人は一体何のために生まれてきたの?〜その③ シンプルに愉しむ〜

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

E7A5D657-CF7F-4DC9-8672-6C8FE84A1DC2

その①個性その②成熟も大切な要素です。
ですが、シンプルに愉しむことが1番と言えば1番でしょうか。
より愉しむ為の下地が必要なので、その下地に関して書いてはみましたが。
個性を発揮できなくても愉しみきれない。
エゴに支配されて一歩踏み出せなくても愉しみきれない。
これは人生に関する知見としては間違ってはいないでしょう。

尖った個性と成熟した人間性。
これらを追求すべきテーマとして持てるかどうかで愉しさの深みも変わってくるわけです。
世界一周している間に思っていたことですが、学生の時にする世界一周と、ある程度年を重ねてする世界一周は違います。
色々な知識や経験を蓄えて見る世界が崇高だとも言い切れないですが、やはり受け取れる価値に重みがあるでしょう。

さて。
シンプルに愉しむこと。
これは元々愉しいことを楽しむこと以外にも当てはまります。
一般的に愉しめないようなことも視点を変えて愉しむ。
これは経験の乏しい人にはできないことです。
多くの視点を持つことで、一見すると楽しくないことも愉しむ。

考え方の一つとして、ゲーミフィケーションがあります。
取り組むことをゲーム化して面白くするわけです。
誰かと競争してみたり、達成するまでの時間を拘ってみたり。
ゲーム感覚で取り組むことは、我を忘れて没頭することに繋がります。
単調でつまらないことにも、面白さを見出すことで豊かな時間になることは間違いありません。

ゲーミフィケーションに関してはシンプルな愉しみではありますが、愉しめるようになるまでの過程で知見が必要になります。
この視点を取り入れると、やはり知識や経験、知恵は必要となるでしょう。
もちろん。
何も考えずに愉しむことも大切です。

ディズニーランドでハシャいでみたり。
自然の中を駆け回ってみたり。
映画鑑賞や観劇をしてみたり。

頭を空っぽにして愉しむ。
ストレス発散としての位置付けになりがちですが、より人生を愉しむ為のエッセンスとして取り入れるのが良いでしょうか。

そもそも社会の中でストレスを溜め込むのが不自然なこと。
過剰なストレスが過剰なストレス発散を求めることになっているのも不自然なこと。
社会と上手く折り合いをつけていれば、過剰なストレスは溜まりません。

社会を悪にしてしまう。
人間関係を悩みの種としてしまう。
ブラック企業と位置付けて目の敵にしてしまう。

これらは簡単なことですが、その選択をすることでストレスの原因になっているのも事実です。

社会の決まり事を上手く利用して世を渡ることはできます。
人間関係を良くすることは本を読んだり、人から学ぶことで可能です。
会社の嫌な仕事もゲーミフィケーションで愉しくすることができます。

これらの工夫をすることでストレスの捌け口を純粋に愉しむことに変換することができます。
脳内で快楽物質を分泌させるだけさせて、その後現実に戻ると意気消沈。
多くの人が、サザエさん症候群に似た症状を多かれ少なかれ経験していることでしょう。
これは健全とは言えないこともまた、多くのことが認識しているのではないでしょうか。

シンプルに愉しむ。
大人になると以外と難しいことになりがちです。
ただ、大人になってもシンプルに愉しむことを日常で出来ている人はいます。
それもまた事実です。
その事実を知りながらも、そこから目を背けて社会の枠組みに埋没し続ける。
健全とは言えない状況かと思います。

「会社辞めろよ」
「離婚すればいいじゃん」
「さっさと絶交すれば?」

みたいな主張をしたいわけではありませんが、それもまた一つの選択肢。
昔に比べて日常に愉しさが減っていると感じている人は、決断した方が良いでしょう。
より愉しい人生を歩む為の決断を。

人生は楽なことばかりではありません。
山も谷もあり、落とし穴もあります。
それでも、向こうからやってくる試練を愉しみながらクリアしていけます。
誰もが人生を愉しむことができます。
苦労した思い出も、居酒屋で仲間と話す笑い話にできます。
誰にも話せないような状況。
誰にも話したくないような経験。
そんな環境を脱することで、新しい道は開けます。
その道を拓いていくこともまた、人としてのテーマではないでしょうか。

今、この瞬間を笑顔で愉しむ。
今、この瞬間、昔の苦労を愉しむ。
今、この瞬間、未来予想図を愉しむ。

シンプルに今、愉しみましょう。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る