チリのローカル飯とカフェ巡り~サンティアゴでほっと一息~

カラマの朝。
今日はチリの首都サンティアゴへ向かいます。
前日に女将と送迎の時間の件で揉めていたので少し配していましたが、時間通りに出発することができました。
女将さんとは違って車を出してくれた爺さんの人柄は良い感じ。
恐らく夫婦かと思いますが、多分尻に敷かれていますね。
いや、絶対尻に敷かれている。
そんな尻に敷かれている可哀そうな爺さんと握手をして空港でお別れ。
カラマの空港からサンティアゴまで2時間。
あっという間の空の旅を終えて空港に到着。
空港からはバス移動なのでタクシーの料金に頭を悩ませる必要もありません。
楽ちん!

宿へも無事に着いて一安心。
そして待ちに待った日本からの荷物の回収です。
母に送ってもらったパソコンの充電器をようやく受け取ることができます。
パソコンの充電器が故障して以来、ブログの記事はポチポチとスマホで書いていたわけですが、何とかなるもんですね。
っていうか、むしろ隙間時間に書く癖ができて更新が捗っていたくらい。
とにかく。
ようやくパソコンが復活するは嬉しい限り。
というわけで早速荷物を開封。
やけに大きいと思ったら充電器と日本茶と羊羹が入っていました。

IMG_1558

島根名物の清水羊羹ですね。
恐らく鳥取に法事で帰省した時に仕入れてきたのでしょう。
これがいわゆる母の愛というやつなんでしょうが、日本茶と羊羹の分で高くなった送料を考えると素直に喜べないのも複雑なところ。
ですが、羊羹は美味しいので何も考えずに喜んでおくことにします。
おおきに!母ちゃん!
羊羹うめぇ!

パソコンを充電して羊羹も食べて一段落したところで散歩タイム。
おすすめされたローカルグルメを求めて市場へ向かいます。
もちろんローカルグルメのリスクは承知しています。
今まで6回食あたりになっていますし、サンペド・デ・アタカマの軽い食あたりも未だ尾を引いています。
それでも抑えられない食欲と好奇心。
というより足りていない自制心?
ただ懲りてないだけとか?
喉元過ぎれば何とやら?
まぁ、細かいことは気にしないで今はローカルグルメを楽しむことにします。

というわけで。
やってきましたローカルピーポーで賑わう市場です。
食当たり待った無し!という雰囲気は否めないわけですが、そこはチリ人を信じるしかありません。
とは言え。
まだ完全な体調ではないので大事を取って生魚は避けることに。
そして注文は指差しで。
他のお客さんが頼んでいた肉のシチューっぽいのが安全そうだったので注文することに。
お皿を指差すだけで通じるかと思ったら想定外に色々されて女将に、

「ダメだわ、こいつ言葉通じね〜わ…」

みたいな態度をあからさまにされたりしましたが、何とかオーダーを通せました。

IMG_1430

豚肉煮込み定食です。
味は良い感じ。美味い。
程よい脂身があって肉も柔らかい。
南米独特の甘い味付けの豆にイマイチ慣れませんが許容範囲。
これでお腹を壊さなければ完璧!
お願い!ちゃんと食器洗ってて!
という祈りを捧げつつ、平らげて定食屋を後に。
街並みを眺めながら帰る道すがら目に入ったカフェ「Cafe del 10」で小休止。

4F7A3242

さすが都会だけあってお洒落なカフェです。
ボリビアに比べても高い物価には眉をしかめてしまいますが、ちょっとしたヨーロッパの国と思って納得させます。
物価の高騰とともに南米ならでは感は薄まってしまいましたが、個人的には願ったり叶ったり。
南米疲れもピークを迎えてますからね。
早く脱したいスペイン語環境。
早く脱したい食器をキチンと洗わない文化。

といった感じで何だかんだ満足度の高かったサンティアゴ。
食当たりも回避できたみたいで言うことなし!
また帰ってくるのですが翌日は移動日です。
ほなほな、また!

最新情報をチェックしよう!