ドライブ観光でピナクルズ砂漠へ~食べログへの不満を添えて~

パースのカフェ巡りは一休みして今日はドライブ旅。
とは言っても最近ニュージーランドでしこたまドライブしてきたところなので軽めの旅にしました。
目当ての観光地はピナクルズ砂漠。
そして近くの街で1泊して帰る行程です。
車のピックアップは朝10時。
砂漠に向かいドライブ開始です。
最初のうちはビクビクそわそわしながら運転。
途中、何てこたぁないカフェに寄ったりしながら北へ北へ向かいます。
昼ごはんは海沿いの街のカフェ。
名前はオシャレな雰囲気漂う「Seashore Cafe」
Googleマップの評価も高いので期待して行ってみましたが普通の大衆カフェでした。
お腹も減っていたのでフィッシュサンドを注文。

IMG_2246

味は普通。そしてちょっと店が臭い。
どっからか汚物チックな薫りが漂ってきます。
便所飯とまで言いませんが、ほぼ便所飯?
そんなカフェが5点満点中の4.9点。
全力でツッコミを入れたくなる数字です。
どうしても海外ではGoogleやTripAdvisorの評価に頼りがちですが、やはり信頼しきれないのが正直なところ。
日本でも食べログの点数に首を傾げることもしばしばあったので想定内と言えば想定内ですが何とも腑に落ちません。
余談ですが食べログでは一度京都で酷い目に遭った経験があります。
祇園で親子丼の評価が高い店を見つけたので行ってみると満員御礼。
これは期待できるやんけ…と思ったものの、その時の店員さんの対応がアレな感じ。
接客と味は別だろきっと、と思っていざ食べてみると味もアレな感じ。
一口食べた瞬間、絶対自分で作った方が美味いと感じるクオリティ。
拘りっぽい白味噌の味噌汁は親子丼とミスマッチ。
後乗せの黄身は見た目だけ。
崩して食べるとボヤけた味が更にボヤっと。
しかも、その後お腹の調子が悪くなるオマケ付き。
それなのに点数が3.58!
これまた全力でツッコミを入れたくなる数字です。
貴重な一食を外したくなくて食べログを信じたらコレですもの…。
今さっき改めて評価を見てみると「家で食べる親子丼と変わらない」という評価の人もいましたね。
これが標準的な評価だと思いますが実際ハイスコアを叩き出しちゃってますからね。
堀江貴文がグルメアプリのテリヤキを作った理由に頷くばかりです。

さて。
気を取り直して北上です。
1時間ほど走ったところで目的地のピナクルズ砂漠に到着。
これはなかなか。

4F7A6692

思った以上に。

4F7A6689

見応えのある。

4F7A6735

そして撮り応えのある。

4F7A6729

素敵なスポットじゃないですか。
あんまり期待していなかっただけにご機嫌でスポットを後にします。
そして、その日の宿へ。
近くの砂浜が夕日のスポットなので行ってみたものの、こちらは期待に沿わない空模様。
それでもやっぱり素敵な景色。

4F7A6773

砂浜を歩きながら黄昏モード。
何となく”夜空ノムコウ”を口ずさんでみたり。
貝殻を海に投げて水切りしてみたり。
ビーチサンダルを脱いでみたり。

4F7A6780

もうちょっと雰囲気に浸っていたかったのですが寒さに耐えきれず退散。
太陽が沈んだらすることがなくなったので就寝。

翌朝。
星が消えないうちから車を走らせます。
車を停めてウットリしながら朝焼けを眺めたりして、

4F7A6788

8時にはパース市内へ到着。
そこから再びフリマントル。
目的はウィークエンド・マーケット。
市場好きとしては外せないイベントです。
茶。
4F7A6793

コーヒー。
4F7A6794

ホットドッグ。
4F7A6812

満喫!
写真には撮ってませんが果物やら雑貨やら盛り沢山。
やっぱり楽しいウィークエンド・マーケット。
そして帰り際に気になっていたマレーシア料理の店へ。

IMG_2377

やっぱり美味しいカレーラクサ!
コタ・キナバルで食べた懐かしのラクサ。
マレーシアは3ヵ国目なので、だいぶ昔な感じがしますね。
度々感じる”思えば遠くに来たもんだ”感ですが、巡り巡ってマレーシアに近づいてきました。
懐かしの日本の地を踏む日まであと僅か。
一抹の寂しさを感じながらパースを離れます。
ほなほな、また!

最新情報をチェックしよう!