ヴィパッサナー瞑想で山籠もり~はおり君との10日間~

絶対に悟りを開いてやる!

と、カフェそっちのけで世界のパワースポットを巡っていましたが、気付いたら悟ることもなく帰国していました。
悟りって難しいね。
悟るためには瞑想だぞ♪と仏陀さんは説いていらっしゃるので、旅行中もできる限り瞑想しようとはしていました。
が、しかし。
瞑想したからと言って何かご褒美が貰えるわけでもないので3日坊主の繰り返し。
瞑想し続けたら美女の裸が見られるなら毎日できたんですけどね。
間違いなく。絶対に。
でも残念ながら、そんな素敵なシステムは存在していないですし、存在していたとしても裸見るだけなら止めちゃうぞ♪とか言い出しかねません。
なので旅行中に聞きかじった瞑想合宿に申し込むことにしました。
瞑想のスタイルは仏陀が悟りを開いた瞑想の方法をありのままに実践するヴィパッサナー瞑想。
コースは10日間のガッツリスタイル。
瞑想しっ放しの10日間。
もう、悟るしかない。悟らないわけがないスケジュールです。

さて。
詳しいスケジュールとか瞑想の詳細についてはググッて下さい。
書くの面倒臭いんで。
まぁ、とにかく1に瞑想、2に瞑想、3も4も5も6も瞑想です。
あとは飯と睡眠。
これでもか!というぐらい瞑想。
財布も携帯もボッシュートされているので逃亡impossible。
10日間は会話もNGで目線を合わせることさえも許されません。
ほんと監獄のような生活です。
まじヤバい。

さてさて。
とにかく瞑想&瞑想なんですけど、瞑想する場所は基本的に大勢が集まるホールです。
静寂に包まれている空間ですが、どうしても音が聞こえてきます。
鼻をすする音。
くしゃみ&咳。
途中退出する際の足音。
細かいところでは鼻息とか唾を飲み込む音とか。
そんな音に集中力をかき乱されながら、ひたすら瞑想。
余談ですが僕の後ろからは大きな鼻息が聞こえてきて瞑想どころではありませんでした。
荒々しい鼻息になりがちな呼吸に集中する瞑想は2日半だけだったので救われましたが、そのまま続いていたら憤怒の感情に支配されていたことでしょう。
ちなみに鼻息の主は通称「はおり君」
普段着に何故かバスローブっぽい服を着ているので命名させて頂きました。
本来ならぶっ飛ばしたいところだったんですけど、悟りに影響するとダメかな?と思って我慢。
悟れなかったら、はおり君のせいだ!と本気でイライラしていました。
はおり君まじヤバい。

はおり君の話は続きます。
彼の行動はなかなか興味深かった。
敷地内の水路に石を投げ入れて満足げな表情を浮かべたり。
話の腰を折りますが、石を投げる人を見るとどうしてもボリビアのツアーで一緒だった中国人を思い出してしまいますね。
叫びながらフラミンゴに石つぶてを放り投げる中国人。
今も元気にしているでしょうか。
罰が当たって誰かに石を投げつけられてなきゃ良いんですけど。

さて。
はおり君の愉快な行動は他にいくつかあった気がするのですが、忘れてしまいました。
強烈な唾呑み込みの音がインパクトが強すぎて他は色褪せてしまったんですね。
瞑想中の唾音。
これがハンパなかった。
唾なんて誰でも飲むじゃないか!
と思われるかもしれないんですけど、唾呑み込みにも良し悪しがあるんですよ。
人生経験が乏しい方はご存知ないかな?
もっと経験積まないといけないですよ。
10日間瞑想しまくったりしてね。
そう、彼は唾を飲み込み方が下手なんです。

「ゴッキュッン!」

ってけたたましい音を立てて飲み込むんです。
恐らく飲み込む時に空気を一緒に飲み込んでいるのでしょう。
静かに唾を飲み込むためには空気を混ぜないように飲み込まなきゃダメなんですよ。
人生経験が乏しい方はご存知ないかな?
これ、瞑想よりも大切なコトね。
音だけならまだ良かったんですけど、はおり君の唾飲みは頻度がすごい。

「どんだけ喉乾いてんだよ?!」

と瞑想そっちのけで突っ込んでました。
ほんと悟れなかったら、はおり君のせい。
っていうか、結論を言うと悟れませんでした。
もちろん、はおり君のせいで。
心穏やかになるはずの瞑想ですが常に怒りに打ち震えてましたからね。
瞑想そっちのけで。
そりゃ悟れるわけないわ、って話ですよね。
ほんと10日間を無駄に過ごしてしまいました。
もちろん、はおり君のせいで。

はおり君のせいで悟れなかったのは残念でしょうがなかったんですけど、食生活のおかげで健康になることはできました。
朝と昼は玄米ご飯にゴマ味噌、加えて1~2品の菜食。夜は果物だけでしたからね。
そりゃ胃炎も治るわって話ですし、体調も絶好調になるわって話ですし。
そんなこんなで終わってみると、あっという間の10日間。
自然に囲まれて規則正しい生活を、はおり君とともに送って体だけは健康になったぞ、と。
という結論に持って行くと関係者の方々から悟りの鉄槌をかまされそうなので、いつか真面目に記事は書いてみたいと思います。
ほなほな、また!

最新情報をチェックしよう!