モアイ,モアイ&モアイ~からのモアイ&モアイ~

イースター島二日目から本格的にモアイを見て回ります。
一緒に車をレンタルする人も見つかったので昼からドライブ。
ただ、レンタカーはマニュアルしかありません。
困った…マニュアルは教習所以来完全にご無沙汰ですやん…。
でも、何とかなる!だって免許持ってんだもん!
運転席に座ったら昨日のことのように思い出すんだもん!
目が輝き出して体が勝手に動き出すんだもん!
と思ったんですけど、思い過ごしでした。
全然わかんなくなって動く気配がありません。
そうこうしているうちに見るに見かねたレンタカー屋のおばちゃんが出てきました。

「あんたにゃ運転は無理だよ坊や!」

スペイン語だったので全く理解できなかったんですけど、こんな雰囲気が漂ってました。
幸運にもおばちゃんが優しくて知り合いに連絡してオートマ車を手配してくれました。
(多分)坊や呼ばわりされたので最初はイラっときてたんですけど、一気に大好きになりました。
ムーチョ・グラシャス!おばちゃん!

一時はドライブ中止か?!という状況になったものの無事に出発。
先ず向かったのは泣く子も黙る「AHU TONGARIKI」

4F7A3695

モアイ15体!迫力!
周りの自然あふれる景色も相まって最高のモアイスポット。
せっかくなのでモアイを前に記念撮影。

4F7A3751

頭髪の禿げ上がり感が出てしまってイマイチ人前に出したくない仕上がりなのが残念な一枚。
せっかくなので定番のモアイなりきりVerも撮影。

4F7A3715

もちろんシャクレ感を醸し出すのはマストですね。
堂々とした佇まいに立派な顎。
完全にモアイになりきってます。
もう、この時点で大満足。
モアイも撮影できて、モアイにもなれたわけですからね。
思い残すことはありません。
が、せっかくなので島巡り続行。
岩。

4F7A3802

頭に鳥が乗っかってるモアイ。

4F7A3837

パンティラインが見えているモアイ。

4F7A3840

海を向いている唯一のモアイ。

4F7A3861

説明が雑だと思いました?
そう、その通り!
えぇ、完全に食傷ぎみです。
モアイスポットの名前は把握する気0。
食べ物もモアイも腹八分目が丁度良いですね。
正直、最初の15体で腹十分目に達してしまっていたので、それ以後はモアイを見ても何も感じませんでした。
ヨーロッパでは教会飽き飽きシンドロームでしたが、イースター島ではモアイ飽き飽きシンドローム。
最初にメインディッシュを味わっちゃったようなもんですからね。
その後に何を出されても感動が薄いのは否めません。
完全に戦略ミスにより後半ダレてしまったものの、ドライブ自体は大満足。
大満足からの、またまた夕日モアイ。

4F7A3927

もうモアイがゲシュタルト崩壊寸前。
モアイが頭から離れない!何なんだよモアイって?!
という苦悩を抱えながらイースターの二日目は終了。
もちろん明日もモアイを見に行きますよ。
モアイのゲシュタルト崩壊待ったなし!

最新情報をチェックしよう!