ブエノスアイレスで得られた旅の教訓~This is the Final Answer~

肉を食べ過ぎたことで、ついつい真面目な話をしてしまいました。
迂闊です。

さて。
2日連続のステーキに加えて脂こってりのエンパナーダも食べて胃袋はボロボロ。
日本にいたら太田胃散を飲んで優しいダシのうどんでも食べているところですが、それは夢のまた夢。
無い物ねだりをしていてもしょうがないので太田胃散は飲まずにジャンクフードを食べにいくことにしました。
ジャンクフードの王様!ハンバーガー!

IMG_1509

お店は「Bureger Joint」
ビール付きのセットがあったので頼んでしまいました。
胃袋へのダメージは免れないチョイスですけど、しょうがないですね。
だって食べたかったんだから。
それから腹ごなしのお散歩も兼ねてほろ酔いで日本庭園へ。

4F7A3391

庭園大好きっ子としては外せないスポットですからね。
なかなか良い感じの雰囲気。

4F7A3389

どら焼きも美味い。

4F7A3374

あぁ…これぞ日本の心…。
と、しみじみと日本を感じていたら怪しげな鳥居が現れました。

4F7A3416

どんなミスをすると、このデザインになるのでしょうか?
もしくは意図的な設計でしょうか。
100歩譲って土台のディテールは見過ごされるにしても、狛犬のポジションについては問題ですよ。
大問題。
狛”猫”ならば高い場所に登ってもおかしくないとは思いますが、犬ですからね。
やはり参道の両サイドに堂々とした佇まいで居て欲しいところ。
そして庭園とは直接関係ないものの、のぼりも怪しげなデザインです。
信頼!

4F7A3407

誠実!

4F7A3408

質素!

4F7A3409

どれも日本人が大切にしていることかと思いますが、イラストが何か邪魔して言葉がスッと頭に入ってきません。
質素に関しては特に。
外国人の偏見ん満ちた侍が質素な食事をしている様子とかならまだしも、このイラストからは質素感が全く伝わってきません。
靴下を履いてないのが質素なんですか?
それくらいしか質素情報が伝わってきません。
100歩譲って靴下を履いていないことが質素だとしても、花を持ってポージングしているのが全てを台無しにしています。
そして間違いなく質素な生活をしている顔じゃありません。
何ならおじいちゃんからお小遣いをもらって贅沢な生活を送っている顔です。
僕にはわかります。間違いない。
そんな少女に「質素!」

4F7A3409

とか言われても質素な生活を送ろうなんて思えませんよ。
何なら、

「お前が言うな!」

なんて怒鳴ってしまうかもしれない。
大人げないかと思う方もいるかもしれませんが、発言には責任が伴いますからね。
のぼりでも責任の大切さを訴えていますし。

4F7A3410

これまた責任の大切さが伝わてこない新たな問題が出てきてしまいますが、要は何の話なんでしょうね?
デザインって大切だよ、という話なんでしょうか。
知らんけど。

さて。
気を取り直していきましょう。
和の後は洋ですね。
カフェに行きます。

4F7A3352

はい、行きました。
そして再びファストフードに行きます。

IMG_1518

はい、行きました。
完全に胃腸のコンディション度外視の食生活です。
でも、しょうがないですよね。
だって食べたかったんだから。
本能には逆らえない、これ旅で学んだ教訓。
そして腹八分目、これは旅で学んだ実践できない教訓。
本能には抗うな。
これ、旅で得た知恵。
間違いない。
間違いない。

最新情報をチェックしよう!