トラウマについて お・し・え・て♡

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

150922_mitsuo_01

トラウマについて?
女性シンガーソングライターの歌を2~3曲聞けば分かるんじゃないですかね?
矢井田とか?椎名とか?あいことか?
西野カナのアルバム聴いて震えて眠れば解決してそう。
しらんけど。

とりあえず。
脈絡もなくツラツラと書くことにします。

人の心の素材はなくてあるようなもの。

柔らかく。滑らかで。
澄んでいて。輝いている。

硬く。荒れていて。
澱みがあり。くすんでいる。

ちょっとした言葉に折れる心もあります。
どんな苦境でも摘まれない心もあります。
元々がどんな心だったかはさて置き。
人生を歩む中で心は一瞬たりとも同じではありえません。
人との関わりや環境で常に変化し続けます。
これ、けっこう大切だと思ってます。

さて。
トラウマで問題になるのは心が傷ついたことによる悪影響。
行動に移そうと思った時にかかる心のブレーキです。
原因はこれまたエゴちゃんの登場ですね。
命を守るべく奔走するエゴちゃん。
自分の存在意義を維持するために働くエゴちゃん。
負けるなエゴちゃん!
頑張れエゴちゃん!
魂を縛り付けてでも自分を守るんだ!

「だ?! だ? 誰のために?」

というのが人間のテーマのうちの1つ。
自動的に思考を走らせるシステムはエゴちゃんによって作られるわけですが、大事なのは何のためのシステムか?ということです。
もちろん命のためですね。
火への恐怖がないと燃えて死にますから。
これは困る。
だから火が熱いと学ぶと火を避けるシステムを作ります。
火という情報を受け取ったら命を守るために逃避行動を取るんですね。
なので実際の火ではなくてもシステムが発動します。
ヴァーチャル・リアリティで炎が迫る映像でも見せられたら思わず逃げ出しちゃいますもんね。
まぁ、本物の火もVRの火も似たようなもんですが。
実際に大差ありません。

一方エゴちゃんは命以外でも大活躍。

男「あなたのことが好きです!付き合ってください!」
女「借金まみれのハゲおやじが勘違いしてんじゃねぇよ!」

男(37歳)の心は粉々に砕かれてしまいます。

自分には金がない。
髪もない。
人を幸せにする甲斐性もない。
そもそも生きる価値もない。
女性と話すことなんておこがましい。
自分なんて…自分なんて…。

これ、全部エゴちゃんのセリフです。
しかもセリフの内容が全て真実になってしまいます。
自分の魂を縛る鎖。
魂の価値とお金は関係がないのにも関わらず。
魂の美しさと髪の毛の関係がないのにも関わらず。

さて。
男性には見事にトラウマができました。
女性に好意を寄せると自分の価値が失われるというトラウマです。
もしかしたら人に対する好意に対して恐怖を覚えるかもしれません。
人を好きになるという尊いことが、自分の存在を脅かす恐ろしいことに置き換わってしまうんですね。
えらいこっちゃ。

こんな感じでトラウマが作られます。
ちなみに、さっきの男性が女性と出会わなければトラウマはできませんでした。
トラウマなんてのはそんなもんです。
自分の価値とは関係ないですし、貰い事故みたいなもんです。
それくらい、どうでも良いこと。
だからトラウマを解消しなくても問題なく人生を送れます。
が。
全然愉しくないです。
高所恐怖症。
動物恐怖症。
恋愛恐怖症。
色々なものに恐怖を覚える人生なんて愉しくありません。
世の中で恐いのは地震、カミナリ、火事、おやじくらいでしょうか。
それ以外の恐怖は幻想です。
高い場所は見晴らしが良く、
チワワの瞳は純粋で、
恋に落ちることは美しい。
恐怖は魂を縛る幻の鎖。
ミエナイからこそ強く縛りつける強固な鎖です。

トラウマの正体は分かりましたね。
説明するまでもなかったくらいでしょうけど。
では、トラウマをどうやって解消するか。

内観
ヒーリング

とか?
内観だー!って気合入れなくても、やたら感謝してりゃ到達しそうですけどね。
全ての経験に感謝するだけ。
チョロいな。
前回の記事で書いた過去の書き換えを丁寧にやっても良いでしょうか。
反発しがちな人へ~受けては流す心の合気道~

とにかく自分の内面にじっくり向き合えばけっこう解決できます。
やらなきゃ損々♪ってやつですね。

あともう一つのヒーリング。
これは心理カウンセラーとかスピリチュアルヒーラーとかに頼る方法。
説明は省きますが、心理療法やミエナイチカラを使う手もあるってことです。
僕のオススメは内観して内観して内観し尽して、過去の辛い経験にも感謝してからミエナイチカラを頼るのが良いかと思います。
心が軋むような辛い失恋の直後にヒーラーに会いに行って解決して、その日の夜に違う恋に落ちてるとか味気ないですからね。
人間は辛い経験をすればするほど魅力的になるので、必ずしもヒーラーに頼ることが正解とも言えません。
ただ、記憶にはない頃の傷を癒すにはヒーラーの力を借りなければいけません。
思い出せない過去の傷を癒すことで恋愛に踏み出せるようになった話なんてザラですしね。
ミエナイチカラを信じて初めて見ることができる景色もあるんです。
信じない人には死んでも見れない世界。
信じる者は救われる世界というのも、また真理。

あとは自分を褒めまくるのも手ですね。
心の傷は前向きな気持ちで埋められる場合もあるので。
自分しゅごい!って毎日言い聞かせたり、人に褒められたことを遠慮なく受け取ってみたり。
自分の凄い所をみつけまくって、自分で自分を褒めまくっていれば自信がついて何でもできるようになります。
自分で自分を褒めるだけでも効果的ですが、やっぱり褒められることも重要です。
ちなみに褒められたいからと言って、

「私すごい?ねぇ、凄いでしょ?ねぇねぇ」

みたいなことを全方位にしていると悪口を言われるので気を付けてください。
自己承認欲求をありのままにしちゃうとキケンですからね。
僕自身は褒めてもらいたいとさえ思わなくなっちゃいましたが、褒めてもらうことが必要な時もあります。
そこはかとない不安感があったり、現状を変えたいのに動けない人には特に必要でしょう。
そんな時は周りの人を褒めまくりましょう。
自慢するのはなし。人の自慢話を引き出しましょう。
褒めて、聞いて、称えましょう。
もちろん逆に褒めてくれるかな?っていう期待もなし。
周りの人を徹底的に褒めてアゲるゲームに徹しましょう。
褒めるスキルを身に付ける遊びと思って取り組みましょう。
1カ月もやってれば誰からも認められる褒め上手になります。
そしたら褒め上手を褒められるんじゃないですかね?
もちろんあざとい褒め方は嫌われます。
本当に感じた相手のステキな部分を心から褒めるんです。
慣れていない人は難しいですけど、取り組む価値はあります。

さてさて。
毎度々々エゴちゃんが登場する人間の悩み系テーマ。
続けて読んで頂いている方は、いかにエゴちゃんと向き合うことが大切かということが分かってきたのではないでしょうか。
ちなみに自慢させて貰うと、僕はだいぶエゴちゃんと仲良くできてます。

私”が”一番だ!
私”が”先だ!
私”が”!私”が”!

って考えさえもしなくなりましたから。
私”も”あたなた”も”尊いって心の底から思えてますから。
よく言われることですが、参拝した時にあるご神体の鏡の話。
鏡に向かい合い「が」をなくしていくことで”かがみ”には”かみ”が映ります。
“が”を削ぎ落すことで、エゴと向き合うことで人間は神に近づいていくんですよね。
余談ですが、昨日も仲良くしている占い師に、

「アドバイスするのも恐れ多いです」

なんて言われてます。
ほぼ神様みたいになってるみたい。
しらんけど。
そろそろ

「私こそ”が”神だ!」

なんて言いだしかねないですけど、それもまた一興。
人間だからこそ持てる”が”も人生の醍醐味。
エゴちゃんと手を取りながら、たまのワガママに付き合う感じ?
いつも振り回されるエゴちゃんは可愛がれませんが、たまにウズウズするエゴちゃんは愛おしくなります。
それまでは自分をシッカリ赦して生きましょう。
なかなか簡単に神様には近づけないですからね。
相手を傷つけることもあれば、自分が深く傷つくこともあります。
ワガママになることもあれば、認めて欲しくて狂おしい夜もあります。
何度でも躓いたっていいじゃないですか。
にんげんだもの。

いまを

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る