カフェを訪ねて三万里~塩とミルクと羊~

亀石…それは亀のような石…。
明日香村の亀石よりは亀っぽいな、
4F7A4148
なんて思いながら亀石を愛でていたら、
4F7A4150
ある瞬間から亀に見えなくなりました。
4F7A4153
ただの石を眺めていてもアレなんで、
早々に亀石を後にします。
次の目的地はカザフ族のお家です。
ゲルに泊まるとブログのネタになるよな~、
なんて思って軽い気持ちで申し込んではみたんですけど、
この時点でウランバートルが恋しくなってました。
多分、僕は旅人向きではないんですね。。
いや、絶対に旅人向きではない。
のに、世界一周をしてしまっている…。
ほんと、もう、しゅごくちゅらい…。
という泣き言は初日から散々言ってきたので、
そろそろ控えたいと思います。
男の子ですから!

ということで暫く車を走らせるとお家に着きました。
全景を撮ってない辺りに意識の低さが感じられるんですが、
例のしょっぱいミルクはしっかり撮影しました。
4F7A4164
お夕飯まで時間があったので近くの寺までトレッキング。
そう、携帯を無くしたトレッキングコースです。
4F7A4178
コースと言っておきながら道なき道を進んで寺に到着。
4F7A4194
この頃は未だ、

「車の中に携帯置き忘れちゃったかな?テヘッペロ♪」

なんて感じで軽く考えていたんですけどね。
自撮りでお釈迦さまとツーショットできないな~、とか。
4F7A4189
当然この時の僕は知る由もなく、
お寺の裏側の残雪を見つけては、
4F7A4200
雪だ!雪だ!とはしゃいで、なごり雪を呑気に口ずさんでました。
あと重ねて言いますが、めちゃんこ寒い。
歩いてると温かいんですけど、止まると寒い。
日が落ちた後は尚更。
帰り路に自然に囲まれながら黄昏てみたりしたんですけど、
早々に体の芯から冷えてきたので黄昏中止。
そして、お家に戻って携帯が置き忘れじゃないことを確認。
暖房の入っていないゲルで項垂れます。

「この世界なんて終わってしまえばいいのに…」

なんて気持ちになっていたんですけど、
暖房をつけて温かくなってきたら以外と簡単に復活しました。
4F7A4228
以外と早く終わったネガティブタイム。
暖房ってしゅごい!
そして晩ごはんは羊肉と野菜を炒めたやつ。
4F7A4215
味は悪くないんですけど、
この時点で胃袋はあんまり羊肉を歓迎していません。
豚肉食べた~い!なんて我が侭を言えるはずもなく、
ありがたく頂戴いたしました。
ありがたがってねぇだろ!
と思われるかもしれませんが、
別件でありがたがり切れていないのは事実…。
そう、

「もう一皿何か欲しいな…」

みたいには正直思ってしまいました。
修行が足りんですわ。

食後は全くすることがなかったので、
部屋に戻ってボ~としてました。
携帯でもあればKindleで暇つぶしできたんですけどね。
ないからね。
できないからね。
手元にあるのが手帳じゃぁ、ボ~とするしかない。
でも、このままでは終われない!
と、夜空の星を眺めるも未だ星が少ない。
22時なのに!
火を見ながらボ~として24時に差し掛かる頃、
4F7A4236
外に出て見上げた空は満点の星空。
携帯のことなんてどうでもよくなるかと思ったんですけど、
携帯さえ無くさなければ…という思いがジワっと沸いてきましたわ。
未練たらったら。
その姿に同情したのか、UFOっぽい何かが上空に。
異星のハイテクで探して欲しいとこなんですけどね。
異星人には異星人の仕事があるようで、
ピカッと光って消えてしまいました。
残念!

といった感じで盛りだくさんな一日。
最初のチンギス・ハーン像なんて霞んで思い出しもしない濃密な一日。
明日は平和でマイルドな一日になることを祈りながら、
夜空と羊肉の余韻を味わいつつ、眠りに就いたのでした。
本当に明日はマイルドな一日でありますよう!
では!バヤルタイ!

最新情報をチェックしよう!