若気の至りで開催を決めた至高の珈琲イベント

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

D279BE31-0E24-4923-B0C1-6C4DC1263D49

嘘です。
若気の至りで決めたわけではなく酒の勢いです。
若いというのは嘘ではありません。
気持ちは若いですからね。
ピチピチですわ(37歳と3か月)。

さて。
酒の勢いが手伝ったのはあるにせよ、何よりインスピレーションが湧いたんですよね。
ステキなコーヒー豆屋さんにインスパイアされて思いついたわけです。
善は急げ。
店内で撮影して速攻Facebookで告知しました。

333F9B22-0DA7-48D9-BA83-D5DE3402913A
とりあえずやるよ!って。
イベント自体が思いつきだったので、思いつきで飛びついてくれた人に日程を合わせることに。
すると豆屋さんで話をしている間に希望者が現れて即決。

2月5日(月)17:10~ 珈琲を味わう至高の珈琲イベント@博多

会ったことのないSNS繋がりの方からの要望でした。
素晴らしい思いつき魂です。
ちなみに、どっかから福岡に来るみたいですね。
おもてなしコーヒーでございます。

さて。
白状してしまいますが、僕はコーヒー豆に詳しくないんです。
世界一周中のブログに何度も同じこと書いているんですけど、未だに詳しくない。
何度豆の情報を目にしても、何度豆の話を聞いても頭に入りません。
なので諦めました。
僕にコーヒーは向いてない。

さらに。
豆の解説にある「ベリーっぽい」とか「チョコっぽい」といった表現がわかんない。
何度嗅いでも何度飲んでもわかんない。
なので諦めました。
僕にコーヒーは向いてない。

さて。
では、何でコーヒーに向いてないのに至高の珈琲イベントと謳ってしまったのか。
それは…

「美味しいコーヒー豆はわかるからじゃい!」

ということ。
それに加えて…

「コーヒーに合うお菓子はわかるからじゃい!」

ということ。
です。
ですです。

誤解を恐れずに言わせて頂くと、ベリーっぽいとかチョコっぽいとかどうでもいいんです。
これは理解できないからではなく、僕がコーヒーをチーズケーキと一緒に楽しむのが好きだからです。
チーズケーキの存在感の前にベリーやチョコのフレーバーは立ちすくむんです。

「か…格がちがう…(ジュン ジュワー)」

そう、存在感の格が違うんです。
ちなみにコーヒーのみで飲むことはありますが、ブラック単体で味わえる美味しさには限界があります。
もちろん「ブラックが至高!」という人はお好きにどうぞ、ってやつです。
嗜好品にルールなんてありません。
自分の嗜み方がすべてです。

こんな感じなのでイベントでは

「ロブスタ種が云々かんぬん~」
「スマトラの云々かんぬん農園が云々かんぬん~」

みたいな話はしません(※できません)。
その代わりに美味しいコーヒーと美味しいお菓子が食べられます。
そこらへんのカフェより美味しいのは間違いないクオリティ。
コーヒーの新たな楽しみ方の扉が開かれちゃいます。

こんな感じの至高の珈琲イベント。
少なくとも数を重ねてきたホームパーティーではゲストを唸らせているので自信はあります。
ただ、

「コーヒーとお菓子で3000円!」

と言ってしまった手前、その価値を上回るように気合は入れます。
2月5日(月)17時過ぎ。
お湯を沸かしてお待ちしてます。


少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る