旅の醍醐味は出会いなの?〜ガラパゴスでの出会いを通じて思うこと〜

「旅の醍醐味は人との出会いだよ!」

なんてことはよく聞く話ですが個人的には同意しかねます。
なぜなら基本的に人と関わらない旅をしているから。
単純明快だね!
英語は留学したわりに、からっきしなので外国人に話しかけることもありません。
初めて日本人宿を利用したカンクンに来るまでの8ヶ月で日本人の旅人と話をしたのは2カ国目のモンゴルの一回のみ。
全然人と関わってない!
醍醐味が足りない!

こんな感じで人と関わらない日々を続けている間に旅人の方々は出会いを重ねていたと思うと色々と考えるところがあります。
とは言え、そんなに出会いを求めていないので悩むほどではないのですが。

そんな折にガラパゴス諸島で出会い案件発生。
まぁ、ツアーで一緒だったアメリカ人夫婦と街中で普通に再会してディナーに一緒に行くことになっただけなんですけど。
そんな普通の出会いでも何だか出会うべくして出会った気がするわけですね。
一緒に居て心地が良いので、これは運命なの?みたいに考えちゃったりして。
個人的には「出会うべき人に然るべきタイミングで出会う」という表現が好きなわけですが、人と人との縁にはナニかあるな、と思う次第です。
ちなみに、たまたまサンフランシスコで買った英語版るるぶ。

IMG_0714

フィリピンの語学学校の先生が来日したら案内しようと思っての買い物ですが、仲良くなった夫婦はサンフランシスコ在住。
別に場所がどうの、という話でもないんですが、せっかくの偶然なので京都旅行を猛烈にオススメしておきました。

さて。
それでも個人的に長旅の醍醐味は「1人で居ること」にあると思っています。
日本に居ると否応無しに人と関わるので、人と関わらないという状況は特殊で貴重です。
何をするにも自分の判断で、自己責任。
1人で考える時間もたっぷり。
昔のことを思い出せば、将来のことも不安に思う。
日本で会社員をしていると、こんな時間は先ず持てません。
1年間海外を旅をすることを決意して改めて良かったと思う次第です。
あとは日々、自己信頼感も高まっていきます。
日本での慣れた日常とは違う非日常を毎日乗り切っていくわけですからね。
日々困難があるわけではないですが、ほんの小さい事にでも少しずつ対応できるようになると自信に繋がります。
ただ、たまには良い出会いもあれば良いな、とは思ってはいます。
今回の件にしても然り。
運命の女性との出会いなんて大歓迎ですし?

さて。
つらつらと思うことを書いたわけですが、テーマは「旅の醍醐味は人との出会い」でした。
今のところアグリーする予定はないわけですが、旅中に運命の女性と出会えたら電光石火で掌を返す予定でおります。
きっと披露宴でも来賓席に向かって言い放つでしょう。

「皆さん、旅の醍醐味は人との出会いです!」

もちろん人生一番のドヤ顔で。

最新情報をチェックしよう!