キャバ嬢と仲良くなるために心がけるべきこと

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

concept_titleimg

まぁ、僕は真面目一本鎗のクソ真面目な男なのでキャバクラは行ったことないんですけどね。
お友達から

「人との距離を縮める雑談論とテクニック教えてちょ♪」

ってお題が来たのでキャバクラに行った体で書いてみようと思います。
あくまで想像なので実際と違っていたらゴメンナサイ!

さて。
キャバクラと言えば可愛い女の子との会話を目当てに行く場所だと思ってませんか?
違います!
そんな場所ではありません。
すべからく男はキャバ嬢とのワンチャンを狙って行ってます。
男は女の子との話だけで満足するような動物とお思いか?
そんなわけあるかい!
仲良くなって同伴して、アフターに行って、酔った勢いでロマンチックなことをするのが目的なんじゃい!
なめたらあかんぜよ!

と言った感じで男は高いお金を出して夢のようなキャバ嬢とのロマンスを求めて足を運ぶのです。
男ってロマンチックなケダモノだね♪

さて。
ワンチャンを狙うにしてもキャバ嬢と仲良くならないことには始まりません。
千里の道も一歩から。
ロマンチックな夜の時間はワンセット6000円指名なしから始めなくてはいけません。

なんて仰々しく書き出していまいましたが、普通にしていれば仲良くなります。
コツがあるとすれば話をよく聞くことくらいでしょうか。

本当にそうなんですけど、身も蓋もなくなっちゃうので続けます。
ここからは僕が思う効率的なアプローチ。
でも、ちょっと難しいかもしれない。
とりあえず書いてみます。

先ずは所見でタイプを見極めます。
顔の作り、表情、声色、言葉遣い、ファッションetc.
それによって、こちらのSMをコントロール。
基本的に僕はドSなのでコミュニケーションは相手をイジる側に回ります。
が、僕は長年の営業で培った対応力でドМにもなれます。
ドSなキャバ嬢にも対応できる便利なカラダ。
会社には感謝してもしきれません。

ここで重要なのは中立ではよくないということです。
大事なのは攻めです。
質問したり会話を進める中でギリギリのラインがどこか見極めます。
相手の特徴を気分が悪くならない程度にイジったりして。

「ぽっこりお腹だけど何カ月?もう産まれそう?」

みたいな。
ちょっと失礼ラインを踏み越えてみるんですね。
それで、どんどんハードルを上げていきます。

「この人は何でも遠慮なしに言ってくるな!」

という印象を持たせたら、相手も何でも言ってくるようになります。
そこでSMの兼ね合いが出てくるのですが、説明するのが難しいので割愛します。
例えばドSのキャバ嬢にキツいイジりを入れると嫌われる、みたいな感じです。
SMはさて置き。
大切なことはキャバ嬢として礼儀の線引きを忘れさせること。
自分をお客さんじゃなくて友達と錯覚させること。
仕事を忘れると楽ですからね。
お客さんにイジられて、逆にイジり返すだけの時間。
超楽ちん。

あと相手の印象操作で大切なことが心を開いていることをアピールすることです。
包み隠さず、恥ずかしがることもなく、プライドもなく、あっけらかんと話します。
自慢することもなく、卑下することもなく、完全に裏返って腹を見せます。
そうすると自ずと相手も腹を見せるようになります。

こんな感じ。
話をまとめると、

・相手に近づくために一歩踏み込む
・心を開いてもらうために先ずは自分が心を開く

このポイントを押さえることでキャバ嬢とのロマンチックな夜が近づく、のではないでしょうか?

まぁね。
前提としてキャバクラに行ったことがないので机上の空論なんですけど。
さらに言うとお題に対してど真ん中な回答をしてないんですけど。
テクニックとしては使えるので外しちゃいないので良しとしましょう。
雑談に関しても書きたかったんですけど、気が向いたら書きます。
距離を縮めるテクニックについても、気が向いたら書きます。

Facebookから連絡頂ければ要望に応じて何でも書くので。
ブログのお題のリクエストお待ちしております。


少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る