貴方のエゴちゃんの色は?僕のは…

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

51Ws-LhpWIL

知らんけどーー!!!

はい。
エゴちゃんブログも新たなステージに入りました。
もうダークサイド云々の話は一通りしてきた感じがありますからね。
もう少しエゴちゃんを捉える視点を増やして行こうと思います。

魂に関しては、色々語られていますから端折ります。
胎児に宿る前から魂が人生の目的を持っている、ってやつですね。
そして、エゴちゃんの色。
僕は最初は透明と思ってます。
限りなく透明に近い?という感じかな?
少し前までは最初、エゴは全く無い。
エゴちゃん不在という考えだったんですけどね。
魂が宿ったと同時に、ピュアなエゴちゃんも宿るのかな?って思い直してます。

さて。
エゴちゃんの色、ということで。
今までの僕のイメージでは黒。
真っ黒。
闇。
深い闇。
って感じだったんですけど、エゴちゃんに呑まれていない時は色を持ってると思うんですよね。
オーラの色をイメージしてもらえば良いかな?
性格を現すとか、チャクラがどうのとか、全然考えてないですけど。

ちなみに。
僕は青が好きだったり、霊感のある人から深い海の色が視えるとか言われたりするので、イメージは深い青。
ディープブルー。
知らんけど、とか言ったけど。
そんな感じ。
例えば熱血漢だったら真紅とか?
ピュアな人は白とか?
色っぽい女性は桃色とか?
ミステリアスな人は紫とか?
カレー好きは黄色とか?
そんな感じ。
適当だけど。

とにかく。
その人の個性を表すような色を持ってます。
それはエゴ無くしては生まれない色。
そして常に変化する色。
朱に交われば赤くなる。
鮮やかであればあるほど自分らしく生きている。
そんなイメージです。

しかし!
ダークサイドに堕ちてしまうと、その色に墨が落とされます。
闇を深める度に、一滴、そしてまた一滴。
気づいたら鮮やかな色は何処へやら?
その人らしさも何処へやら?
個性は個性として残りますが、気性の激しい獣のような雰囲気に。
その時には目付きが変わり。
言霊も汚れてしまっています。

ただ、常にその状態が続くわけではありません。
全く何も考えていない時やリラックしている時はマシにはなるでしょう。
でも、それはマシになっているだけ。
その状態の時に心から憎んでいる人と相対すると一気に豹変。
底の方に沈殿していた深い深い闇の色が一気にエゴちゃんを呑み込みます。
そしてまた、新たな墨を一滴。
エゴちゃんは闇の色を深めていくのです。

いかがでしょうか?
何となくイメージとしてはハマりますかね?
色と透明性とエゴの影響に関しては、もう少し工夫して表現してみます。
全体的に深掘りして行く予定ですが、今日はとりあえずこの辺にて。
ぜひ、Facebookへのコメント、メッセージでご意見を頂ければと思います。
宜しくどうぞ!


少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る