みなさんハワイで会いましょう~本当に来るの?本当の本当?~

なんて言われるとどう思います?

「は?何言ってんの?」
「何でお前と行かなあかんねん?!」
「お金出してくれたら行くわぁ」

みたいな反応が多数でしょうか。
よくわかんないですけど。
昨日は熊本で飲んだ友人にその話をしたら、

「行こう!」

って即答してました。
彼はロードレースに出たいとのことなので一緒にホノルルセンチュリーライドに出ることになるでしょう。
数年後の9月に現地でチャリ集合です。
チャリ集合なんて、いつぶりでしょうか。
懐かしい響きです。

他の友人にもハワイに行こう!と声をかけた目を輝かせて乗り気になることも。
ただ、その表情を見ると違いがあります。
違いを生み出すのはリアリティ。
ただハワイの情景を思い浮かべてるなら誰でもできます。
実際にハワイに居る自分、友達とテーブルを囲む様子をどこまでリアルに描写できるかどうかが重要なんです。
そして、もっと大切なことがリアリティを維持することです。
多くの人のイメージはリアルさが失われ、いずれ日常の些事に埋もれていくことになります。
気付いたら忘れ去られるハワイの現地集合話。
なんてかわいそうななハワイちゃん。

一方でイメージのリアリティを高めていく人がいます。
Booking.comでホテルを探してみたり。
雑誌を買ってみたり。
ハワイで着るラフな服を買ってみたり。
想像した未来の自分に向けて現実が追い付いていってる感じでしょうか。
極めてリアルなイメージは現実と変わらないことは実証されている科学的な事実です。
極めてリアルなハワイのイメージは現実と変わりないというわけですね。
そして未だ来ぬ不確定な現実から今に向けて時間が流れる。
何だかよくわからねーなー。
という感じでしょうけど何となくわからなくもないと思ってもらえれば十分。

ふわふわした論調になってきたのでざっくりまとめます。
要は未来を決めてしまえばえぇやん!ってことです。
夢は見てる場合じゃなくって現実に置き換えちゃう。
それも情熱が湧いた瞬間に置き換えちゃう。
情熱は火が点いた瞬間が一番ホットですからね。
熱量がある時に決断しちゃって、行動に移す。
この繰り返しがハワイへの近道なんです。

もしハワイが好きだけど、

「いつか行けたらいいなぁ…」

くらいに思ってる人は思いついた時にホテルの予約だけでもしてみてはいかがでしょうか。
キャンセル無料なら何のリスクもありません。
そのワンクリックで何かかわるかもしれませんよ。

さて。
どんだけハワイ好きやねん、っていう話でした。
何か勘違いされそうな勢いなので書いておきますが、僕にはお金の余裕は全くありません。
ただ、ロードレースの参加を決めてしまったので何とかするんです。
何とかなるまで何とかする。
すると何とかなる。ハワイの飲み屋に現地集合くらいなら。
バイクを買うために何とかなるまで何とかする。
すると何とかなる。バイクを買ってハワイで乗るくらいなら。

というわけで。
みなさんともハワイでお会いできる日を楽しみにしています。
ほな、アー・フイ・ホウ!

4F7A4799

最新情報をチェックしよう!