ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

今年のテーマの一つはミエナイチカラの大切さを伝えること。

そんな僕はニブチンなのでミエナイものは見えません。
心霊写真の番組を見た後は見えないナニかに怯えていましたが、見えたことはありません。
パワースポット好きで世界で一番のスポットのシャスタ山に行きましたが、寒さしか感じませんでした。
それでも諦めず見えないナニかを求めて彷徨い歩いてますが、彷徨い続けている今日この頃です。

さて。
ミエナイチカラと言ってもフワっとしているのでテーマを絞ります。
スピリチュアル方面に興味があるのでコアな話をしたいところですが、
1/30も理解されずにブロックされるのがオチなのは間違いありません。
それはもう直感でわかります。そう直感で!

無理やり「直感」を使ったわけですが、テーマは「直感」です。

何かヤダ。
何か怖い。
何か変。
何か良い。
何か落ち着く。

言い表せないナニか。
これが直感のサインですね。
おわかりかと思いますが「何」という言葉が重要なんです。
何となく気付いてました?
たいていの人はスルーしてしまうのですが、この何かは自分にとって大切なものです。

ちなみに世界一周旅行中は、この感覚は磨かれていました。
全てが新しい経験で、いつも安全とは限らない環境。
攻守ともに直感を冴えわたらせないとステキなものを逃したり、身に危険が及んだりしますからね。
常にアンテナを張って生きるという経験は、旅行で得た貴重な経験の1つです。

ちなみに日本人は直感のアンテナを抑え込まれてます。
教育とメディアと社会構造によってガチガチに。
別に悪いとは思わないですけど、もったいないですよね。
誰かの利益になることにトキメキを覚えさせられているんですから。
そこに心はなく、本質から遠ざかっているようにしか見えません。

では、どうするか?
本質に立ち戻れば良いだけ。
簡単!

「本質ってなんだよ⁈偉そうにして!」

と言われそうな気がしたのでポイントを挙げます。

・上質なものに触れること
・新しいものに出会うこと
・思考停止していることに気付くこと

ここら辺がパっと思いつくところでしょうか。
人の選択を悪く言うつもりはありませんんが、

ファストファッションに身を包み
ファストフードを携帯片手に貪り
テレビで話題のスイーツに飛びつく

同じ道を歩き
創造性のない繰り返しの仕事をこなし
同じメンバーで酒を飲む

日本人としては普通の生活です。
非難するつもりは毛頭ありません。
ただ、テーマは直感です。
上述した日常に直感はまるで必要ありません。
何も感じることなく日が昇り、また沈むだけです。

本質についてのアンサーになっていないようですが、もちろん答えは潜んでいます。
それは実践しないと分からないことなので多くは語りません。
本質に拘りがある人ならピンときていることです。

表現が分かりにくかったかもしれませんね。
別に伝わっていなくても問題ない部分なので構いません。
これだけ書いておいて大切なことは一つだけです。

“当たり前”について気付いていくこと

また分かりにくい表現を使ってしまいました。
でも、この表現がシックリくるんですよね。
当たり前になることで生きやすくなるプラスの面。
当たり前になることで生きづらくなるマイナスの面。
“当たり前”の陰と陽。
全ての当たり前を取っ払うことで見えてくる大切なナニか。
それに気づくための感覚が「直感」である。
そう思います。

教育とメディアと社会の当たり前。
今まで生きてきた中で自分でつくってきた当たり前。
少し立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。
僕は上質を知る男になりたいので、しょっちゅう立ち止まっています。
もちろん、直感に従って。

最新情報をチェックしよう!