酒の力の是非について問う!

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

181F5884-5152-472C-8747-E6DF5C8F693A

是。以上。

これ以上の議論は必要ありません。
非の意見なんてあるの?ないよ!
とは、個人的に思うところですが世の中には賛否両論あるんでしょうね。

テーマの前提を聞いてないのでアレですけど、要は酒の力を借りるのはずるくない?
みたいなところでしょうか。
酒気帯び状態の時の判断って、その人のものじゃなくない?
的な。
このことに関しては確かに一理あり。
例えばお酒の力を借りて勢いをつけて女性に告白したとして、

「本気ならシラフの時に口説いてね♪」

みたいな返しをされそうです。
理解できなくはない。
けど、別に良くない?って感じです。
勇気を出して言うことに価値を置いてると、シラフで思い切って告白するのはステキかもしれません。
でも、好きな気持ちは変わらないわけですからね。
やっぱ、別に良くない?って感じです。
この例えの場合は女性の立場に立った時を想定すると、酒の力を借りることは非となりそう。

ちょっとシチュエーションを変えましょう。
お酒を飲まないと想いを伝えられない弱虫君が、お酒をグイっと飲みほ干して。

「好きです!付き合って下さい!」

っていう感じの漫画のワンシーンがあったような気がします。
これはこれでアリなんじゃないかな?
その勢いに押されて女性も。

「はい!よろこでー!」

という感じで愛を受けて止めてくれそうだけど。
そんな成り行きもナシじゃないよね?
という感じで、やっぱ酒の力を借りることについては価値観次第でしょうか。

ちなみに僕は酒の力を借りてもいいじゃん!派です。
酒気帯びの時の判断は正常じゃないとは思うものの、酒を飲んでいる時の判断がいつも正しいわけではないですしね。
要は何やったって自分で責任を取るわけですから。
大事なのはそこじゃないかと思います。

なので、酒に飲まれて理性も記憶もトぶくらい飲むのはNGです。
自分で責任を負える範囲の飲み方をしないと迷惑かけますからね。
散々飲んで散々暴れて思いっきり迷惑かけて覚えてませんでした、なんて恥ずかしいとは思わないんでしょうか?
それも失恋した後に自棄になって飲み過ぎるドラマみたいな展開なら弁解の余地もありそうなものですが…。
ちなみに僕なら弁解されても許しませんよ。

さて。
ここまでは雑談です。
大切なのはここから。
僕が人生を変えるためのオススメしている酒気帯びメソッドについてです。
以前LINE@に流しましたが、反応は上々でした。

①休みの日に昼から酒を飲む
②占いに行ってみる
③本屋で普段買わない気になった本を買う
④酒かコーヒーを飲みながら面白い未来を紙に書く
⑤買い物に出かける

という感じ。
これで人生変わります。
さらに一緒に導く人と飲むと変化は早いですね。
このメソッドで大切なのは頭を緩めることです。
昼から飲む機会の少ないお酒を飲むということだけで頭が緩みます。
普段占いに行かない人はさらに頭が緩みます。
明後日の方向から意見を言われてビックリしますからね。
つまり、いつも当たり前と思っている現実・現状に揺さぶりをかけてるわけです。
酒の効果で理性が弱体化していることも重要。
理性が弱ると、いつもは抑圧されている欲望が顔を出してきます。
やりたいと思っていたのに尻込みしてできなかったことに一歩踏み出し易くなるわけです。

もちろんお酒の勢いで大きい買い物をしてしまって、

「やっちまったー!」

てなるかもしれませんが、家を買うわけでもないのでリスクはさほど大きくないでしょう。
本当に大切な決断はお酒が入ってない方が良いかもしれませんが、買いそびれていた服を買う判断くらいならテキーラ煽って思い切って買っちゃってくださいよ。
ショーウインドーを通る度に憧れの眼差しで服を見つめる時間もったいないです。

このメソッドの良いところはルーチンから抜け出すことです。
お酒を飲むこと、酒の勢いで決断して何かを買うこと、何かを買うことでセルフイメージを変えること。
全てが非日常になります。
昼から夕方くらいまでかけて非日常にトップリと浸かれば、今までの日常に違和感を覚えるでしょう。
日常がオカシイわけではありませんが、日常に潜む常識は必ずしも正しいわけではありません。
ドイツに行けば朝からビール飲んでるのは当たり前ですしね。

F9BAF20A-330D-4387-BCCD-A044A74D7840
日本での長期休暇は諸外国の短期休暇みたいなもんですしね。
日本で生きているからには日本の常識に合わせる必要がある気がしがちですが、そうでもありません。
日本人らしくなく生きれば良いだけです。
会社で白い目で見られたとして大したことはないですし、居心地悪ければ辞めれば良いだけ。
辞められない理由は大したことないわりに、辞めないことで現実となる未来は必ずしも輝いているわけではありません。

日本人は真面目ですから、問題を針小棒大に捉えがちです。
色々な問題に対して深刻な顔をして悩んでいる人がいますが、

「言うほどか?」

て感じ。
なので酒気帯びメソッドを繰り返して行き着くところは、今まで重大だと思っていたことに対して、

「言うほどか?」

と思える価値観の獲得です。
こんな感じになれば、もはや酒気帯びメソッドが必要なくなります。
今まで自分を抑圧していたモノの正体に気付き、今まで隠していた本音を出せるようになります。
全てが自由であることを確信し、全てに責任を負う自信が付きます。
そのために必要な第一歩は何でも良いのですが、その一つとして昼からお酒を飲むことは難しくないでしょう。
最初はお酒の力を借りて、我慢していた憧れの服を思い切って買うところから。
その次は、諦めていた長期旅行の予約をするところから。
そして、何にも縛られずに生きていくところまで。

ちょっとした目的を持って昼から美味しいものをツマミにビールを一杯。
できれば夢を応援してくれる気の置けない仲間と一緒に。
人生は思っている以上に彩りが豊かですよ。
そして美しく輝いています。
その彩りと美しさに気付くことを祈って。
乾杯。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る