引ーきー寄ーせーだー!!!(X JAPAN風)

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

Mitsuha_taki_meeting

みなさん。
引き寄せ、してますか?

「こんな偶然ありえない!引き寄せたね!」

なんて会話が耳に届くこともしばしば。
引き寄せの法則がだいぶ市民権を得てきたことを実感する次第です。
ちなみに僕はスピリチュアル大好き男子。
もちろん引き寄せの法則は知っています。
でも、引き寄せの法則とは一定の距離を保っています。

「引き寄せたね♪」

という言葉は殆ど滅多に使いません。

僕は自他ともに認めるスピ系男子ではありますが、同時に極左でもあります。
左脳も右脳も左脳なんじゃないかというくらいの極左タイプ。
考え癖があって、分析癖があって、暇さえあれば論理展開。
なので事実に対して客観的な評価を下しがちなんですよね。

引き寄せの法則を使ったから、とある出来事が起こった、のか?
たまたま、とある出来事が起こった、のか?
運命の悪戯で、とある出来事が起こった、のか?
努力の結果、とある出来事が起こった、のか?
神社の御利益で、とある出来事が起こった、のか?

サクッと考えて僕は結論付けます。
 運命の悪戯で、
 とある出来事が起こったのは、
 努力が実を結んだだけでなく、
 努力を認めてくれた神様の後押しのお陰。
 たまたまかもしんないけど。

もちろん引き寄せの法則を信じて実行して引き寄せたと信じた人は、

「また引き寄せちゃった♪」

って付け足しても良いと思います。
自分の解釈が全てなので存分に引き寄せてください。
グイっと、ね。

さて。
ここからが本番。

「やだー!コレ!ひーきーよーせー!」

と声高に叫ぶのは良いでしょう。
引き寄せちゃったものはしょうがない。
でも、その声に隠されてしまったものがないか考える余白も必要です。

それは自分の努力かもしれません。
それは神社の御利益かもしれません。
それは他の誰かの厚意かもしれません。

引き寄せという法則に隠されてしまう、この世に存在するもう一つの因果応報の法則。
人としての生き方を考える上で、こちらの法則の方が大事です。
自分の思考や言動や行動は因果応報の起点です。
考えた時点で、口に出した時点で、行動に移した時点で種が撒かれてしまいます。
もちろん引き寄せの法則も例外ではありません。
その種は芽吹き、成長し、花を咲かせます。
種のままで存在し続ける可能性は0。
否が応でも花は咲きます。
どんな種を植えるかで未来が確定してしまうわけです。
気付きながら種を撒くならまだしも、殆どの人が無意識に撒いています。
そして醜悪な花が咲いた時には、他の誰かのせいにしてしまいます。
そして見事な花が咲いた時には、引き寄せの法則を持ち出します。

美しい花が咲く理由

引き寄せの法則なんかより着目すべきはソコです。
引き寄せだ何だと一喜一憂するのは、その後です。
一喜一憂して大事なモノを見落とす人は、神社の御利益に対しても同じことを言います。
神社にお参りして御利益がなければ神はいないなどと嘯く。
神社にお参りして御利益があれば参拝した甲斐があったと喧伝する。
本当に大切なのは明確な意思を持って種を撒くことと気付きもしないで。

引き寄せの前にすべきこと。
明確で大儀のある3方良しの未来を思い描きます。
その未来を未だ来ていない現実と強く認識します。
そして、その未来に必要な種を撒き続けます。

謙虚
感謝
利他
真善美
大いなる愛

思考し、感情を感じ切り、言葉に出し、全力で行動します。
愛を胸に瞬間々々を生き切ります。
そんな日々の中で、どうしても叶えたいビジョンが湧いた時に引き寄せの法則を意識します。
そして、思い描いていた通りの結果が疑いようもなく引き寄せられた時に初めて引き寄せの法則を感じれば良いでしょう。
もちろん、自分を中心とした世界に感謝した上で。

僕は言うでしょう。
自分が思い遣り続けた人の前で。
自分のことを思い遣り続けてくれた、その人は言うでしょう。
心からの一言を。
愛を込めて。

「「引き寄せたね」」

と。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る