食物連鎖の頂点にあると思われる「人間」は粛清された方がいいのか

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

hqdefault

ブログのテーマを募集した立場で言うのもなんですが、最初から香ばしいのが来ちゃいました。

【食物連鎖の頂点にあると思われる「人間」は粛清された方がいいのか】

ストレスでも溜まってるんですかね?
妄想が周囲に迷惑をかけてなければ良いのですが…。

さて。
どうやら粛清する側に付くかつかないかの瀬戸際ということです。
設定まで聞かなくても、こちらの妄想で対処できそうなので自由に書き進めます。

よくある都市伝説の類の話。
ムーとかアトランティスとかの超古代文明の末路がどうなったか知っとーと?
というところから話を始める感じでいきます。
では参りましょう。

要は人間様はよく間違う生き物なので、人間様より偉い人が

「エイヤ!」

の一声で文明がリセットされちゃったわけです。
同じ人間なのに殺して侵略したり、嘘の情報で巧妙に誤魔化して奴隷のようにコントロールしたり。
食品の添加物とか?ケモトレイルとか?水や種の管理とか?
核戦争もよくないですね。
地球がなくなりかねません。
ジェイムズ・P・ホーガンによるSF小説「星を継ぐもの」では他の惑星でも同じようなことがあったと書いてますね。
宇宙人も含め目に見えること、特に自分の存在を左右することに囚われると悪いことをしでかすようです。
もちろん自分は凄いんだ!偉いんだ!みたいなエゴに囚われてもアナキン・スカイウォーカーみたいになっちゃう。
もう、悪いことをするために生まれてきたかのような生き物です。

これはもう粛清するしかないですよ、マジで。
子どもに何度言い聞かせても、言うことを聞かなければゲンコツくらわせますもん。
あれが欲しいとか、これが欲しいとか、うるせーもん。
もう面倒臭いからゲンコツで黙らせます。

「エイヤ!」

ってな感じで。
殴られる方からすれば理不尽なんですけど、殴る方からすれば理に適ってます。

地球の話に戻します。
核戦争がこのまま進むと地球に生物が住めなくなっちゃう状況だとします。
その状況では人間様より偉い人は地震ボタンに手をかけているわけですね。
人間様が核のスイッチを押す前に決断を迫られるんです。
地球という星を残すか残さないか。
ボタンを押さないと死の星になります。
The End。
ボタンを推すと地震で多くの人が死にますが、核戦争は回避。
もしかしたら人類も全滅するかもしれません。
でも大丈夫。
偉い人は違う惑星から住人を連れて来られます。
もしかしたら魂の清い人だけ選別されて生き残れるかもしれませんね。

もし、そうであれば皆さん清い魂にならないと死んでしまいますよ?
ということは、魂の穢れた人を蹴落として生き残るためにも頑張って魂を磨く必要がありますね。
垂らされる雲の糸には限りがありますから。
ピッカピカに磨いた心を鬼にして蹴落とすんです。
何せ次の世の中を託された人間様の中の人間様ですからね。
普通の人間様とは違います。
何が何でも、生きねば。

ちょっと話を逸らしました。
ここまでが一般読者向けでしたね。
僕なりの妄想で背景をつくり終えました。
これからが本題です。

では参ります。
僕の個人的な意見としては、

「どっちでもえぇやん」

って感じです。
粛清されようがされまいが。
宇宙的な視点で見た時に、

「あーぁ、今回も地球ダメだったねー。次の地球行くか、次!」

という箱庭遊びの一環だからです。
言うても一人間側の視点だと、粛清がなくても死にますからね。
核で死ぬか、地震で死ぬか、添加物まみれの食品で病気になって死ぬか、隕石の衝突で死ぬか。

例えが悪かったので設定を加えますが、箱庭遊びは本気です。
地球の文明を一掃したことで可能性を残した一方、死にゆく人々の悲鳴は痛みとして残ります。
偉い人の心の痛みです。
もちろん消えません。
何億という人間を殺すわけですからね。
とても痛いでしょう。

それでも偉い人は地球という可能性を信じて、人間の可能性を信じて諦めずやってきたわけです。
人間様は何度も裏切りましたが、諦めずに見守ってくれていたわけです。
で、また諦めるかどうかの瀬戸際に来ているわけです。
環境汚染は止まらない。
核兵器も戦争もなくならない。
このまま行くとThe End。
でも、ま、しゃぁない。
偉い人の手に委ねるしかない。
核兵器をどうもできへんもん。

さて。
どうしようか。
とりあえず粛清があるとして備えよう。
地震かな?
もしかしたら生き残っても良いかもしんないから防災セットを買おうかな?
選別かな?
魂磨きに精を出すかな?
でも、蹴落とすのはちょっと違うな…。

さてさて。
例えば。
とても仲の良い親友がいたとします。
目の前に突如宇宙船が現れました。

「あんたら良い感じやから助けるけど残り一席やねん。どうする?」

どうする?
自然と魂に磨きをかけてきた2人。
もちろん選別されるために磨いたきたわけではありません。
でも、業の深い人間様ですからね。

「残り一席やねん。どうすr…(ボッコォー)

といった感じで同時に殴り合いを始めるかもしれない。

「罪な生き物だねぇ…人間様は…」

なんて言い残して宇宙船は消えてしまうかもしれない。
でも、もっと魂を磨けていればどうでしょう。

「どっちが次の世界に必要かな?」
「あの人が既にいるから、俺よりお前じゃない?」
「いや、あの人も乗ってるから、どっちが行っても良くない?」
「ってか、それなら2人で残った方が面白いんじゃない?」

ってならないかな?どうかな?
難しいかな?いけそうな気がするけど?
どうだろう?
少なくとも僕はそうなる予感がしているので、粛清とかどうでもいいです。
お好きにどうぞ、ってやつですよ。
それまでは自分なりのお好きにどうぞを楽しむだけです。

あと蛇足になるかもしれませんが、もう少し。
僕は美味しい食べ物が世界を救うと信じて疑っていません。
美味しいものを食べたら幸せになります。
美味しいものがご褒美で待ってると、人に優しくなれます。
美味しいものがあるだけで世界が華やぎます。
美味しいものを食べる場に良い音楽もあれば良いかもしれない。
綺麗な花もあると癒されるかもしれない。
でも、大切な人がいないと美味しい食べ物もいらないな…。

もし僕が粛清する側に回ったとして。
ボタン1つで天変地異が起こるとして。
ボタンを押さなければ核で全てが終わるとして。
その瞬間は仲間との時間が楽しくてボタンのことを忘れてるような気がします。
所詮、人間なんて目の前のことしか見えない生き物。
同時に、目の前のことを全力で大切にできる生き物。
僕は人間らしく自分が心を込めてつくった食べ物を美味しそうに食べてくれる目の前の人を大切に。
その目の前の人が大切に思うことも大切に。
1つ1つ丁寧に、大切に、慈しみ、愛する。
世界が終わるまでは。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

カテゴリー

ページ上部へ戻る