スピの勘違い〜むかーし、むかし〜

昔でも何でもないんですけど。
僕もガチのスピ系っちゃスピ系なんですけど。
ただ、ガチの現実主義でもあります。
完全に半々で出来上がってるようで、常にどちらかに寄っています。
マーブルであり、太極図を模しているようであり、宇宙の理でもあり。

「宇宙の理?」

例えばのバランスの話ですが。
物質と反物質のバランスを崩す要素ですよね。
ヒッグス場の役割。
完全にバランスしていたら対消滅!
全部消えちゃう!みたいな。

ちなみに。
スピも科学もだいぶ混ざり合ってます。
量子力学の進歩でスピリチュアルのミエナイチカラが解明されていますからね。
ブッダが大昔に言ってたことが科学的なアプローチで分かった、みたいな。
一昔前のスピリチュアルと一昔前の科学を後生大事に抱えていると、絶対に時代に取り残されます。
ヤバいよ!ヤバいよ!

はい。
与太話はまたの機会にしまして進めます。
スピリチュアルな話になると出てくるキーワード。

・引き寄せたね〜♪
・龍の雲だ!龍神さまだ!
・お参りする度に何か起こるよね♪

等々。↑に関してはお好きにどうぞ、にしておいて。
今日のテーマは、

「必要な時に必要なものが運ばれてくる!」

です!
これを言う人によっては、

「⁇⁇⁈⁈」

ってなります。

・予定が不測の事態で変わった
・何度か会おうとして会えない人がいた
・何かを手に入れようとして手に入らなかった
・神社に呼ばれた
・神社にたどり着けなかった

みたいな。
まぁ、これもお好きにどうぞなんです。
言うのはもちろん自由なんですけど、元研究者の僕からすると根拠に乏しくない?ってなります。
統計とったか?ってなります。
ほんまかいな?ってなります。

別に本当でも勘違いでも構わないんです。
ただ、その前にちゃんと動いたんかいな?
って疑問はあります。
色々な経験を積んだ上で、

「こりゃミエナイチカラ働いてるとしか言えんわ!」

って言う流れなら良いと思うんですよね。
でも、必要と思った情報とか会いたい人とかに関して、

「必要な時に…」

なんて言い出してたらチャンス逃してまうで、って話です。
行きたいのに呼ばれてないと勘違いした神社に一生行けまへんで、って話です。

知りたいことは知りたい。善は急げ。
会いたい人に会いたい。善は急げ。
何かを手に入れたい。善は急げ。
閃いたら急げ!
急いで急いで善を手に入れろ!

そんな側面も世の中に存在することも忘れてはいけません。
例えば。
善は急げと思って行きたい神社に行く予定が三度もオジャンになった。
たまたまにしてはオカシイ…。
なんて思っていた時に不思議なチカラを持っている人から、

「行こうとした神社に辿りつかないなんてことあった?」

なんて言われたとすると、

一同「神社に呼ばれてねー!!!」

ってなります。
まぁ、そうなんでしょ。
信じるしかないでしょ。
そんなエピソードを経験した人が、別の神社に二度行こうとしてオジャンになっていたら、

「神社に呼ばれてないかも…」

って言ってたら全力で信じてしまいます。
これが研究者の端くれの普通の感覚。
端くれじゃなかったら、もっとデータ取れ!って言うかもしれません。
(データがないので)知らんけど。

さてさて。
スピリチュアルに寄り過ぎると見えていたものが見えなくなると言う話でした。
ミエナイチカラを見ようとして知らぬ間に色眼鏡をかけてしまう事案ですね。

「だから何?」

って話っちゃ話なんですけど、逆もまた然りってことも申し添えておきます。
ミエナイセカイとミエテルセカイ。
誰しもかけている色眼鏡。
たまに外して裸眼で世界を見ないとバランスを崩して迷走しちゃいます。
迷走するだけなら構わないんですけどね。
つまずいて派手にズッコケたら周りが心配しますしね。
足元には、くれぐれもご用心。

最新情報をチェックしよう!