世界のグルメを(ドヤ顔で)語る

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

4F7A3890

電子書籍書かなきゃ!
8月中には書かなきゃ!

なんて思ってはいるんですけど遅々として進まないのでブログ書いてます。
ブログ書いてる暇があればバイトしなきゃいけない状況だったりもするんですけどブログ書きます。
バイトに関しては早急に取り組まないといけないんですけど、如何せん1年半働いてませんでしたからね。
ちょっとやそっとじゃ上がらない重い腰。
引きこもりニートの気持ちが痛いほどよくわかります。
それはさて置き。テーマはグルメ。
帰国してからは特段珍しい出来事もないので旅のネタです。
旅の目的の一つである世界のグルメに関して書いてみたいと思います。

世界で一番のグルメ国家は我がNipponなのは自明。
火を見るよりも明らかですね。
物心ついた時から知ってました。
日本以外となるとスペインとかイタリアになるんですけど実際に感じたのは素材のアドバンテージが大きいということ。
乳製品とハムのクオリティが高いので、何の工夫をしなくても美味い。
ピザなんてチーズとサラミ要素が殆どなので外れなし。
サンドイッチも生ハム挟むだけで文句なしのクオリティ。
そりゃ美味くもなるわい、って感じ。
おまけに地中海の海産物が新鮮でトマトも沢山とれる。
オリーブオイルも質が高いから下手こかなけりゃ大体美味い。
といった感じで食のベースが非常に高いのが背景にあるのが大きいわけですね。

この要因に関しては日本も同様なんですけど、日本の場合は職人気質要素が入るので世界一に燦然と輝いているのでしょう。
目の前の料理・食材をどうやって昇華させていくかというテーマを先人が持ち続けてきた集大成が今の日本食ですからね。
そりゃ日本食を食べにわざわざ外国から訪れるのも頷けます。
だって美味いんだもん。
もちろん外れもありますが打率が非常に高い。
野球で例えるとペナントレースで4割打って、さらに本塁打も50本みたいな?
野球は全く興味無いんでファミスタの知識から捻り出した例えですが大きくは外していないでしょう。
これくらいの強打者が日本食なんです。

さて。
日本礼賛は程々にしましょう。
先ほどの話の続きになりますがスペイン、イタリアときてフランスをすっ飛ばしていました。
だって殆ど食べてないからね。
語ろうにも語れない。
どうしてもフランス料理になると、それなりのレストランに行かないと食べられないですから。
尻込みしてバーでエスカルゴ食べたくらいでした。
結局、実像を把握できないまま出国してしまいましたがクロワッサンの美味さだけはガチ。
これも美味しいバターが安価で手に入るという背景があるとは思いますが、どこで食べても美味い。
ただテキトウに意見を述べさせてもらうと、フランス料理の様式美は人を選んでいる感じは否めないでしょう。
フランス料理=コース料理で、しかも上質なワインを楽しむ、みたいな。
おめかしも必須、みたいな。
一方、家庭料理は家庭料理で存在するのですが認知度がイマイチ高くないと。
日本でも大衆レストランを意味するビストロという言葉は未だそこまで浸透しきってないのではないでしょうか。
だから何だよ?という話なんですけど、要は俺のフレンチ最強という話でしょうかね?
行ったことないんでテキトウですけど。

さてさて。
ヨーロッパの流れで来たので最後もヨーロッパで。
以外と料理に満足できたのがオランダでした。
紹介するのはオランダ料理って感じでもないんですが、気軽に美味しいものにアクセスできる点ではフランスより便利でした。
訪れる前は風車とチューリップと飾り窓しか知らなかったんですけど意外とグルメな国です。
先ず鶏のケバブサンド。

4F7A6604
トルコ料理やないか~い!
って突っ込みが聞こえてきますが、もうオランダ料理みたいなもんでしょ。
屋台で売ってたので匂いに釣られて買ってしまいましたが、めちゃ美味。
甘辛い味が売れるのは全世界共通なんだな、と改めて思う次第です。
そしてりんごパイ。

4F7A6727
どのカフェに行っても置いてある上にオリジナリティもあって、おまけに美味い。
日本のカフェなら「ゴロゴロりんごの」と商品名に付けそうなものなのに、オランダでは普通にゴロゴロりんご。
少し甘めの味はホイップクリームのトッピングで絶妙な味わいに。
何で日本で有名じゃないのか不思議なくらい。
これはオランダ観光では外せません。
そしてハーリング。

4F7A6757
これは有名ですね。ニシンの酢漬けです。
程よくきいた塩味も良い。
お酒が欲しくなる一品です。
これ以外にも調べると色々出てきますが、ヨーロッパでは隠れたグルメスポットだと思います。
食べ物以外の部分も含めてオランダはオススメの国ですね。

はい。
最初は文化を語りつつ、最後の方は美味いものレポートみたいになってしまいました。
その流れで次回は美味いものレポートをしたいと思います。
ほなほな、また!


少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る