼ばれる天照皇大神宮(てんしょうこうたいじんぐう)のお神札をお祀りします。
皇大神宮は伊勢神宮内宮の別名ですね。

そして向かって右側は氏神神社・産土神社・鎮守のお神札です。
左側が崇敬神社のお神札。

スクリーンショット 2019-01-07 10.35.53

一社造りの宮形の場合は手前から神宮→氏神神社→崇敬神社の順番に重ねます。
もちろん三体お祀りしなければいけない、というわけではないです。

kami0113

きっと知らない言葉だらけだったでしょう。
解説します。
氏神神社・産土神社・鎮守については、ざっくり地元・近所の神社という理解で良いと思います。

一応軽く解説すると、氏神は蘇我氏とか物部氏などの氏族が祀っていた神社のことですね。
祭祀を司る(神社を管理する)一族がいて、それを支える氏子がいるのが基本です。
たまに神社に行くと氏子会の会員さんがハッピを着て祭祀に参加しているのを見かけます。昔は宮司も含めて村人全員が氏族というのが当たり前でしたが、今ではかなり希薄になっていますね。

氏神神社は血縁が関係していました。
一方、産土神社は地縁が関係します。
産土神は生まれた土地の神様で、一生涯その人を守ると言われいます。

ちなみに。
生まれた土地ではなく、魂が宿った土地だと個人的には思ってます。
正確なところは分かりませんが…。

鎮守は建物や地域を守る神社のことです。

“博多の総鎮守お櫛田さん 櫛田神社”

みたいな紹介をされてますね。
こんな感じで。
神棚の左側(向かって右側)を一言でまとめるなら”縁”です。

次。
右側(向かって左側)の崇敬神社。
文字通り崇め敬う神社です。
個人的な信仰の対象と言う表現もされますが、氏神とか氏子とは関係のない氏神神社以外の総称という捉え方でも構わないでしょう。

言葉の定義は置いといて。
要は、生まれた場所とは関係ないけど、お祀りしたい好きな神社。
という感じで良いかと思います。

こちらの画像が初期の神棚ですが、セオリーに従ってお祀りしています。

IMK03487

センターが天照さん、左が鎮守の住吉神社(住吉に住んでるので)、右が崇敬の警固神社。
でも、今はこちら。

センターは天照さん、左が須佐之男命の八重垣神社で、右が地元の橿原神宮。

八重垣神社(島根県松江市)は出雲にある神社。
御祭神は須佐之男命で、僕の産土神でもあります。

でも、僕の産土神社は地元の橿原にある素盞鳴命神社。
小学校に行く途中の丘にある無人の神社ですね。
お神札をお受けできないので、代わりというわけではないんですけど八重垣神社をお祀りしています。

余談ですが。
イマヲカシの苗字の今岡は出雲の姓。
左のテーマでもある”縁”な感じを醸し出しております。

そして中段が出雲に所縁のある神社です。
(今現在2021/1/8は違うお神札をお祀りしています)

IMG_9925

僕の産土神が須佐之男命ということもあって出雲に関係する神様です。
左にお祀りしているのが少彦名大神。
大国主命の国造りをお手伝いした神様です。
一寸法師のモデルになった神様でもあります。

右が出雲にある佐田神社で、御祭神は猿田彦大神です。
猿田彦さんは天孫降臨の際、瓊瓊杵命を案内した神様ですね。

以上が中段になります。
そして下段。

IMG_9925 2

左がお気に入りの弁財天さん。
またの名が市杵島姫命で、須佐之男命の娘さんでもあります。
右側が鎮守の住吉神社ですね。
真ん中には福岡にある鷲尾愛宕神社でお受けした御幣を置いています。

さらに、その下。
こちらは美保神社でお受けした大黒さんと恵比寿さんの金神像。

IMG_9925 3

以上。
です。

もともとお受けしていたお神札を配置して、現在のフォーメーションになりました。
もう少し洗練させたいな、と思いながらも、まぁまぁ良い感じなので徐々に整える予定です。
猿田彦さんが気になりながら総本社に行けてないので、三重の椿大神社にお詣りに行きたいなぁ、とか?
ゆくゆくは鹿児島の方面にも足を伸ばしたいなぁ、とか?

【追記】

今は鹿児島の霧島神宮のお神札をお祀りしてます。
椿大神社にも行って祈願してもらい、お神札も頂きました。

といった感じでマニアックな内容となりました。
ここまでしなくても、家に神棚を置くのはオススメです。
オシャレでシンプルなのも売ってますからね。

1ec114a736c190c0e02e65e90a1058665c58d541

神様がいると思うと部屋もキレイにしたくなったりして何だかんだ場が整います。
毎日、神様に手を合わせて生かされていることへの感謝の気持ちを伝える。
こういう習慣を持つことで心も整うでしょう。

ミエルモノとミエナイモノを整えて清々しく過ごす。
そんな余裕を持つことも必要かと思う次第です。

____________________________________________________

【イマヲカシからのお知らせ】

・Kindle本を出したぞ☞発揮せよ、個性。
(Kindle Unlimitedで読めます)

・個人向けコンサル☞イマヲコンサル

・3ヶ月以上の継続コンサル・コーチング☞いまをか私塾

・世界一周カフェ巡りフォトブックとか売ってます☞いまをか市

・たまに書いてます☞note

・最近は放置プレイ☞Instagram(世界一周のカフェ写真など)

・お問い合わせ☞imaokashi@gmail.com

最新情報をチェックしよう!