パトロン予備軍パーティーレポート

  • 2017年10月19日
  • 2017年10月19日
  • コラム
  • 117View
  • 0件

クラウドファンディング(以下クラファン)に興味あるけど、企画者が謎過ぎてパトロンに踏み出せない!
※企画中のクラファン
【三角エコビレッジ SAIHATEにエスプレッソマシーンを贈りたい】

そんな人のために企画された今回のパトロン予備軍パーティー。
この企画は猛烈に僕のクラウドファンディングを応援してくれている生田氏の思い付き。
クラファンをテーマにしたFacebookライブ中、急に提案されて急遽開催することになった次第です。
やっぱり会って話した方が伝わるでしょ!ってことね。
確かに!
そして何だかんだで集まった12人。
告知から1週間もしてないのに上々の集客。
生田氏の部屋を借りての開催です。
僕はおもてなし担当。
ホスト役大好きっ子としては腕を振るわずにはおれません。
色々と工夫しながらちょこちょこオツマミを提供しているうちにクラファンの話をガッツリすることもなく気づいたら日付を跨いでまでました。

「Oh my God!」

気づいた時には参加者は4名。
単なるホームパーティーに終わってしまった…。
エプロンなんてして甲斐甲斐しく動いている場合じゃなかった…。
なんて感じで一瞬落ち込みましたが、せっかくなので参加者にコーチングのモニターになってもらいました。

767B93D7-94B4-4B4C-B830-AC2315CBDED8

家主のペットが片手に乗って動かない状態でコーチングをしたわけですが、文鳥に影響を受けることなく良い話ができましたね。
自画自賛!

といった感じで本気でクラファンの宣伝をすることなく、Facebookライブをするのも忘れるパトロン予備軍パーティー。
趣味のおもてなしに全力投球できた上に、お褒めの言葉も頂けたので100点満点かな、と。
クラファンに関しては苦戦中なわけですが、積極的に動いているうちに色々良い縁に巡り合えているのも良いですね。
もちろん今回の参加者も僕がクラファンをやっていなければ出会うことはなかったでしょう。
苦労や労力は予想以上でしたが、それ以上に得られるものが大きくなっていることに気づいている今日この頃。
「涙の数だけ強くなれるよ」って誰かに言われた記憶があるのですが、何となく理解できている気がします。

さて。
何かわからんけど良かったな、昨日は…。
なんて余韻に浸っていたら参加者の一人の柳生氏からLINEが来ました。

5E498625-9665-47F3-8B9E-656BCEABB759

「Oh my God!」

突然現れたパトロン様。
携帯の画面を頭上に掲げてひれ伏す昼下がり。
そして忍び寄る30日の締め切り日。
さらに徐々に大きくなる37歳の足音。
ついでに資金難の窮地。
子供の頃は想像だにしなかった36歳の日々はスリルで溢れています。

最新情報をチェックしよう!