高い高い授業料〜ホーチミンより憤怒を込めて〜

「なんて日だ!」

腰を入れて叫んでしまうほどに、
カルチャーショックを受けております。
ほんと、もうね「なんて日だ…」

と力なく項垂れているわけですが、
当記事はベトナムはホーチミンからお送りしております。
Siaの動画をYouTubeで流しながら片手間で書いているわけですが、
ほんとね~、初めて行く国では一瞬たりとも油断してはいけない。
ただの一瞬たりとも、である。

さて。
真面目に書いていきましょう。
昨日までは良かった。
奈良の実家で心行くまで睡眠。
家事手伝いをしっかりこなしてから、
おニューの靴を履いて意気揚々と梅田へ。
靴を買った店に行って、
担当してくれた人と雑談しつつ、
何だ彼んだの靴べら購入からの、
その人の旦那さんの話をしていたら、
まさかの小5と小6の同級生であることが発覚し、
何ともサプライジングなイベントに腰を抜かしながらも、
年末の同窓会の案内だけして、
これまた更に意気揚々と伊丹空港に向かいました。

トランジットの羽田空港→早朝にホーチミン。
取りあえずホテルに荷物を置いて市場へ向かいます。
朝の7時なのに、やたら人も多くて、
何よりバイクが腐るほど走ってる。
1マスクなしでは窒息しちゃうくらいの空気の中を進み、
市場を散策します。
何とも異国情緒溢れる雰囲気を楽しんで、
ちょっと市場を出たら急に声をかけられました。

「チョットマッテー!チョットマッテー!お兄さん!」

怪しい。怪しくないわけがない。
ベトナム人が使うチョットマッテー!ですよ?
これは関わると何か良くない事が起きる。
そう直感したのですが、
話をするだけなら命はとられんだろうと立ち止まってみます。
話を聞いてみると日本のテレビにも出たことがある、
観光ガイドのバイクタクシー屋さんらしい。
今まで案内した人のメッセージを書いた手帳を見せ、
テレビのシーンの写真を見せ、
案内してくれるスポットの写真を見せ、
やたら安全安心であることをアピールしてきます。
メッセージを読むと、本当に安全安心そうだったので、
とりあえず話にノってみることに。
2先ずは屋台のコーヒー屋さんで一服、
そして戦争博物館、歴史博物館、郵便局、
チャタム教会、ティエンハウ寺etc.
345それはもう、目まぐるしいながらも充実したツアー。
そしてコーヒー大好きな僕としては、
コースの一つの豆屋さんで買わないわけにはいかない!
ということで一番高級な豆を選んだわけですが、
1kgからしか買えないとのこと。
まぁ、しゃぁないか、ということで、
250g×4袋を買う事にしたものの、
豆のままと告げたと思ったら、
思いっきり挽いてますやん!
と、突っ込むこともできずに下唇を噛みます。
ほんま、めっちゃ噛んでます。
そして値段の確認が朧げなまま、
いくらかな~?高いかな~?

チュンさん「100万ドン!」
今ちゃん「あいや~!」

5600円である。
もう冷や汗やら、脂汗やら、
怒りやら、絶望やら何やかやが噴出したわけですが、
ここはもうNo!と言えない日本人全開ですわ。

「カムオン!」(ありがとう!)

と笑顔で店を去ります。
そしてスイッチを入れます。
これは勉強代。次に何かあるまでは楽しもう。
という感じで切り替えたつもりだったんですが、
コーヒー豆が入っている袋を見る度に、
マグマが噴火するかの如く怒りの感情が出て来ようとします。
マジで怒りとマグマの比喩は言い得て妙やで!
とりあえず、されるがままに山羊焼肉屋に行きます。
ここらへんからアンテナ張りまくり。
ヤギ肉を焼いてくれる店員さんをガン見しながらも、
7チュンさんの一挙手一投足を分析&分析&分析。
ここらへんから風俗の話をエロい顔で推してきます。

「安いよ!安いよ!」

片言の日本語でアピールしてきますが、
そこはすかさずネットで検索します。

「くっっっっっそ高ぇ~~~!」(心の声)

案の定!
もう、この時点で早く別れるモードに切り替えます。
そして値段の交渉です。
バイクタクシーの相場は調べていなかったのですが、
何かコミコミで400万ドンらしい。
23000円!
これも絶対高いので、根切ります。
そしたら相場の一覧を見せてきます。
一応、それは信用することにしても、
ぼったくり価格なので値引き交渉。

「美術館もお好み焼きもいらないから、
今直ぐ帰って300万ドン」
だドン!

といった感じで押し問答しながら、
何とか330万ドンまで値下げして、
日本円で18000円を支払いました。
チュンさんは日本円のレートに慣れていないらしく、
この計算を疑ってきます。
どんだけ銭ゲバやねん!と心で突っ込むも、
もうこちらはドSモードに入っているので、
睨みをきかせて黙らせます。

といった感じで一件落着したんですが、
バイクに乗っている最中も、

「もう10万ドンくれ」

銭ゲバである。
そして別れ際。

「チップで10万ドンちょうだい」
8
「なんて日だ!」

【imaokashi home page】
http://imaokashi.strikingly.com/

最新情報をチェックしよう!