人生はRPG~僕は断然ロマサガ派~

その中でもロマサガ3がお気に入り。
ハリード大好き!

170112_sagastage_53-251x300

でも残念ながら本記事で扱うゲームはドラクエなんです。

「人生はRPG」

よく言われることなので今さら感はありますが、とても大切な概念なのでおさらいしましょう。
ゲーミフィケーションとも言い換えられる視点ですね。
人生ドラクエ化マニュアル」を読んでない人はKindle Unlimitedで読めるのでぜひ。
書いてある内容を腹落ちさせれば人生で悩むことが少なくなりますよ。

さて。例えば26歳会社員の今岡氏くんが居たとします。
人生ドラクエ化マニュアルを読んだ直後の彼は、

「コントローラーを持つプレーヤー視点で捉えれば辛いことも乗り越えられる!」

なんて感じでハイテンション。
日曜の昼にスタバで読んで本の内容を理解した時点では完璧です。

「自分を深めるための読書習慣。休日も頭働かせてます」

なんて感じでスタバからFacebookにアップするんです。
その日の夜は翌日から世界が変わるビジョンに胸をときめかせています。
情熱大陸を見終わってテンションも最高潮。

「明日からやれる気しかしない。情熱大陸いつか出ちゃうね、マジで」

なんて勢い。鼻息超荒い。
ところが翌日の朝。
上司から怒られた瞬間にプレーヤー視点はどこへやら。
一瞬にして何時も通りのキャラ視点。
ボスはボスでも、RPGのボスではなく自分を頭ごなしに叱りつける厄介なボスとしか捉えられません。
もしスタバでFacebookの投稿ボタンを押した瞬間の彼が叱りつけられている様子を見たら、

・言い訳する
・謝罪する
・嘘をつく
・泣く

というコマンドから直ぐに「謝罪する」を選びます。
経験上そのボスには謝罪するという行動が効果的なのを知っていますからね。
でもキャラの今岡氏くんは言い訳してしまいます。
自分の非を認めて価値を下げたくないから何とか逃げ延びようとするわけです。
彼にとっての最善策は言い訳。
ところがどっこい上司の怒りのボルテージは上がるばかり。
上司が怒鳴る姿を前に、

「(あ~会社辞めたい…)」

キャラとしての自分が一人歩きをした結果は惨憺たるもの。
これではせっかくの読書も水の泡です。
意識高い系の今岡氏くんは未だ修行が足りませんね。

えぇ。そうなんです。
彼は修行が足りません。
でも本を10回読んでたらプレーヤー視点に立てたかもしれない。
本は繰り返し読んで、繰り返し思い出して、行動に移すことでインストールされますから。
部活では基礎の反復練習は当たり前なんですけどね。
何事も自然とできるようになるためには反復練習あるのみ!

さて。
全然本気出して書いてなんで記事が薄っぺらくなりました。
というのも。
今回の記事で何が言いたかったこというと、

「ゲーミフィケーション( ・`ω・´)」

これが言いたかったんです。
僕は泣く子も黙る意識高い系なのでスタバで落合陽一の本を読みながら、どや顔できそうな言葉を発見してウキウキしているわけです。
ただ、残念ながら”どや顔”でタイピングしているわりには、キャラ視点から抜け出せていないのが現状。
無職ながらも、たまにバイトはしているので頻繁に怒られているんですね。
叱られる度にプレーヤー視点はどこへやら。
怒る年下の社員を前に、

「(あ~バイト辞めたい…)」

という泣き言が頭の中を巡って苦悩する日々。
人生はドラクエかもしれないし、考えにゲーミフィケーションを取り入れると楽かもしれない。
そんなことは百も承知と思いながら意識高い系36歳のイマオカシは今日もシフトに入ります。

・ビールの泡はプレモルの文字の下に合わせる

これがけっこう難しい(๑´❛❥❛`๑)

最新情報をチェックしよう!