ダースベイダーの助け方〜序章〜

ダークサイドに堕ちる人が多い今日この頃。
ブームか何かなんですかね?
頑張って踏み留まれば良いのに…。
なんて思ってしまいますが、そう簡単にはいかないみたいです。
堕ちた方が楽ですからね。
自分のダメな部分を見なくて済みますから。
超楽チン。
相手を否定して、自分を肯定して丸く納める。
超楽チン。
自分を肯定し切れない時は徒党を組む。
仲間とつるめば超楽チン。

ちなみに。
徒党を組む事例に何回か出くわしましたが、一番タチが悪いパターンです。
共通の敵を作って、一緒に敵を貶めるネガティブキャンペーンを始めるんですね。
それが誰の目から見ても良くない話だったら、まだ構いません。
ただ、エゴちゃんに呑まれるとIQとEQが下がりますからね。
自分達のやましい部分は隠して、敵の攻撃材料になるようなことを盛って話題にするわけです。
そして、それがいつの間にか自分達の真実に。
ここまで来ると、元の自分らしい人格に戻るのは難しくなります。
どんどんどんどん敵の存在を大きくして、自分の正義を肥大化させていますからね。
もちろん。
自分達で大きくした敵は実際に存在しません。
人としては存在しますが、そもそも敵ではないですからね。
エゴに呑まれた人が受け入れられない意見を“たまたま”言ったに過ぎない通りすがりの人。
かわいそうな通りすがりの人。

さて。
ここまで敵を肥大化させてしまったらどうなるか。
もし敵がいなくなると自分を保てなくなりますよね。
悪ありきの正義ですから。
例えば。

「それ、アナタを想ってアドバイスしただけじゃないの?」

なんて指摘する人が現れたら一大事。
敵だった人の正体は、実は必要なお世話をしてくれていただけの良い人。

「そんなの認められない!」

認めたら真実が明るみに出てしまいますからね。
実際は自分の弱さと向き合えず、代わりに罪もない人を貶めていた真実が。
この真実をひた隠しにするために、せっせと敵を創り上げてきたわけです。
その強大な悪の分だけ、胸の内で育んだ正義。
正義は正義です。
それは間違い無いんですけど、悪という概念がなくなったら正義もなくなります。
そして残るのはエゴ。
闇の力を蓄えたエゴちゃんのお出ましです。

最初は小さくて可愛かったエゴちゃん。
ちょっとイラっとして、癇癪を起こしちゃったんですよね。
そして必要なお世話をしてくれた人を恨んだ。
耳が痛いのが辛いから、良い人を否定して敵に仕立て上げた。
その時は小さかったエゴちゃんは、悪口を共有する仲間を作った時に2倍の大きさに。
正当化する為の盛りに盛ったネガティブキャンペーンを始めてさらに2倍の大きさに。
そのキャンペーンで成功を収めて徒党を組むことでさらに2倍の大きさに。
いつ終わるともしれない倍々ゲーム。
そんなゲームを続けているうちに、2度と戻ることができないほど深い闇に堕ちているわけです。

そんな状況で、自分の正義を剥奪されるわけにはいきません。
闇に堕ちているのは相手という設定は死守しなければならないんです。
だから、

「それ、アナタを想ってアドバイスしただけじゃないの?」

という至極まっとうな意見を言った人まで敵認定。
終わることのないエゴちゃんを育てる倍々ゲームを続けるのでした。
オシマイ♪

はい。
こんな感じでダースベイダーが量産されるんですよね。

「ダースベイダーなんて大げさな…」

大げさな感じがしますか?
普通に性格がねじ曲がりますよ。
言動もおかしくなります。
もちろん表情も変わります。
人が変わるんです。
大げさではなく。
それこそスターウォーズの世界。
大げさではなく、ね。

程度の差はあれど、悪に手を染めます
当然、罪穢れを背負うことになります。
人間性も落ちるでしょう。
生き霊を飛ばすこともあるかもしれません。
本来の自分らしさは何処へやら。
もちろん。
自分の中にある弱さを認めて、敵に仕立て上げた人に心からの謝罪をするまで戻れません。

戻ったように見えても、また同じような課題が大きくなって必ず目の前に現れます。
その時に、もう一度同じことを繰り返すのか。
自分の弱さを認めて、課題をクリアできるのか。
追試があれば、まだ良いですけどね。
変化の激しい時代に律儀に追試が眼前に現れるのか…。
こればかりは、神のみぞ知る…というやつでしょう。

僕の感覚としては、現実的にもミエナイセカイからの話を聞いても追試どころじゃないでしょう。
今は完全に世界の流れが二極化に向かってますからね。
ダークサイドに堕ちて、もし追試に合格したとしても、既に二極に別れてしまっていたら手遅れですから。
その時に気付いて悔やんでも時既に遅し。
同じ時期に弱さと向き合って成長した人とは会うことはないでしょう。

そこで。
そんな人を少しでも少なくするために。
どんなことができるかな?
なんてことを書こうと思ったら文字数使い過ぎたので二部構成にします。
というわけで。
第二部でお会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!