夢は見るもんじゃない!叶えるもんなんだ?~故郷の奈良に錦を飾りたい~

せやろか?
個人的な言葉遊びなんですが、僕は夢を寝ている間に見るものという意味でしか使いません。
もう一つの意味に関しては夢と言わずに計画とか確定した未来、という捉え方をしてます。

夢って言っちゃうと叶う、叶わないという要素が入る気がして何だかイヤなんです。
もちろん計画も上手くいくかどうか、って要素はあるんですけどね。
たまに、

「カフェをやるのが夢なんです!」

っていう人いますけど、10000%叶うやんけ!もう早くやってまえや!
って思うんですけど、どうなんでしょ?

「カフェやります!3年後に!」

にしてしまえば、もうちょっと叶うor叶わないの微妙なラインの夢が現れるんじゃね?
って思うんですけど、お節介も甚だしいですね。
とにかく夢は叶えて頂きたいとは思ってます。
頑張ってね。

ちなみに僕は5年後にメルボルンでカフェをオープンします。
なんてことを言うと、

「夢があっていいね!」

言われるんですけど、夢じゃなくて断固たる決意で成し遂げるプランです。
確定した未来。
日本の文化をドヤ顔でオージーに見せつけるんです。

「ジャップ まじパネェ!」

って言わせるんです。
色々語りたくなってきましたが、ここら辺の話は別の機会にします。

故郷に錦を飾る、という今日のお題。
これは10年後を目途にしたプランですが、奈良を盛り上げようかと思ってます。
手段は色々考えてますが、ヨーロッパから奈良の歴史と自然を目的に人が押し寄せるようにしたいんですね。
もちろん日本人にも来てもらうんですけど、おまけみたいなもんです。

僕は奈良に19年住んでたわけですが、まだまだ知らないことだらけ。
古事記、邪馬台国、大和から日本への移り変わり、遷都された理由などなど。
枚挙に暇がありません。

魅力的過ぎる奈良。
それなのに日本国民は一生に一度奈良を訪れるだけ。
平均すると1.2回くらいは来てるんでしょうかね?知らんけど。
奈良県民は温和なので声を荒らげたりませんが、

「京都には泊まるのに何で奈良には泊まらへんねん!」

って心で毒づいてます。
多分「あほちゃうか!」とか心で叫んでます。知らんけど。

奈良についてももっと語りたいところですが、目的だった錦を飾る宣言をしたので良しとします。
ちなみに10年の間に奈良の南部は盛り上がるのは確定しています。
行政も民間も動いていますしね。
若手もこれから活発に行動していく流れもありますし。
星野リゾートが来るのも大きい。

今すぐ奈良に戻りたい。
そう思わないではないですが、

「東京の居酒屋☞メルボルンのカフェ☞ホノルルの飲食店」

この流れの先に奈良が来るべきかな?と思うわけです。
何となく。
ガチガチに計画を決めているわけではないのですが、少なくともメルボルンで成功した後じゃないと故郷に錦を飾りに行けない気がします。
今だと影響力も強くないですし。
それはクラウドファンディングで痛感したてのホヤホヤ。

というわけで。
あえて言うなら夢は何?と聞かれたら、答えは一つだけ。

「ブロンドの美しいオーストラリア人と橿原神宮で結婚式を挙げること」

最新情報をチェックしよう!