え?まさか産土神さまへの感謝、してない…の?

え?まさか産土神さまへの感謝、してない…の?

いつもたまいろ神社ツアーでお世話になっている朱美さんの八百万の神様に元気でいてもらう企画です。
ぜひ、この機会に産土神さまに感謝の気持ちを伝えてはいかがでしょう?

さて。
産土神さまに感謝、してますか?
え?してない?
いつも見守ってもらっているのに?
マジっすか?
マジ、マジっすか?!

なんてことを偉そうに言える立場にはありません。
かく言う僕も産土神なるものを知ったのが一昨年?
その時に教えてもらったのですが、僕の産土神さまは須佐之男命とのこと。
奈良の実家近くの神社が素盞鳴命神社なので、その神様が僕を守ってくれているようです。

4513435b3528a024d2ced09cf8dcedd1

ちなみに3人のミエル方々から同じことを言われています。
最初に言われた時点で信じ切っているのですが、300%確信するに至っております。
余談ですが、僕の過去生は7人のミエル方々からチベットの僧と言われています。
最初に言われた時点で信じ切っているのですが、700%確信するに至っております。

はい。
話を元に戻します。
産土さんは、だいたい生まれた場所の近所の神社の神様です。
ただ色々パターンがあるみたいですね。
魂が宿った場所とか?胎内で過ごした場所とか?病院とか?
まぁ、詳細は神のみぞ知る、といったところでしょうか。

その産土神さまは基本的に一生涯守ってくれる存在。
ゆりかごに入る前から墓場に入る前まで、的な。
それだけお世話になるんだから感謝しても仕切れない。
感謝しかない。
そう、感謝するしかない。

「感謝したからといって…ねぇ…」

と言う斜に構えたご意見は全力でウッチャリまして兎にも角にも感謝。
何に期待するでもなく感謝。
ただただ、感謝。

でも、感謝していると何か良いことが起こるかもしれないですね。
感謝の気持ちで元気になった神様が何かプレゼントしてくれるかもしれない。
例えばオーストラリア人嫁とのご縁とかね。
ニアミスでニュージーランド人嫁とのご縁もあるかもしれない。
ね?須佐之男命さま?ね?ね?

さて。
我欲にまみれた期待をしてはいけないと言う悪い例をお示ししました。
感謝ではなくオネダリになっちゃいますからね。
見守ってくれているのに、さらに国際結婚のオネダリなんて虫が良すぎます。
オネダリするなら相応のことはしないとね。
例えば社殿の改築とか?
鳥居の建立とか?
とかとか?

どこまでが冗談かは置いておきまして。
本気で社殿の改築は目指しております。
残念ながら近所の素盞鳴命神社は寂れてしまっているのです。
朱美さん曰く、須佐之男命さま本来の力の1/60くらいになっているそうで。
素盞鳴命神社が、再び多くの人で賑わう一助となることを誓ってから、僅かに復活はしているかと思いますが、まだまだまだまだまだ…。
世界に名を轟かせて故郷に錦を飾るとともに、胸を張って綺麗になった社殿にお詣りしたいと思います。
ブロンドでボン!キュッ!ボンッ!のオーストラリア嫁と一緒に。

と言うわけで。
一刻も早くハーフの孫を両親に抱いてもらうべく気合を入れていきたいと思います。
皆様におかれましては、くれぐれも我欲にまみれることのなきように。
ただ、感謝。
ひたすらに感謝。
ぜひ言葉にして、感謝。

「わたしの産土神さま、いつもありがとうございます!」

IMG_7984

LINE@の登録はコチラから☞登録はコチラ

・Facebook☞個人ページ

・イマヲコンサル☞サービスの内容を紹介

・FBページ 寺子屋 mobile ☞人生を歩む上で大切なことをシェア

最新情報をチェックしよう!