恒例の飛行機ひじ掛け問題&ブエノスアイレス名物牛肉ステーキに舌鼓

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

IMG_1463

本日はサンティアゴからブエノスアイレスへの移動日。
飛行機なんで楽チン移動なわけですが、どうしても横の座席の人の当たり外れがあります。
「肘がぶつからない」のが理想なわけですが、そんなこと殆どありません。
ほんと稀有です、稀有。
さてさて、今回のお隣さんは?ということで席に着いたら、おじいちゃんが僕の席に座っていました。
中一つ空けて悠々自適の席確保といった塩梅なんですけど、時期尚早も甚だしいですね。
ほぼ全員登場し終わって誰も来ないから中一つ空けたろか、なら理解できるんですけど。
かなり早いタイミングで自由にしています。
この感覚は理解に苦しむというか、何か嫌な予感がしますね。
と思ったら案の定。
ひじ掛けから肘を大きくはみ出してきました。
やっぱり!
たまに肘を押しやるようにして自分のスペースを確保しようと試みますが、抵抗空しく成果は上がりません。
そんな無駄な努力を重ねているうちに食事タイム。
とりあえず、ゆっくり食事でも楽しもかいな♪なんて思っていたら、

『ガンッ! ガンッ! ガンッ! ガンッ! ガンッ! ガンッ! 』

何ともリズミカルなエルボーアタックが始まりました。
思わず眉間に皺を寄せて睨んでしまうほどのアタック。
まるでナイフで肉を切る時のようなリズム。
そう。
ナイフで肉を切る時のエルボーアタックでした。
これまた肘を押しやるように応戦しますがなしのつぶて。
肉を切る時以外はお休みしてくれますが、肉を切っている間はガツガツ攻撃が続きます。
つらい。
自分も同じように肉切りエルボーで応戦したいところですが、残念ながら爺さんは特別食。
僕に届けられたのはバゲットのサンドイッチでした。
さすがにイライラしていたので、バゲットを食いちぎった勢いを乗せたエルボーで対抗したい欲望にかられます。
そんな欲望を敬老の精神で抑え、何とかやりすごました。

さてさて。
毎度のことながらストレスフルなフライトを終えて無事にブエノスアイレスへ。
空港からはバスに乗って市街へ向かいます。
先ずはホテルに行って少し休憩。
そして早速ブエノスアイレスに来た最大の目的を果たしに行きます。
そう、アルゼンチンと言えば牛肉のステーキ。
ステーキは日常的な食事らしく、街のあちらこちらでステーキ屋さんをみかけます。
かと言って安いわけでもなく、お値段は2000円くらいから。
それでも肉の質を考えると安いみたいで日本人にも人気のローカルグルメ。
と、いうわけで。
とりあえず有名店「EL Mirasol」に行くことに。
頼んだのはロース300g!

IMG_1463
スペシャルという700gの肉もありましたが、僕は小食なんでこれで十分。
肝心の味はというと…普通!
脂の乗ったジューシーなステーキを期待していたのですが、実際は脂控えめでした。
そして飽きる!
個人的には半分で丁度良いくらいの量ですからね。
後半戦は殆ど作業。
切って・塩かけて・食べる。
切って・塩かけて・食べる。
ひたすら繰り返して何とか完食。
そして店員さんに勧められるままに食後のコーヒー。

IMG_1464
美味い…口がさっぱりしていく…。
優雅でリッチ…満たされていく…。
ステーキももちろん悪くなかったんですけど、ステーキを踏み台にしたエスプレッソが良い仕事していました。
食後の一杯で満足度がピークになったところでお会計。
ですが、ここで予期していなかった一言。

「チップは現金でのみとなっております…」

久しぶりのチップ!
南米に来てからチップ文化から離れていたので油断していました。
チップ払うほど美味かったか…?
なんてことを考えてしまうわけですが、ここは素直に払うことに。
肉のコスパは置いといて、サービスは良かったので抵抗はあまりありません。
普通なら食事代とともにカードで払うわけですが、チップは現金のみです。

「しょうがないなぁ…10~15%くらいでテキトウに…」

と財布を探しても細かい札がありません。
でも、もう自分の中ではチップを払う流れ。
やっぱナシ、というわけにはいきません。
これはもうプライドの問題。
ここでプライドを捨てるわけにはいかない!と、意を決して100ペソ札(約716円)を置いて席を立ちました。
去り際に、

「どや!日本人も気前良くチップ払えんねんど…」

みたいなことを考えているところに器の小ささを感じるわけですが、器に関してはこれからの課題ということにしておきましょう。
と言うか、実際は気前良く払ってないですからね。
半分、いや8割方は渋々でした。
器、まじ小さい。

さて。
余談ですが、帰り際に肉以外の味が欲しくなってコンビニに寄りました。
目に入ったのは大好きなポテチ。
味はハモン・セラーノ味。
迷わず購入。
そして店を出るなり開封。
一緒に買ったジュースと味わうハム味のポテチ。
さっき払ったチップだけで5袋くらい買えるポテチですが、満足度は肉より上でした。
やっぱポテチがナンバーワン!

51ZI+ZJD15L

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る